マクファーレントイズ JAWS でアプリのテスト



合成用アプリのテストということで、マクファーレントイズ製「JAWS ジョーズ」のジオラマを引っ張り出してきました。もうところどころパーツが無くなってしまっていて、オルカ号の舳先もいつの間にか折れてしまっています。これを白バックのまま、スマホの内蔵カメラで撮影。アプリでマスクを作成します。



形状が複雑だったり、パーツが細かい造形物でもキレイにマスクを作ることが出来ます。優秀です。



試しに、別のアプリを使って手前の海にエフェクトをかけてみたバージョン。鮫の襲撃を受けて浸水、沈みつつある感じはコッチの方が雰囲気は出ているかも。『スター・ウォーズ』ではあまり登場しないシチュエーションですが、いざとなったらイケそうです。

管球再生式映画館マクファーレントイズ
ムービーマニアックス
JAWS ジョーズ

このジオラマの詳細を見る

極上爆音上映版『シン・ゴジラ』



2度目の『シン・ゴジラ』は東京・立川のシネマシティaスタジオでの極上爆音上映版。



極上爆音上映の名物でもあるサブウーファーの“咆哮”は言わずもがな。ゴジラの存在感、恐怖感はさすがに通常のシネコンとは桁違い。自衛隊による攻撃シーンやクライマックスなどは、もう爆音!にもほどがあります。また、この作品は畳み掛けるようなセリフの応酬が見どころ・聴きどころのひとつになっていて、編集のテンポも早く、しかも各人ともかなり早口で喋ります。そのための対応か、センタースピーカーはいつもよりも中高域に軸足を置いて、硬めにチューニングをしているような印象でした。俳優の声のエッジが立って滑舌が良い印象になるし、同録時のコンディションの違いもよくわかる。



なんと言っても立川広域防災基地、陸上自衛隊立川駐屯地のお膝元。それだけでも足を運ぶ価値があります。この『シン・ゴジラ』の“聖地”巡りがてら、極上爆音上映を体験しておくのも一興かと思います。

管球再生式映画館シン・ゴジラ音楽集 Soundtrack

このアルバムの詳細を見る

日本映画史に残る傑作!『シン・ゴジラ』



総監督・監督・准監督。3人のオタクに東宝がどーんとお金を出して、好き勝手にやらせてみたらどえらい作品に仕上がっちゃった、というのがこの『シン・ゴジラ』。おそらく日本映画史にその名を残すことになると思います。でも、怪獣映画じゃないんですよ。いちいち笑っちゃうほどオタクすぎるんですが、徹底したこだわりと半端ではない熱量がこの傑作を生んだのでしょう。これほど邦画で興奮したのは『日本沈没』以来ではないか。もう涙、涙で映画館をあとにしました。



IMAXでも上映されていますが、オリジナルのアスペクト比は往年の東宝スコープよろしく、シネマスコープ。サラウンドについては本来、庵野監督はモノラルで仕上げたかったという話を小耳に挟みましたが、その意思が反映されてか、本作はフロントL/C/Rの3ch+サブウーファーから構成される3.1ch仕様です。つまり、リアはありません。1度目は公開初日、いわゆる“フツーのTOHOシネマズ”での鑑賞(シネスコ上映)でしたので、2度目は週明け、東京・立川シネマシティのシネマ・ツー/aスタジオ での“極上爆音上映”のチケットをキープしました。“極爆”もさることながらこの作品、立川で観ることに意義があるのです。というハナシはまた別の機会に。

管球再生式映画館シン・ゴジラ音楽集 Soundtrack

このアルバムの詳細を見る

『キングコング対ゴジラ』<完全版>4K vs. 2K



TOHOシネマズ新宿での『キングコング対ゴジラ』<完全版>4Kデジタルリマスターイベント上映会。上映前のトークショーの模様です。司会は俳優の佐野史郎氏、ゲストはこの作品の監督助手だった中野昭慶特技監督と、新作『シン・ゴジラ』の監督・特技監督の樋口真嗣氏、でした。



からの、同時刻に日本映画専門チャンネルでエアチェックしていた2K版をウチのシステムですぐさま4Kにアップコンバートしてチェック。おおまかな印象で言うと、上映会と同じ絵、同じ音が出ている。これはエアチェック版のクオリティが高いというよりも、シネコンでの上映が家庭用のシステムに近い、高い密度で行われていた、というニュアンスの方が近いと思います。今回の4Kデジタルリマスター版。絵はおおよそ予想していたような仕上がりでしたが、特筆すべきは音のお色直し。これは素晴らしい。マスターを変えたかのような劇伴の鮮度感、重厚感に驚きました。あえて控え目なサラウンド化も好印象。作品としてはオトナ目線で見るとさすがにイマイチな感じは否めませんが、これは一見の価値あり、です。

『キングコング対ゴジラ』<完全版>4Kデジタルリマスター



7月14日(木)に日本映画専門チャンネルでオンエアされる『キングコング対ゴジラ』<完全版>4Kデジタルリマスター版。さすがに記憶が定かではありませんが、この作品は“東宝チャンピオンまつり”でのリバイバル上映時(※1970年の短縮版)に映画館では見ているはずです。



新作『シン・ゴジラ』の公開を記念して、これまで2Kサイズだったマスターを、新たに4Kクオリティでデジタルリマスター化。オンエアと同時刻に東京・新宿のシネコン(TOHOシネマズ新宿)ではイベント上映会が開催されます。放送は2Kのダウンコンバート版で、上映会では4KのDCP版。



この上映会、ダメ元で応募しておいたら当選しました。シネコンのスクリーンサイズで観るリアル4K映像と、ウチで観る4Kアップコンバート映像。どれほど違いが出るのか否か。映像だけでなく、音も相当力を入れてレストアされているようです。これは比較してみるのがちょっと楽しみですね。
シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

マグニフィセント・セブン(初回生産限定)
マグニフィセント・セブン(初回生産限定)

【劇場公開最新作がブルーレイで続々登場!】

    マグニフィセント・セブン(初回生産限定)
    マグニフィセント・セブン(初回生産限定)

    シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組
    シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組

    ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX(初回限定版)
    MovieNEX(初回限定)
    ※初回限定版はブラック・ケース仕様
    ※K-2SOのアウターケース付き

    ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEXプラス3D(初回限定版)
    MovieNEX プラス3D(初回限定)
    ※初回限定版はK-2SOのアウターケース付き

    【あの人気作がブルーレイでまだまだ登場!】

      タワーリング・インフェルノ 日本語吹替音声追加収録版
      タワーリング・インフェルノ 吹替追加収録版

      恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ
      恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ

      さらば愛しき女よ
      さらば愛しき女よ

      ディーバ
      ディーバ

      男と女 製作50周年記念 デジタル・リマスター版
      男と女 製作50周年記念 デジタル・リマスター版

      フラッシュ・ゴードン
      フラッシュ・ゴードン

      ズベズダ製プラモデル スター・デストロイヤー
      ズベズダ製プラモデル スター・デストロイヤー

      バンダイ製 タイ・アドバンストx1 & ファイター セット

      バンダイ製 Xウイング・スターファイター

      バンダイ製 AT-ST & スノースピーダー

      バンダイ製 AT-AT スノーウォーカー

      BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

      【『ローグ・ワン』SWシリーズ屈指の傑作!】

        メタコレ スター・ウォーズ ロゴコレクション シルバー
        メタコレ スター・ウォーズ ロゴコレクション シルバー

        【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

          ブルーレイ 50枚パック
          三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル





          【お問い合わせ】


            03 2017
            SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            - - - 1 2 3 4
            5 6 7 8 9 10 11
            12 13 14 15 16 17 18
            19 20 21 22 23 24 25
            26 27 28 29 30 31 -

            Archive RSS Login