swatch 007/ヴィラン・コレクション


あのスウォッチが007シリーズとコラボレーションして誕生した、「007/ヴィラン・コレクション」のリリースがいよいよ10月1日(木)から始まります。その名の通り、この新コレクションは「007/ドクター・ノオ」のノオ博士から最新作「007/慰めの報酬」のドミニク・グリーンまで、ボンド映画に登場する“悪役”にスポットを当ててデザインが施されたスウォッチ・シリーズです。映画1作につき、1本のモデル。というわけで全22本のラインナップから成っています。(※“ドミニク・グリーン”モデルだけは映画の劇場公開にあわせて年末からの発売です)

ちなみに「なんでまたスウォッチが!?」というハナシもありましょうが、ジェームズ・ボンドが任務遂行中に常用しているΩ(オメガ)、このブランドを傘下に持つのが他でもない、このスウォッチ・グループです。以前にもスウォッチとボンド映画がコラボしたコレクションというのがリリースされていたこともありましたが、しかしこの時のデザインというのがどうもイマイチな感じで、正直なところあまり食指を動かされませんでした。ところが、今回のこの「007/ヴィラン・コレクション」はひと味違います。

007 watch
Swatch 007/ヴィラン・コレクションの一覧を見るならコチラから

ご覧になればお判りのように、パッと見たところ、おそらくイッパンの方にはこれがボンド・ウォッチだとは判らないハズです。なによりも、ボンド映画をイメージさせるために、お馴染みのガン・ロゴをとりあえずはメインにフィーチャーしてみましたぁ、というような安易なデザインにはなっていないところがミソ。そして手にとってしげしげと眺めてみると、「こりゃマニアックやなぁ」と思わず007ファンからは感嘆の声が上がるアイデアが随所に盛り込まれている、という仕掛けになっているのがポイントです。実は今、この「007/ヴィラン・コレクション」のプロモーション・チームに加わっていますので、実物のモデルも既にチェック済みなのですが、本日はそのなかから、男性には「007/サンダーボール作戦」の“エミリオ・ラルゴ”モデル、女性には「007は二度死ぬ」の“ブロフェルドの猫”モデルの2本を、“極私的お薦めモデル”としてご紹介したいと思います。


swatch (スウォッチ) 007 VILLAIN COLLECTION
エミリオ・ラルゴ - サンダーボール作戦


これが“エミリオ・ラルゴ”モデルです。パッと目を引くのは六時方向のサブダイヤルに配されているスペクターの紋章、ブラックオクトパス。そして二時方向のサブダイヤルにはラルゴの眼帯、隻眼をイメージさせるブラックのカラーリングが施されています。また、ベゼルにはめこまれたクリスタルが模しているのは、ダイヤモンド。「007/サンダーボール作戦」に登場するダイヤモンドが何を意味するか、これはファンの方ならもうお判りでしょう。つまり徹頭徹尾、スペクター色の強いデザインになっているわけです。スペクターをイメージさせる、ということでは「女王陛下の007」の“ブロフェルド”モデルでは、もっと大胆にブラックオクトパスがダイヤルにデザインされていますが、目の付け所がよりマニアックで、スーツにもコーディネートすることが出来る、この“エミリオ・ラルゴ”モデルの方がお薦めです。


swatch (スウォッチ) 007 VILLAIN COLLECTION
ブロフェルドの猫 - 007は二度死ぬ


そしてこれが“ブロフェルドの猫”モデル。ブロフェルドのトレード・マークである白いペルシャ猫のイメージ、ホワイトを基調としたカラーリングに、そしてこのモデルではゆらゆらと揺れるチャームにブラックオクトパスが刻印されています。ダイヤルにデザインされている猫の足跡も遊び心がたっぷり。カジュアルでチャーミングなデザインとは裏腹に、“エミリオ・ラルゴ”モデルと同様、スペクター一色にまとめ上げられているところがなんともニクイ。そのデザイン・イメージとのギャップを楽しめるところが、ボンド映画の世界を彷彿とさせてくれるモデルです。ブラックオクトパスのリングをはめていた、悪女フィオナの気分を是非味わってみて下さい。


swatch (スウォッチ) 007 VILLAIN COLLECTION
ジョーズ - 私を愛したスパイ


他にも、「007/ゴールドフィンガー」の“オッド・ジョブ”モデルはコレクションの中でもやはり圧倒的な存在感を誇りますし、とてもあの怖いオバサンから材を採っているとは思えないエレガントな「007/ロシアより愛をこめて」の“ローザ・クレッブ”モデルもお薦めです。そして、ユニークさで際立っているのが「007/私を愛したスパイ」の“ジョーズ”モデル。いったいどこにあのジョーズのキャラクターが活かされているのか!? これはちょっと探してみて下さい(笑)。ボンド映画の悪役=villain=ヴィランに着目した面白さもさることながら、クラシック・シリーズ、特にショーン・コネリー時代の作品にとりわけチカラが入っている意匠になっているのは古くからの007ファンにとっては嬉しいところ。これはきっと人気のアイテムになるハズです!

エイガのガラクタ ~「ロードショー」~

あの月刊洋画雑誌「ロードショー」が休刊する!というニュースが飛び込んできました。さすがに近頃では、書店に立ち寄った際にペラペラとページをめくる程度ですが、70年代後半から、中学と高校時代を中心に、毎月欠かさずに読んでいた愛読誌でした。それこそ映画の情報源というものがごくごく限られていた時代でしたので、何度も同じ記事を読み返しながら(だからすぐに俳優の顔と名前を覚えることが出来た)、次号の発売を今か今かと待っていたのも懐かしい想い出です。

映画雑誌と言えば、当時はこの「ロードショー」と、ライバル誌「スクリーン」がしのぎを削っていた頃。読者もなぜかきっちりと「ロードショー派」と「スクリーン派」に別れていました。「ロードショー」を支持していたのは、ページの手触り感が良かったし、誌面レイアウトやスチールの印刷のテイストが「スクリーン」よりも好きだったから。また、同じ映画雑誌といえども、例えば“Al Pacino”は「ロードショー」では“アル・パシーノ”、「スクリーン」では“アル・パチーノ”とカタカナ表記が異なっていて、いったいどっちが正しいんだよ!なんていうことを、映画ファンの間で喧々囂々とやり合っていたもんです。今では“アル・パチーノ”と表記されることが多いように思いますが、それでもその頃の名残で、今でも“アル・パシーノ”の方が馴染みがあったりしますね。


というわけで、本日の「エイガのガラクタ」はこの「ロードショー」誌の切り抜き。これは007特集です。“007シリーズ 10本のすべて”とありますので、「007/私を愛したスパイ」が劇場公開された時の記事ですね。


「ロードショー」と言えば、毎月のお楽しみ、付録がなかなかに凝ったものが多かった記憶がありますが、これは付録としては定番だったポスターです。表は「007/リビング・デイライツ」、裏は「ロボコップ」になっています。隅っこに画鋲の跡が残っていますので、おそらく部屋の壁に貼っていたこともあったのでしょう。


「第90回 ロードショー誌 推薦盤」となっている「007/ユア・アイズ・オンリー」のサントラ盤レコードです。「ロードショー」の誌面で“推薦盤”として紹介されたレコードだけがこのロゴをジャケ帯に冠することが出来るのですが、しかしいっぽう「スクリーン誌 推薦盤」というものはありませんでした。当時、「ロードショー」というブランドがいかに映画ファンにとって影響力があったか、それを物語るひとつのエピソードだと思います。

ROADSHOW (ロードショー) 2008年 10月号 [雑誌]ROADSHOW (ロードショー) 2008年 10月号
(2008/08/21)
この本の詳細を見る

その「ロードショー」も、11月21日発売の2009年1月号をもって休刊が決定。“映画の情報をインターネットなどで集める映画ファンが増え、部数や広告収入が減った”というのが休刊の理由とのこと。1972年の創刊時は21万8000部からスタート、1983年には最高の35万5000部を記録したものの、最近は平均で5万部という数字にまで落ち込んでいたようです。近年では、次々とオープンするシネコンのおかげで映画館に足を運ぶ観客の数は増えたとは言うけれど、いっぽうで“映画ファン”と呼ばれる人たちは、もしかしたらどんどん減っているのかもしれないなぁ。
シネスコ

館主:酒井俊之

【劇場公開最新作がブルーレイで登場!】

    キングコング:髑髏島の巨神 スチールブック仕様 3D&2Dブルーレイセット
    キングコング: 髑髏島の巨神 スチールブック

    キングコング:髑髏島の巨神 4K ULTRA HD&3D&2Dブルーレイセット
    キングコング:髑髏島の巨神 4K ULTRA HDセット

    キングコング:髑髏島の巨神 ブルーレイ&DVDセット
    キングコング:髑髏島の巨神 BD&DVDセット

    ラ・ラ・ランド 4K ULTRA HD+Blu-rayセット
    ラ・ラ・ランド 4K ULTRA HD+BDセット

    ラ・ラ・ランド コレクターズ・エディション スチールブック
    ラ・ラ・ランド スチールブック

    ラ・ラ・ランド コレクターズ・エディション
    ラ・ラ・ランド コレクターズ・エディション

    ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション
    ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション


    Amazon 4K ULTRA HD STORE

    【あの人気作がブルーレイでまだまだ登場!】

      ディーバ
      ディーバ

      タワーリング・インフェルノ 日本語吹替音声追加収録版
      タワーリング・インフェルノ 吹替追加収録版

      【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

        木目調 カップ 340ml スターウォーズ 40th ブラック
        STAR WARS 40TH ロゴ 木目調 カップ

        BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

        【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

          ブルーレイ 50枚パック
          三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル

          Amazon Fire TV Stick (Newモデル)





          【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


            09 2008
            SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            - 1 2 3 4 5 6
            7 8 9 10 11 12 13
            14 15 16 17 18 19 20
            21 22 23 24 25 26 27
            28 29 30 - - - -

            Archive RSS Login