月刊「HiVi」4月号は「映画と配信」特集



米Appleは25日にスペシャルイベントの開催を予定している。いよいよNetflixのような月額定額制による映画の新配信サービスを始める、その発表ではないか?ということらしい。作品毎に購入のiTunes Storeもおそらく継続されるはずで(Amazonプライムのようなイメージかな)新サービスの開始にあたってはAppleが扱う作品が一気に補充されることも考えられる。楽しみに待とう。

キャプチャlko

間もなく発売になる月刊「HiVi」4月号は「映画と配信」特集。そのなかでiTunes Storeならではのお薦めタイトルを紹介している。4K UHD盤では未リリース、4K放送や他の配信メディアでも観ることが出来ない4K作品をピックアップ。いまならそのうちの一本『ダイ・ハード2』4K HDR版が500円だ。

AppleTV4Kのネットワーク設定



Apple TV 4Kのネットワーク設定はWi-Fi(無線)よりもEthernet(有線)のほうがいいよ、っていう話を前々から聞いていたので試しにこれまでのWi-Fi接続からLAN接続に変えてみた。これは確かに効果がある。ウチでは総じて密度感がアップしている。絵は引き締まり音も重心が下がる。特に音が変わった。1m400円ほどのLANケーブル(カテゴリー6準拠)でも分かり易い。間違いなく悪くはならない。

『シンドラーのリスト』 4Kドルビービジョン版

キャプチャaa

iTunes Storeに『シンドラーのリスト』4Kドルビービジョン&ドルビーアトモス版きた。国内盤4K UHDはいまのところ未リリース。予告編として扱われている本編映像を見ると確かにマスターが新しくなっている。

『ロッキー』 4Kドルビービジョン版

キャプチャaaa

iTunes Storeにいきなり『ロッキー』4Kドルビービジョン版が来た。前触れがなかったのでびっくり。



4Kドルビービジョン版の前にBD盤。先日、スターチャンネルで見たのは旧マスター版だったのでMGM90周年記念ニューデジタルリマスター盤。もう4年前になるがディスクでは最新版だろう。グレインはやや強めだけれどレストアもグレーディングも申し分なし。4Kマスターでまだ印象が変わるのか?



『2001年宇宙の旅』 国内盤4K UHD発売延期



『2001年宇宙の旅』。国内盤4KUHDの発売日が変更になった。来週11月21日の発売予定が12月19日に延期。先に北米盤もリリース直前になって発売延期になっている。国内盤もその余波を受けて、ということなのだろうか。これは…なんかあったのだろうかね。しかし英国盤は発売続行中、というのが謎だ。

iTunes Store版 『オーシャンズ8』

キャプチャs

iTunes Storeで『オーシャンズ8』4Kドルビービジョン版リリース。軽快なテンポと音楽の使い方などはスティーヴン・ソダーバーグ監督の“オーシャンズ7-11”こと『ローガン・ラッキー』よりも本家オーシャンズっぽい作品。『アウト・オブ・サイト』の雰囲気もある。



4Kドルビービジョン版。HDRマスターだがわりとSDRっぽい絵=劇場で観た印象に近い。4Kならではの精細感は申し分なしだ。映像特典はパッケージ版と共通。プラスiTunesStore版限定の「作品を彩るドレスとジュエリー」を収録。吹替版も巧い。台詞が活き活きとしている。国内盤4K UHDは11月28日のリリース。

『スーパーマン』 4Kドルビービジョン版

キャプチャa

iTunes Storeに『スーパーマン』4Kドルビービジョン版がアップされた。例によって“北米盤4K UHDと同時リリース”の法則だ。国内盤はまだ告知が出ていないが来年のリリースか?旧作扱いで1,500円也。この作品も今年でちょうど公開40周年を迎える。



1978年と言えば、2月に『未知との遭遇』。7月に『スター・ウォーズ』。11月に『2001年宇宙の旅』。数か月おきにこの3本を70mmフィルム/6chサラウンド上映で観ていたわけだから思えば凄い年だったのだ。OS劇場のシネラマスクリーン。この3本のなかで絵・音ともに圧倒的だったのは『未知との遭遇』だ。『未知との遭遇』のオープニング。クレジットから始まるスコアは『2001年宇宙の旅』の入場曲を模している。リゲティの「アトモスフェール」。劇中でもUFOと接近遭遇するシーンでは不安感を煽る不協和音が多用されている。スピルバーグもジョン・ウィリアムズも意識していたのだろう。

NHK BS 8K版 『2001年宇宙の旅』



NHK総合で「開局まであと1か月!これが4K・8Kだ!」。NHK BS 8K版『2001年宇宙の旅』きた!NHK総合(地デジ)でのオンエアなので画質はアレだがグレーディングの方向性は4K HDR版(画像上)と同じだということがよくわかる。



オンエアは12月1日(土)& 2019年1月3日(木)。

iTunes Store版 『2001年宇宙の旅』 ver.up



iTunes Store版『2001年宇宙の旅』。仕様が一部ver.upされた。メニューに“1968年劇場公開版オリジナル音声”という項目が追加されている。



ここから本編を再生すると4K HDR版とは違うグレーディングのマスターが再生(2K)される。絵のトーンの違いは一目瞭然だ。もしかしたらこれはブルーレイ盤と同じ“デジタルリマスター版”なのかもしれない。



ところがざっくりと見たところ「人類の夜明け」のパートの背景もレストアされていないので、これは従来の35mmマスターっぽい。なのでIMAX上映版とも違うはずだ。チャプターも振られていないので特典映像的な位置づけなのだろう。

2010年オンエア版『2001年宇宙の旅』



2010年10月12日にNHKハイビジョン(BShi)でエアチェックした『2001年宇宙の旅』。(画像上)



エアチェック版(画像上)は全体的にシュートがうっすらとついてはいるものの、解像度もコントラストもやたらと高い。あらためて観るとボーマン船長のガウンの色などもよく判る。従来のマスターとは印象が違う。当時ちょっとした話題になった。
シネスコ

館主:酒井俊之

4K単体チューナー
東芝 4K単体チューナー TT-4K100

4K単体チューナー
シャープ 4K単体チューナー 4S-C00AS1

4K単体チューナー
ソニー 4K単体チューナー DST-SHV1

4K単体チューナー
パナソニック 4K単体チューナー TU-BUHD100

Amazon 4K ULTRA HD STORE

アリー/スター誕生
アリー/スター誕生

ボヘミアン・ラプソディ
ボヘミアン・ラプソディ(北米盤/日本語対応)

エイリアン 製作40周年記念版
エイリアン 製作40周年記念版

BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集




【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


    03 2019
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    Archive RSS Login