プロジェクターのパラメーターを…。



プロジェクターのパラメーター、今の画調にちょっと飽きたので弄ってみる。色温度を従来よりも高めに設定(6500K→9500K)するだけでも随分と見違える。TVモニターで見る最新のハリウッド映画風。あまりフイルムらしさを感じさせないメリハリのある鮮明な絵だ。悪くはない。しばらくこれでいってみよ。

アナモフィックレンズ用 新レンズホルダー計画 “完成”



ANAMORPHOTと同じ口径の新たな三脚座が到着しました。完璧です。さすがにピッタリとハマりました。合金(?)製でずしっと重い。メーカーは不明ですが、口径(77mm)と形状からすると、おそらくNikonの望遠レンズ(ニコン Ai AF-S Nikkor ED 300mm F4 D)用の純正品のようです。オークションで2,000円程度でした。



プロジェクター台をがっしりとホールドするクリップ。“自由雲台”は使わなくてもOKでしたので外してあります。



ANAMORPHOT側では高さの調整が出来ませんので、レンズの光軸にあわせてプロジェクターの高さを変えています。



このレンズホルダーは、同じ口径の三脚座を使ってANAMORPHOTを固定するのがキモ。プロジェクターに対してどういう方法で設置するのかはシアターの状況次第、アイデア次第、でしょう。これまでは、万が一大きな地震が起こった際にレンズホルダーからレンズだけが抜け落ちてしまうのではないか、という心配もあったのですが、これでその不安も解消されることになりました。



ANAMORPHOTはプロジェクターのレンズにぴったりくっつけなくてもフォーカスが合います。これは“瓢箪から駒”で、再設置&再調整の過程(これが面倒で手間がかかる)で判明しました。結果オーライ。なにかにつけ、試してみないとわからないものです。


アナモフィックレンズ用 新レンズホルダー計画 “再挑戦”

凡ミスで口径の違う三脚座を選んでしまい、いきなり“失敗”した新レンズホルダー計画。



捨てる神あれば拾う神あり。オークションでANAMORPHOTと同じ口径の三脚座をGET。



メーカーは不明。口径は77mm。余裕が無くて大丈夫か?という不安はありますが…到着次第、再挑戦。

アナモフィックレンズ用 新レンズホルダー計画 “失敗”

アナモフィックレンズ SLR MAGICのANAMORPHOT用のレンズホルダーが完成しました。



リング式の三脚座+クリップ式のカメラスタンド+自由雲台を組み合わせればあっという間。



アナモフィックレンズの左右の振り、前後の角度も調整が可能です。プロジェクター台にはクリップを使って固定。



レンズの位置に合せてプロジェクターを前に移動させればOK。黒で統一感もあって、見た目の印象もクール。



3,000円ほどの投資でここまで出来る。これはイケる!とご報告したかったのですが…。実は失敗しました。



レンズホルダーの一番肝心な部分、レンズを挟んで固定するリング式の三脚座の選定を誤りました。どういうわけかANAMORPHOTの口径を計った時に、1cmほど勘違いしていました。これはもう単純な凡ミス。実際はレンズの口径の方が大きく、リングがきっちりと閉められないのです。もちろんこのままでは不安定なので、もう少々口径の大きな三脚座を手に入れる必要があります。ところが、あらためてよく調べてみると、ANAMORPHOTの口径(77mm)にぴったりの三脚座が無いのです。



イメージを掴むために、とりあえず“なんちゃって”で設置しています。アナモフィックレンズの位置がやや高くなりそうです。プロジェクター本体の高さを上げて対応しなければなりませんが、クオリティを犠牲にするというほどではないはずの再調整で済みますので、おそらく実用上は問題ないと思います。写真で見ればいかにもソレっぽい雰囲気ですが、そもそもアナモフィックレンズを固定して締め付ける位置はレンズの先端部分でなければ、プロジェクターのレンズにぴったりとくっつけることが出来ません。



なんとなく上手くいきそうな手応えはある。さて、どう対応するか。ちょっと考えます。

アナモフィックレンズ用 新レンズホルダー計画 “始動”



早いもので今月の末、2週間後には米国で『007 スペクター』のデジタル配信がスタートします。追って2月9日にはブルーレイが登場。お膝元の英国でも同月内でのリリースとなります。英国盤はスチールブックがラインナップされていますが、米国盤はいまのところ通常盤のみ、のようです。基本的には日本では海外のデジタル配信版は見ることが出来ませんので、スピード優先でまずは米国盤がベストチョイスでしょうか。新年最初の最新シネスコ作品です。



シネスコと言えば、ちょうど一年前にアナモフィックレンズとして新調したSLR MAGICのANAMORPHOT。



とりあえず、レンズホルダーはそれまでのPANASONIC AG-LA7200用に自作したものを一部改良して流用していたのですが、これはあくまでも急場しのぎ。やや安定性に欠けるので、もっとしっかりと固定する方法を考えねば、と思いながらそのままになっていました。



いかんせん、レンズフードが付いてスクウェアな形状のAG-LA7200とは違い、ANAMORPHOTは円筒形でなおかつ重さもある。これといって簡単に出来る設置方法が思いつかないまま、気が付けば一年が経っていたわけですが・・・。なにげなくAmazonのカメラ用アクセサリーコーナーを見ていた時に、面白そうなものを見つけました。



リング式の三脚座です。このリングを使ってANAMORPHOTのボディを挟み…。



クリップ式のカメラスタンドに繋げてプロジェクター台にパチンと固定すれば…もしかしてOK?工作も不要?



あとはなんとなく“勘”で、三脚座とカメラスタンドの間にはアナモフィックレンズの角度や高さが変えられるアタッチメントが必要になるかも…というわけで、併せて見つけたのが自由雲台なるグッズ。この思いつきが上手くいけば、ANAMORPHOT用の新レンズホルダーが簡単に出来る!(かも)。Amazonから“三種の神器”(かも)が到着次第、さっそく設置にトライしてみるつもりです。さて、そんなにうまくいくのか!?

「カーブドスクリーン+アナモフィック上映システム」についてのお問合せ

「カーブドスクリーン+アナモフィック上映システム」について、ブログのメールフォームからお問合せを頂きました。“シネスコスクリーン”“カーブドスクリーン”“アナモフィックレンズ”などのキーワードでこのブログをご覧になる方も依然として多く、ならば興味をお持ちの他の方々の参考にもなればと思い、ブログの方で回答させて頂くことにしました。これまでたびたび記事のなかでもお伝えしているように、この我流システムは“やってみなければわからない”のが現状ですので、ボクの経験の範囲内でお答えします。以下、頂いたメールの内容を要約してお伝えします。

(1)

シネスコ環境を実現してみたいと思い、アナモフィックレンズ SLR Magic Anamorphot 1.33x 50 Anamorphic を入手しました。組み合わせているプロジェクターはマランツのVP15S1です。(このプロジェクターはカメラのステップダウンリングを使うと直接アナモフィックレンズを装着できました)16:9の100インチスクリーンとの距離は投射距離ギリギリの3m30cmくらいですが、画像がボケてしまいます。プロジェクターとスクリーンの距離はどの程度とられているのでしょうか?スクリーンとの距離が足りないのか、またこのレンズのオプションのディオプターで改善できるのでしょうか?


投射距離をあらためて計測したところ、ウチの場合は3m33cmありました。(ただ、使用しているプロジェクターが違いますのでこれはまったく参考にはならないと思います)もちろんもう既にチェックはされているはずだとは思いますが、マランツのVP15S1の場合、LN-11S1Aというプリズム式のアナモフィックレンズの組み合わせが推奨されているようですね。なぜ映像がボケてしまうのか、フォーカスが合わないのかはわかりませんが、おそらく投射距離に問題があるのではないかと思います。或いは、(もう試されているかもしれませんが)ステップダウンリングを介さずにプロジェクターのレンズとアナモフィックレンズがぴったりとくっつくようにセッティングされてみてはいかがでしょうか?(ウチはそうしています)ディオプターはいちどテストしてみましたが、装着すると逆にフォーカスが合わなくなってしまいました。

(2)

今まで使っていたエプソンのプロジェクターEH-TW8200をソニーの4Kプロジェクターにしようと思っております。機器選択の過程で、数か月前にこのブログに巡り合いました。家庭用カーブドスクリーンやアナモフィックレンズというのも初耳でしたが、是非これを実現したいと思っております。カーブドスクリオーン+アナモフィックレンズは、平面スクリーンよりも圧倒的に優位にあるものなのでしょうか?


“圧倒的に優位”かどうかは完全に主観の問題ですのでなんともお答えできません。また“家庭用カーブドスクリーンやアナモフィックレンズというのも初耳”ということであれば、我流でこのシステムを組むのはお薦めできません。(1)の方のケースのようなことも往々にして起こり得ます。インストーラー(マルチフォニック・サウンド)にすべてお任せするのが良いと思います。導入が可能かどうかのジャッジも含め、相談をするならここしかありません。



あまり参考にならないなぁとお叱りを受けるかもしれませんが、この“我流システム”の応用がどこまで有効なのかはボクも判断のしようがありません。併せて「アナモフィック&シネスコ計画」の過去記事もをごらん頂ければと思います。まったく同じプロジェクター、アナモフィックレンズ、カーブドシネスコスクリーンを使ったシステムで、同じ設置条件ならばきっとうまくいくはずですよ、ぐらいのことしかお伝えできないのがなんとももどかしい、というのが正直なところです。せっかくの機会ですので、この記事についてはコメントの受付が出来るように設定をしました。どなたか他にも成功談、失敗談などがあれば是非コメントをお寄せ下さい。

シネスコカーブドスクリーン+アナモフィックレンズ(3)

その(3)は「カーブドスクリーン+アナモフィック上映システムに待ち受けるハードル」がテーマです。



①カーブドスクリーンは収納できない

アナモフィックレンズを使った上映のためには、まずはスクリーンを従来のフラットタイプからカーブドタイプにリプレイスしなければいけないことに加えて、カーブドスクリーンは湾曲していますので、自動にしろ手動にしろ、巻き上げて収納することが出来なくなってしまいます。まず第一のこのハードルでカーブドスクリーン+アナモフィック上映システムを断念せざるを得ない、という方は本当に多いと思います。 たとえばリビングなどの家族共用のスペースでの「出しっ放しのスクリーン」は、家人の了解を得られずにNGになってしまうポイント。シアター用の専用ルームか、あるいは自分だけの専用空間がないとそもそも実現は無理、ということになってしまいます。

②アナモフィックレンズに選択肢がない

現行品でホームシネマ用のアナモフィックレンズとして手に入るものはおそらく3モデルしかありません。シュナイダーのCDA 1.33×(マルチフォニック・サウンド扱い)、パナモーフのF480SYSとFVX200(オーエスプラスe扱い)。個人的にはプリズム式のパナモーフよりもシリンダー式のシュナイダーがお薦めです。しかし、ご存知のように相当に高価なものになります。もちろん、質の良いレンズなのですからそれ相応とも言えるのですが、プロジェクター本体と同じ程度(もしくはそれ以上)の投資をレンズセットのために必要とすることに躊躇いを感じるユーザーは少なくないでしょう。

③我流システムが成功する保証がない

プロジェクター用に用意されているアナモフィックレンズは高価になる。そこで撮影カメラ用のレンズを転用してみる、という方法があるわけですが、ここでも問題があります。これまでの経験などを踏まえても、うまくシステムに組み込めるかどうかは「やってみなければわからない」のです。ほとんどバクチです。(とはいえ、これまでこの方法で「導入に失敗した」という話は聞いたことがありませんが)やはり使えるレンズも限られていて、知る限りではパナソニックのAG-LA7200(生産完了)とSLR MAGICのANAMORPHOTの2モデルのみ。シュナイダーやパナモーフに較べると遥かに手に入り易い価格帯ではありますが、安いというものでもありませんし、「やってみなければわからない」のならば「やるわけにはいかない」、そう判断されても当然だと思います。



「うちのシステムだとどうか?」。これまで本気になって導入を考えてこられた方々は既に何度も何度もシミュレーションをされてきたことと思います。日本国内でカーブドスクリーン+アナモフィック上映システムが初めてプレゼンテーションされてから7年あまり。いっこうにポピュラーなシステムになり得ないのは、実現を阻む高いハードルをいくつも超えなければならないという問題を、いまも根本的に抱えているからにほかなりません。



かといって、ごくごく一部のファンのためにこれからプロジェクターメーカーやスクリーンメーカーが質の良いリーズナブルなアナモフィックレンズを製品化し、併せて既存のシステムに導入するためのメソッドを研究、確立するということなどはとうてい考えられませんし、ガレージメーカーがそれを担うというのもまったく現実的ではないでしょう。もう八方塞がり。悲しいかな、それが現在の国内におけるカーブドスクリーン+アナモフィック上映システムの現状です。唯一と言っていい、いま最も確実で失敗のない方法は、専用ルームを確保し、お金を貯めて(←)、マルチフォニック・サウンドにインストールまでお任せして一式をポン!と導入する。もうこれしかない。もちろん、これはこれで…高いハードルなわけですが。



しかし!思い返せば六畳間にムリムリ三管式プロジェクターを導入する猛者、各人各様に創意工夫を凝らしながらトライをする努力を厭わない方々も、かつてはオーディオ&ビジュアルファンの中にはゴロゴロいらっしゃいました。もしかしたら、これから“ウルトラC”的なアプローチ方法がなにか見つけられるかもしれません。いや、見つけてください(笑)。まだまだ終わったわけじゃありませんよ、きっと。    (終)

シネスコカーブドスクリーン+アナモフィックレンズ(2)

その(2)のテーマは「アナモフィックレンズ あり?なし?-最新版- 」です。



以前、プロジェクターがJVC DLA-X9 +アナモフィックレンズがパナソニックのAG-LA7200の組み合わせにおいて「アナモフィックレンズ あり?なし?」を考察してみたことがありました。この時、アナモフィックレンズは「なし」でもアリなんじゃないか?当時の“2K時代”にはそう考えました。しかし“4K時代”の今の見解は違います。



現在はプロジェクターがJVC DLA-X75R +アナモフィックレンズがSLR MAGIC ANAMORPHOTの組み合わせ。やはりカーブドシネスコ上映の鍵はアナモフィックレンズにある。そう考えるようになったのは、プロジェクター自体のパフォーマンスが向上したということ以上に、組み合わせるアナモフィックレンズのクオリティがアップしたからだと思います。これまでAG-LA7200でスポイルされていた情報が ANAMORPHOTでは失われることなく絵に反映されるようになった。これはスクリーン上映してみれば一目瞭然です。



アナモフィックレンズが無くても、たとえばJVC機に搭載されている「ピンクッション(歪補正)機能」を使うなどすれば、とりあえずはカーブドスクリーンにも対応することは出来ます。しかし、これはあくまでも“とりあえず”。本来の目的である、プロジェクターのパネルの全てを使い切れているわけではありませんので、これならば「ピンクッション機能」を搭載していない機種でズームを使って対応するのと同じこととも言えます。(そういう意味では“とりあえず”ならばどのプロジェクターでも対応は可能ということです)やはりアナモフィックレンズの第一の役割は、絵の密度を物理的に上げることに他なりません。



ウチではアナモフィックレンズはマスト。いまのところSLR MAGIC ANAMORPHOTの一択です。



アナモフィックレンズを組み合わせると、絵が立体的になって奥行き感をより感じることが出来る。物理的にレンズがプラスされることによって、絵のなかで被写体が動く、カメラが動く、その両者が動く、その時に独特の躍動感と酩酊感が生まれ、まさに往年の映画館で実際にアナモフィックレンズを通して上映された映画の雰囲気が再現される。個人的にはここに相変わらず抗いがたい魅力を感じているのです。           (つづく)

シネスコカーブドスクリーン+アナモフィックレンズ(1)



いま発売中の月刊「HiVi」6月号では久々に!カーブドスクリーン+アナモフィックレンズ特集が組まれています。



「いまこそ見直そう シネスコ・カーヴド・スクリーンの世界」。前回の特集はおそらく2009年の7月だったと思いますので、実に6年ぶり!4K時代になって初の特集になります。2015年、最新のシステムはどういう組み合わせがプレゼンテーションされているのかは誌面を確認して頂くとして、ウチでもこれまでの“シネスコ・カーヴド・スクリーンの世界”の道のりをこの機会にプレイバックしてみることにしました。せっかくですので何回かに分けて過去の記事を再編集して採録しつつ、ミニ特集にしたいと思います。



2012年1月:月刊「HiVi」のバックナンバー(2008年1月号・2009年7月号)のシネスコ特集を研究



2月:アナモフィックレンズ PANASONIC AG-LA7200/プロジェクター SONY VPL-VW85 導入



4月:スクリーン ELITE SCREEN Curve 235-85W 導入/アナモフィックレンズホルダー制作



4月:85inch カーブド&シネスコスクリーン システム 完成



12月:スクリーン ELITE SCREEN Curve 235-100W (特注サイズ)にリプレイス



12月:100inch カーブド&シネスコスクリーン システム 完成



2013年 1月:プロジェクター SONY VPL-VW85をJVC DLA-X9にリプレイス




2014年 7月:プロジェクター JVC DLA-X9をJVC DLA-X75Rにリプレイス



2015年 1月:アナモフィックレンズ PANASONIC AG-LA7200をSLR MAGIC ANAMORPHOTにリプレイス



2015年 5月:足かけ三年、いま現在のシステムに至る



折りしも映写用のランプを新調したばかりですので、リ・スタート!です。  (つづく)

★「アナモフィック&シネスコ計画」の過去記事

↑手っ取り早くバックナンバーをチェックしたい方はこちらからどうぞ♪

JVC DLA-X75R キャリブレーション、完了。




ランプを交換して再設置が済めば、あとはキャリブレーションをかければ完了です。



キャリブレーションしたい映像モード(ウチの場合は「Film」「cinema」「natural」それぞれの全モード)を選んで、粛々と作業を進めます。プロジェクターの調整で最も時間がかかり、“道に迷ってしまう”ことも多い、ガンマとカラーのバランス。その最適化を専用ソフトと光学センサーが担ってくれるのは本当に楽ですし、重宝します。




キャリブ―ションをしながらチェックしていたのは定番の『レイダース 失われた聖櫃』。



見慣れた作品を使えば、新ランプ&キャリブレーションの恩恵はすぐにわかります。絵が力強くなるのはもちろんのこと、ひとコマひとコマの立体感がぐんとアップ。JVC機が得意とする、フィルム作品ならではの階調表現力がパラメーターに活かされています。これであと数年は(←)頑張ってもらいたいものです(笑)。

管球再生式映画館日本語対応 Spyder 4 pro 並行輸入品

商品詳細を見る

シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

カメラを止めるな!オリジナルサントラ盤
カメラを止めるな!オリジナルサントラ盤

2001年宇宙の旅
2001年宇宙の旅

ハンソロ
ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー

ミッドナイトクロス
ミッドナイトクロス

ある日どこかで
ある日どこかで

遠い空の向こうに
遠い空の向こうに

マトリックス トリロジー
マトリックス トリロジー

ピーターラビット
ピーターラビット

ジェイソン・ボーン・シリーズ/アルティメット・コレクション
ジェイソン・ボーン アルティメット・コレクション

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集





    シネスコ
    【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


      09 2018
      SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      - - - - - - 1
      2 3 4 5 6 7 8
      9 10 11 12 13 14 15
      16 17 18 19 20 21 22
      23 24 25 26 27 28 29
      30 - - - - - -

      Archive RSS Login