♪「水曜日の夜」シングル盤

このレコードは、いつか手に入れることになると思っていました。



ウチのブログではたびたび登場している♪「水曜日の夜」。これまでも、この♪「水曜日の夜」が目当てでニニ・ロッソのベスト盤のLPレコードを2枚、手に入れていましたが、さすがにこのジャケットを店頭で見たらそのまま放ってはおけませんでした。下北沢のイエロー・ポップで¥500なり。(シングル盤にしてはちょっと高い)ただし、音質については以前から手元にあったLP版の方が良好でした。イエローポップの中古レコードは総じて他のお店よりも高いし、いまひとつコンディションのよくないレコードばかりに当たる。あまり相性が良くないんだなぁ。


「水曜ロードショー」のオープニングのひとコマが、そのままジャケットに使われているのが嬉しい。もちろんこのシングル盤に収録されているVer.も、今は亡きニニ・ロッソの指示によってもう陽の目を見ることの無い旧録版です。

角松敏生 in 横浜アリーナ

角松サンの「TOSHIKI KADOMATSU 30TH ANNIVERSARY LIVE」、横浜アリーナまで行ってきました。


この時のために全国から集まった角松ファンは総勢10000人!幕開けはビデオ収録された映像による、アコースティックVer.の♪「YOKOHAMA Twilight Time」。そして、ライブのオープナーはなんと♪「I Can Give You My Love」でした。画像でアップしたセットリストにもあるように、MCを挟まずに怒涛のように繰り出される往年のナンバーに、古くからのウルサ方のオーディエンスはすっかり壊れてしまったんじゃないかと思います。ボクは5曲目の♪「初恋」、間奏のベースプレイで壊れました。軽いMCを挟んで♪「Ramp in」のイントロが流れてきた時には、もうトロトロに溶けてしまいました(笑)。

1981~19871981~1987
(1993/10/21)
角松敏生

このベスト盤の詳細を見る

約一時間に渡るこの“ACT-1”の後、インターミッションを挟んでの“ACT-2”、そして3回のアンコールに応えて、ライブの終了は22時30分すぎ。開演が17時前でしたから、たっぷり5時間に及ぶライブパフォーマンスでした。その間、MCもそこそこに角松サンはもうずっと歌いっ放し。70年代のフォークコンサートよろしく、オッサンたちの「カドマツ~ッ!」という野太い掛け声が頻繁に飛び交うライブというのも、今やもう珍しくなってしまったのではないでしょうか。



♪「Lucky Lady Feel So Good」♪「Anklet」♪「Ramp In」♪「Mermaid Princess」♪「Tokyo Tower」♪「Take You To The Sky High」♪「NO END SUMMER」・・・この日のライブでも取り上げられた、ウチのヘビロナンバーが収録されたレコードたちです。「After 5 Clash」の曲が一曲もライブでは歌われなかったのはちょっと意外な感じがします。この日、客席には杏里さんの姿もあり(♪「悲しみがとまらない」は角松プロデュース)、またサプライズゲストとして斉藤ノブ氏が登場、♪「Girl In The Box」での競演でも大いに盛り上がり、ここでも古くからのうるさ方のファンたちはすっかり壊れてしまいました。

T’s 12 INCHEST’s 12 INCHES
(1994/12/16)
角松敏生

このアルバムの詳細を見る

そして、公に発表されたのはおそらくこれが初めてとなる、角松サンからの“実はコドモが出来たんですよ”発言に、会場からはどよめきやら女性ファンの悲鳴と共に、大きな拍手が沸き起こるといったひと幕もありました。ラストのラストは、センターステージに場所を移しての♪「NO END SUMMER」。これがもう、すぐ目の前!感激もひとしおでした。このライブの模様はブルーレイディスク&DVDのリリースの前に、BSフジでのオンエアが予定されているようです。


このアルバムが、今回のライブのオープニングを飾った♪「I Can Give You My Love」、他にも“ACT-1”で♪「Lost My Heart In The Dark」♪「Remember You」が披露された80年代後期の傑作であり、高音質盤としても知られる「Before The Daylight」(1988)です。このレコードはつい先週、中野のディスクユニオンで手に入れたばかりでした。これまたなんと\105なり。今日はずっとこのレコードを聴いています。



今回のライブでは、インスト系のナンバーはまったく演らなかったのですが、なんと9月に東京と大阪で、ギター・インストをメインにしたライブがあるようです。“Kadomatsu Plays The Guitar”。なるほど。コッチで聴いてね、ということなんだな。これも楽しみです♪

ノー・エンド・トーク No End Talk [Disc Book (CD-ROM)] [電子書籍] [CDサイズパッケージ]ノー・エンド・トーク No End Talk [電子書籍]
(2011/07/10)
角松敏生

この電子書籍の詳細を見る

テーマライヴレポ・感想 ジャンル音楽

「金田一耕助のエピローグ」、再始動。

3月の末にリリースされた「獄門島」の復刻版CDから続けて、翌月の4月には登場するはずだった「悪魔の手毬唄」の復刻版CD。これまで、発売の延期延期を繰り返してきましたが、いよいよ7月6日のリリースということでプロジェクトが再び進み出したようです。

悪魔の手毬唄 オリジナル・サウンドトラック盤<br>(紙ジャケット)悪魔の手毬唄 オリジナル・サウンドトラック盤(紙ジャケット)
(2011/07/06)
サントラ

このアルバムの詳細を見る

この“金田一耕助のエピローグ”シリーズ。ちょうど「獄門島」がリリースされたタイミングで、これはメーカーの担当スタッフから直接話を聞いて記事に出来ないかと思い立ち、まずは電話で軽くインタビューをしてみたところ、以前にもお伝えしたように“幻の総劇伴集”のリリース計画が控えている!というビッグニュースを教えてくれました。よし、これはもっといろいろ話を聞いてまとめれば、きっと面白い記事になるぞ、と思っていたその矢先、自身も相当な金田一耕助シリーズのファンらしい、そのメーカーの担当者が突然退職(!)されてしまったのです。

獄門島 オリジナル・サウンドトラック盤(紙ジャケット)獄門島 オリジナル・サウンドトラック盤
(紙ジャケット)

(2011/03/23)
サントラ

このアルバムの詳細を見る

こういった企画、いわば担当者の熱意だけで進んでいるようなプランの場合、担当者の不在と共に、そのままプロジェクトそのものも頓挫してしまうことも少なくない。案の定、次に控える「悪魔の手毬唄」の4月の発売は延期。当初は予定よりも1ヶ月遅れの5月末にはリリースをするという話も聞いていたのですが、やはりこれも延期。その後、リリース日がなかなかアナウンスされないまま、もしかしてこのシリーズは「獄門島」で打ち切り!?でも権利元の東宝レコードとの契約云々といった問題もきっとあるだろう?と勝手にヤキモキしていたら、ようやく「悪魔の手毬唄」のリリースが決定!というニュースが入ってきた、というわけです。あぁ…やれやれ。いまのところ、「獄門島」「悪魔の手毬唄」の“総劇伴集”のプランも引き続き進行しているようです。ひとまずは、これからの展開を楽しみにしていましょう。
テーマ映画音楽 ジャンル映画

「Decksandrumsandrockandroll」 Propellerheads

Propellerheadsの「Decksandrumsandrockandroll」(1998)のレコードが手に入りました。


これまた中野のディスクユニオンにて発見。¥105ではなく、¥100。このアルバムはDJプレイのネタにも頻繁に使われる類のレコードですし、コンディションの表記も“B”ランクでしたので、念のため店頭で検盤。目立つような深いキズは無かったのでそのまま購入しました。ただし、盤面全体には擦ったような痕もあり、手垢などの汚れも目立つ。もともとは輸入盤で、内袋さえ無いままでしたので安くなっていたのでしょう。でも持ち帰ってすぐに洗ってみれば、すっかり綺麗な状態になりました。Propellerheads(プロペラヘッズ)といえば、「マトリックス」の銃撃シーンの♪「Spybreak!」や、「007/トゥモロー・ネバーダイ」の劇中でボンドがBMW製のボンドカーをリモコンで走らせるシーンでの♪「Backseat Driver」が有名ですね。


このアルバムは2枚組。とにかくどの曲も抜群にカッコイイ。A面の♪「Take California」、シャーリー・バッシーがヴォーカルとしてフィーチャーされたB面の♪「History Repeating」、そしてC面には♪「女王陛下の007」を見事にカヴァーした、全007ファン悶絶のあのド名曲♪「On Her Majesty's Secret Service」、D面には「マトリックス」の♪「Spybreak!」が収録されています。

DecksanddrumsandrockandrollDecksanddrumsandrockandroll
(1998/03/24)
Propellerheads

このアルバムの詳細を見る

テーマ映画音楽 ジャンル映画

「デマポリス~ウソを広めた犯人を逮捕せよ!」



「デマポリス~ウソを広めた犯人を逮捕せよ!」

この番組は、世の中にまん延するウソを暴き、
最初にウソを言い出した犯人を探し出す捜査組織「デマポリス」がその犯人検挙に挑みます!

今回、デマポリスが取り扱う事件は…

○金粉を全身に塗ると皮膚呼吸ができずに死ぬ…は、ウソ!
○うなぎパイは精力増強するから夜のお菓子…は、ウソ!
○遠山の金さんの入れ墨は桜吹雪…は、ウソ!
○スウェーデンはフリーセックスの国…は、ウソ!

デマポリスのメンバーはこれらのウソを言い出した犯人を探し出すために
捜査を展開し過去の世界にもタイムワープ! 犯人逮捕に全力を注ぎます。

オンエアスケジュール:■6月18日(土) 26:35~27:35 ■フジテレビ


「スウェーデンはフリーセックスの国…は、ウソ!」なんて、いまさら“ネタ”以外の何ものでもないやん!って感じですが、明日の土曜日の夜中にオンエアされる、この「デマポリス~ウソを広めた犯人を逮捕せよ!」なる番組に、実はちょこっとだけ出演しています。番組の中の「金粉を全身に塗ると皮膚呼吸ができずに死ぬ…は、ウソ!」というエピソードはお察しの通り、「007/ゴールドフィンガー」です。実際は、映画のように金粉を塗っただけでは死なない!ウソをついた張本人である原作者のイアン・フレミングを逮捕せよ!というわけで、なんでもこの“デマポリス”がロンドンにタイムワープしていくそうな(笑)。

ゴールドフィンガー [Blu-ray]ゴールドフィンガー [Blu-ray]
(2011/04/22)
ショーン・コネリー ゲルト・フレーペ 他

この作品の詳細を見る

でもボク自身が“デマポリス”の一員となってタイムワープするわけではなく、登場するのはこの番組の中のインタビューパート。収録は既に済ませてありますが、はたしてどんなコメントが、どういう形で使われているのかはまったく判りません。たぶん、フレミングの人となりについてのエピソードを語っているようなところが、ひと言ふた言(編集でカットされていなければ!)使われているのではないかと思います。スカイプを使った取材で、レイモンド・ベンソンのコメントもおそらく同時に登場しているはずです。(編集でカットされていなければ!)いずれにせよ、フジテレビの週末の深夜バラエティなので、内容については間違いなく“おちゃらけ系”ではないかとは思いますが(笑)、お暇な方は是非是非ご覧下さい。

007/赤い刺青の男―ジェイムズ・ボンド・シリーズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)007/赤い刺青の男
ジェイムズ・ボンド・シリーズ (ハヤカワ・ポケット・ミステリ)

(2003/10/10)
レイモンド ベンスン

商品詳細を見る

「ニューミュージック大全集」

中野のディスクユニオン、¥105 レコード シリーズの第三弾です。


「ニューミュージック大全集」。7枚入りで¥105。7枚入りでも、¥105。どんだけ安いねん。リリース元は東芝EMIで、EMIのフォーク、ニューミュージック、ロック系のレーベルである「EXPRESS」の音源ばかりを集めたベストアルバムになっています。アリス、オフ・コース、チューリップ、ハイ・ファイ・セット、ダウン・タウン・ブギウギ・バンド、甲斐バンド、荒井由実などなど、トータルで84曲を収録。アリスの曲でチェックしてみると、♪「ジョニーの子守唄」は入っているけれど、♪「チャンピオン」は入っていませんので、おそらくは1978年にリリースされたものだと思います。まさにニューミュージック、全盛の頃ですね。「モーリス持てば、スーパースターも夢じゃない」 by チンペイ♪


ただしこのセット、安かったのは良かったのですが、かなり汚い。倉庫や納屋にずっと積まれて野晒しにされていたものが、そのまま中古レコードとして流れてきたような感じ。少々の汚れならばそんなに気にはならない方なんですが、さすがにこれは困る。残念ですが歌詞カードも兼ねているジャケットはすべて処分し、レコードも埃や汚れが酷かったので、ターンテーブルに載せる前にさっさと洗ってしまうことにしました。レコードの洗い方は以前と変わりありません。洗剤をたっぷり泡立て、レコード面に付いている砂埃でキズをつけないように、シャワーを使って優しく手洗い。


汚れを洗い流してみると、どのレコードも盤面自体にノイズ源になるようなキズやソリが無いばかりか、レーベル面の“ヒゲ”もほとんどなく、驚くほど綺麗。(あまり聴かれていなかったのかな)最後にもう一度、盤面を精製水でクリーニングすれば、これで完了です。



レコードは洗ったら、もちろん内袋は新品に交換。まだ曲間にチリチリノイズが出るレコードもありますが、何度か針を落として再生しているうちに、ノイズの元になっている塵も掻き出されてくるでしょう。レコードジャケットの代用品として、厚紙で出来たインナースリーブを買おうかと思ってディスクユニオンの店頭で問い合わせてみると、これが5枚入りで500円。レコードよりも高いので諦めました(笑)。

ベスト・ニュー・ミュージック100ベスト・ニュー・ミュージック100
(2009/09/30)
オムニバス

このベスト盤の詳細を見る

「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」ストーリー盤

またまた珍しいものが手に入りました。


パッと見ると輸入盤のレーザーディスクのようにも見えますが、これもレコードです。「インディ・ジョーンズ 魔宮の伝説」(1984)のストーリー盤です。既に手元には、DVDやWOWOWでエアチェックしたハイビジョン版のディスクがあるわけですから、いまさらストーリー盤というのもなァ…と思いつつも、これまで聴いたことがありませんでしたし、珍しさもあってついつい手が伸びてしまいました。


このレコードは米盤です。レコード盤オリジナルのナレーションが追加収録されていますので、これまで聴いたなかで言うと「スター・ウォーズ ストーリー盤」と同じような印象です。もちろん映画本編を大胆に短縮したダイジェスト版になっていますが、映画版では使われていなかった台詞なども時折登場したりしていて、音から想像する絵の世界の面白さというものも確かにあるなぁと再確認した次第。レーベル面のインディのイラストもなにげに良い感じです。このレコードも、先日の「スター・ウォーズ 12inchシングル盤」と同じく、中野のディスクユニオンで発見。しかもこれまた¥105というバーゲンプライス。中野方面も侮れません。


16ページ、オールカラーの“スーベニア・フォトブック”がオマケで付いています。レコードを聴きながら眺める、“音の出るパンフレット”といったところでしょうか。その後ほどなくして、劇場公開後に長く待たされることなく、レンタルビデオで映画を観ることが出来る!という時代がやってくることになるわけですが、そういう意味ではまだこの「魔宮の伝説」の頃は、こういったストーリー盤のレコードは映画を追体験出来る、映画ファンにとってはとても大事なアイテムだったわけですね。

Indiana Jones: The Soundtracks Collection/O.S.T.Indiana Jones: The Soundtracks Collection/O.S.T.
(2008/11/11)
John Williams

このボックスの詳細を見る

そして、「幕末青春グラフィティ 坂本竜馬」。



金曜日の夜、日テレプラスでオンエアされた「幕末青春グラフィティ 坂本竜馬」。エアチェックをしながら、リアルタイムで観ていました。完璧です。懸念していたビートルズナンバーも、すべて当時のままでした。

日テレプラスのオフィシャルサイトには、主題歌は“武田鉄矢の♪「あの人のように」”となっていましたが、結局この曲はどこにも登場していませんでしたので、番組データに誤りがあるようです。さすがに初オンエア時にオープニングタイトル後に入っていたスポンサー名、ナレーションでもフォローされていた“サントリー”の部分はフェイドアウトしてカットされていましたが、それ以外は途中でCMも入らず、文句なしと言えるオンエアでした。これまでさんざんガビガビ&ボケボケ&ニジニジになってしまったVHSテープでずっと観ていましたので、まるでレストアされたかのような絵と音に驚いてしまいました。

THE BEATLES 1962 - 1970THE BEATLES 1962 - 1970
(2010/10/18)
THE BEATLES

このアルバムの詳細を見る

オープニングタイトル、ジョン・レノンの♪「Imagine」を除いて、劇中で登場したビートルズナンバーは、すべてこのベストアルバムに収録されています。本編中で使われていた曲は次の通り。♪「Love Me Do」♪「Eight Days A Week」♪「 I Want To Hold Your Hand」♪「Hey Jude」♪「While My Guitar Gently Weeps」♪「A Hard Day's Night」♪「Yesterday」♪「Ob-La-Di Ob-La-Da」♪「Girl」♪「Let It Be」♪「Help!」♪「All You Need Is Love」♪「Hello Goodbye」♪「Day Tripper」(登場順) そりゃこれだけあれば、パッケージ化もそう簡単には出来ないワケだな。土佐藩を脱藩してRoninとなり、京にやってくる竜馬(武田鉄矢)と沢村惣之丞(島田紳助)。賑わう町をバックに、このシーンで2回繰り返して使われる♪「Ob-La-Di Ob-La-Da」、面白いなぁ。♪「Girl」はお竜@夏目雅子のテーマ。お栄姉さん@真野響子の姿に被る♪「Yesterday」♪「Let It Be」も抜群にいい。この作品はいつものようなシーンチャプターではなく、ミュージックチャプターを打ち込んでディスクにしよう。

【スカパー!e2の日テレプラスで「幕末青春グラフィティ 坂本竜馬」を録る!】


次に予定されているリピート放送は、今月の26日(日)です。ラストチャンスかもしれません!

「スター・ウォーズ」12inch シングル盤

こんなレコードが手に入りました。


ご存知、「スター・ウォーズ」のオリジナルサントラ盤。なんですが、これはいわゆる“12inchシングル”盤です。リリースされた1977年にはまだ“12inchシングル”という呼び方が無かったので、当時は“ジャンボ・シングル”と呼ばれていたようです。通常の7inchドーナツ盤のシングルレコードは中古レコードショップの店頭でも時折目にしますが、このレコードは実物を見るのはこれが初めて。おそらくめちゃめちゃ貴重盤なのでしょう。中野のディスクユニオンで発見、さすがは「スター・ウォーズ」、プレミア価格の¥10000!


なんていうことはなく、なんと¥105なり。(貴重盤ではないのだな)A面には♪「スター・ウォーズのテーマ」、B面には♪「勝利と栄光のファンファーレ」(LP盤での邦題は♪「王座の間とエンド・タイトル」)をカップリング。収録曲はドーナツ盤と同じですが、この12inch盤には7inch盤のショートver.ではなく、LP盤と同じフルver.が収録されています。レコード盤もLPサイズですし、しかも45回転仕様。♪「スター・ウォーズのテーマ」を聴くなら、この12inch盤にしたいと思えるレベルの音質の差は、やはりしっかり感じ取れます。

スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]スター・ウォーズ オリジナル・トリロジー
ブルーレイBOX (初回生産限定) [Blu-ray]

(2011/09/16)
マーク・ハミル ハリソン・フォード 他

このボックスの詳細を見る

テーマ映画音楽 ジャンル映画

ハイ・ファイ・セットの「パサディナパーク」「インディゴ」

今日 登場するレコードは、Hi-Fi SET(ハイ・ファイ・セット)です。「パサディナ・パーク」と「インディゴ」。どちらもこの季節、春先から夏の終わりにかけて、特に大学時代によく聴いていたレコードです。ちょうど彼らが古巣であるアルファレコードから東芝を経てソニーに移籍し、それまでのニューミュージック、ジャズコーラス路線から“ちょっとお洒落なオトナのポップスグループ”へと歩み出した頃のアルバムです。


「Pasadena Park」(1984)。下北沢のディスクユニオンのセールで¥150なり。このレコード、とにかく音が良くてびっくりしました。レコード版はCD版に較べると、中低域の力強さが桁違いです。クレジットを確認してみると、ミキサーは吉田保。(タツローやナイアガラ系のスタッフとしてもお馴染みです)しかも、折しもソニーの信濃町スタジオでSONY PCM3324によるデジタル・レコーディングが始まったその恩恵もあるのか、アナログっぽくもありながら、SNが良く、いい意味で切れのあるシャープな音調に仕上がっています。当時、ディレクターズ・カンパニーの監督たちが演出を担当していたTV-CM「シチズン 19才リビエール」のCMソング♪「素直になりたい」、ユーミンの名曲♪「霧雨で見えない」などを収録。作家陣として杉真理、アレンジャーに井上鑑の両氏を迎え入れたことも功を奏した、Hi-Fi SETの代表作の一枚と言っていいと思います。


「Pasadena Park」の翌年にリリースされた「indigo」(1985)。渋谷のレコファンで¥100(!)なり。(掘り出し物でした) 前作のテイストを踏襲しながらも、さらに時代の空気を映し出したような明るく華やかなポップスアルバムです。このレコードもまた同じく、驚くほど音がいい。アルバムのリリースに合わせたツアーで、初めて彼らのコンサートを京都会館で見たのもこの時でした。当時、カネボウ化粧品のCMソングとして流れていた♪「星化粧ハレー」を収録。(“ハレー”はハレー彗星のこと。その頃、地球に大接近する!と世の中は大騒ぎなのでした) 山本潤子さんのヴォーカルの良さがひときわ光る♪「Boy Friend」も大好きな曲です。

GOLDEN☆BEST/ハイ・ファイ・セット 荒井由実・松任谷由実・杉真理作品集GOLDEN☆BEST/ハイ・ファイ・セット
(2002/06/19)
ハイ・ファイ・セット

このアルバムの詳細を見る

Hi-Fi SETのベスト盤は何枚もリリースされていますが、間違いナシ!のお薦めはこのアルバムです。
テーマ女性アーティスト ジャンル音楽

「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」、再び。

無ければ無いで レコードを聴くという行為に対してはなんの影響もありませんが、でもそれがお気に入りのレコードであればあるほど、ちゃんと有った方が絶対に嬉しい。それが、レコードジャケットの「帯」。


というわけで、この「交響組曲 宇宙戦艦ヤマト」。レコード盤そのものは以前、渋谷のレコファンで¥100で購入したものでしたが、ジャケットには帯が付いていませんでした。昔と同じように、今でもよく聴くレコードなので、出来れば帯だけが欲しいとずっと気にかけていたら、池袋のレコファンで帯アリの同じレコードを発見。ジャケットのコンディションも良い感じなので、手に入れておきました。こちらも¥100なり。これが一枚¥500、だとさすがに躊躇ってしまいますが、缶コーヒー一本分と思えば手も出しやすい。帯に躍る「20世紀の“白鳥の湖”」は少々大袈裟なものの、でもそういう惹句も帯の楽しみのひとつです。

交響組曲 宇宙戦艦ヤマト Symphonic Suite Yamato交響組曲 宇宙戦艦ヤマト Symphonic Suite Yamato
(1995/01/01)
シンフォニック・オーケストラ・ヤマト

このアルバムの詳細を見る

相変わらずCD版はプレミア価格のままですね。これなら¥100でレコードを手に入れて、とりあえず程度の良い中古のレコードプレーヤーを数千円で一緒に揃えた方が断然シアワセになれると思うんだけどなぁ。一年前、TechnicsのSL-1301から始めたボクが言うのですから間違いありません(笑)。


同じエサ箱に入っていた、ドラマ版の「宇宙戦艦ヤマト」(1977)。懐かしかったのでついでに一緒に手に入れておきました。こちらも同じく¥100なり。当時、まだビデオの無かった時代には、このレコードもヤマトファンにとっては必携版でした。TV版BGMコレクション集にはイントロのないショートバージョンしか収録されていなかった♪「真赤なスカーフ」は、このレコード版にはフルバージョンが収められています。やっぱりこの曲は、イントロがある方が断然良いもんなぁ。

SPACE BATTLESHIP ヤマト プレミアム・エディション 【Blu-ray】SPACE BATTLESHIP ヤマト
プレミアム・エディション 【Blu-ray】

(2011/06/24)
木村拓哉 黒木メイサ 他

この作品の詳細を見る

テーマアニメ ジャンル映画

「幕末青春グラフィティ 坂本竜馬」の想い出。

待ちました、ホントにこの時を待ちました。今週はいよいよ「幕末青春グラフィティ 坂本竜馬」の登場です。この“幻”のTVドラマが放送されたのは、1982年。ボクの記憶に間違いがなければ、そのオンエア以来、およそ30年ぶりに初めての再放送となるはずです。待ちました、ホントにこの時を待ちました。


オープニングタイトルに流れるのは、ジョン・レノンの♪「イマジン」。他にも、全編に渡ってビートルズ・ナンバーが惜しげもなく散りばめられています。(これが当時のTV界ではどれほど画期的で衝撃的なことだったか!)ですので、どう考えてもパッケージメディアでのリリースは望みようのない作品ですから、実は何年も前から、よく知る日本映画専門チャンネルのスタッフには繰り返して、オンエアのリクエストを個人的に出し続けていました。ちょうど福山雅治主演の大河ドラマ「龍馬伝」がNHKでスタートするというタイミングもありましたし、この「幕末青春グラフィティ 坂本竜馬」の演出の河合義隆氏は、日本映画専門チャンネル(日本映画衛星放送)の代表取締役社長でもある演出家の杉田成道氏(「北の国から」「最後の忠臣蔵」)の直近の後輩筋にあたる人物ですから、そういった繋がりでこの作品のオンエアが可能ではないかと考えていました。しかし残念ながら、力及ばずでこれまで実現はせず、そうこうしているうちに、制作局である日本テレビの系列CS局、日テレプラスで今回オンエアされることになったというわけです。いま、日本映画専門チャンネルで何度か放送されている「幕末青春グラフィティ RONIN 坂本竜馬」の前日談的な物語になっているのが、このTV版の「幕末青春グラフィティ 坂本竜馬」です。

【テレビドラマデータベースより抜粋】
■番組名:日本テレビ開局30年・読売テレビ開局25年記念番組
       サントリー・ドラマスペシャル「幕末青春グラフィティ 坂本竜馬」  
■キー局:NTV■放送日:1982.11.16■放送時間:21:02-22:54
■出演:武田鉄矢、夏目雅子、沢田研二、多岐川裕美、柴俊夫、石坂浩二、風間杜夫、真野響子、吉田拓郎、井上陽水、小室等、島田紳助、松本竜介、ふとがね金太、ビートたけし、佳那晃子、原田大二郎、美保純、浦田賢一、阿藤海、もんたよしのり、土屋嘉男、陣内孝則
■脚本:ジェームス三木、武田鉄矢
■演出:河合義隆



ただし、今回の日テレプラスでのオンエアについてはひとつ気になっているところがあります。1982年のオンエア時の主題歌(エンディングテーマ)にはアップした画像のテロップにもあるように、海援隊の♪「遙かなる人」という曲が使われていました。しかし現在、日テレプラスのオフィシャルサイトに掲載されている情報では、主題歌は“武田鉄矢の♪「あの人のように」”となっています。これはいったい何を意味するのか?もしかして音楽が一部、もしくは全編に渡って差し替えられているのだろうか?ビートルズの曲は登場しないのだろうか???この作品の第二弾に相当し、6年前に奇跡的にオンエアされた「幕末青春グラフィティ 福沢諭吉」では、初オンエア時に使われていたサイモン&ガーファンクルの楽曲をすべて別曲に差し替えたバージョンがかつてビデオソフト用に存在していたことはありましたが、同じようなバージョンが「幕末青春グラフィティ 坂本竜馬」でも作られていたのか?そういったエピソードはこれまで聞いたことはありませんが、これはもう今週のオンエアで確認してみないとわかりません。この作品はフィルムではなくビデオによる撮影、ビデオで仕上げられた作品ですので、マスターテープはSD素材。HD放送でもいずれにせよアップコン放送になりますので、ウチではスカパー!e2の日テレプラス(SD)でエアチェックをします。


実は1982年の初放送から数年後、この作品の演出をしていた河合義隆監督と不思議な縁があって出会い、およそ一年間ほど、氏から演出の勉強をさせて頂いていたことがありました。昨年の末にリリースされたDVD「幕末青春グラフィティ RONIN 坂本竜馬」のメイキング映像をご覧になった方はお判りかと思いますが、独特のカリスマ性と同時に、とても癖のある人物でしたので、まったく受け付けないという仲間もいましたが、ボクは尊敬し、憧れ、心酔していたと言ってもよいほど、この時に強い影響を受けました。劇中の高杉晋作(吉田拓郎)が羽織を肩に羽織って登場していますが、これはいつもジャケットに袖を通さず羽織っていた河合さんのスタイルそのもの。自分もプロになった時、いつかお互いプロとして一緒に映像の仕事が出来ればいいなぁと思っていたら、その数年後、当時交際していた女優の部屋で河合さんは自殺してしまいました。

そのまま映画監督として、演出家として今も生きていたら、その後はどんな作品を撮っていたのだろう。亡くなってからもう20年が経ちますが、時折、いまでもそんなことを思う時があります。以前、雑談のなかで河合さんが「三人の革命家を描きたい」と話されていたことがありました。武力による革命家、それが“坂本竜馬”。学問による革命家、それが“福沢諭吉”。そして三人目が……ところが実に情けないことによくは憶えていないのですが、それはおそらく芸術による革命家、“喜多川歌麿”……だったように思います。(“写楽”と言ったような気もするけれど、「福沢諭吉」に春画家の“歌丸”を登場させているのでたぶん歌麿で間違いないと思う)ですので、きっと映画かTVドラマで、「幕末青春グラフィティ or 大江戸青春グラフィティ 喜多川歌麿」として、この“河合義隆 日本の革命家シリーズ三部作”を完結させていたんじゃないかと思います。

幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬 [DVD]幕末青春グラフィティ Ronin 坂本竜馬 [DVD]
(2010/12/23)
武田鉄矢、吉田拓郎 他

この作品の詳細を見る

今日はなんだか取り留めのない、なんともまとめようのない、長い長いブログ記事になってしまいましたが、是非この機会に、少しでも多くの方にまずはこの「幕末青春グラフィティ 坂本竜馬」をご覧頂きたいと思っています。今ではもう決して作ることの出来ない、とにもかくにもめちゃめちゃ熱く、面白い作品です!

【これまでの関連記事】

2005年2月25日 「幕末青春グラフィティ 福沢諭吉」とは?

2005年2月26日 必録!「幕末青春グラフィティ福沢諭吉」

2009年9月14日 幻の「幕末青春グラフィティ 坂本竜馬」

「NIAGARA SONG BOOK」

梅雨の合間の気持ちよい晴れ間…だったらBGMはこのレコードですね。


「NIAGARA SONG BOOK」(1982)。30年経った今でも、驚くほどまったく古びることのない名盤です。前の年、1981年にリリースされていた「A LONG VACATION」のインスト盤、というよりもこれはストリングススコア盤といった内容ですが、「ロンバケ」の曲を中心に、他にも♪「オリーブの午后」♪「Water Color」♪「青空のように」♪「夢で逢えたら」が収録されています。インドアだろうがアウトドアだろうが、都会だろうが田舎だろうが、山だろうが海だろうが、お洒落なカフェだろうが地元の商店街だろうが、どんなロケーションで流れていても、そのシーンにしっくり馴染んでしまうというなんとも不思議なインストアルバムです。アレンジは井上鑑、プロデュースはもちろん大瀧詠一。

NIAGARA SONG BOOKNIAGARA SONG BOOK
(1991/03/21)
NIAGARA FALL OF SOUND ORCHESTRAL

このアルバムの詳細を見る

続編にあたる「2」もありますが、“エバーグリーン度”は、断然こっちの方が上。♪「FUN×4」の♪「さ~ぁ ポーカーならエースのフォーカード♪」のパートの琴の音なんか、何回聴いてもなぜかめちゃめちゃハマる。ベストシーズンはやっぱり夏ですが、春先から初秋の頃まで、余裕で楽しめるアルバムです。



ウチのナイアガラ系のフェイバリットレコードです。そういえば、「ロンバケ」の30周年記念盤のCDがリリースされた時のインタビューで「『EACH TIME』の master sound盤のレコードは使われたマスターが悪くて音が悪い」という大瀧詠一氏のコメントが飛び出していたその影響か、ここのところ中古レコードショップの店頭にはその「EACH TIME」のmaster sound盤がざくざく並んでいます(汗)。
テーマ本日のCD・レコード ジャンル音楽

♪「今日、恋が」


このレコードは下北沢のディスクユニオンのセールで¥100なり。知る人ぞ知る、スネークマンショーの2ndアルバム「戦争反対」(1981)です。A面1曲目♪「愛の出発」4曲目「愛の野球場」B面4曲目「愛の匂い」あたりでなにやら艶めかしい声が流れてきて、慌ててボリュームを絞った、という経験をお持ちのリスナーも多いでしょう。ジャケ帯にも刷られているように、ヘッドホンでひとりで聴くのが正解。とは言え、そのあまりにもエロティック過ぎるコントを目当てに、当時の健全なる青少年たちは(もちろんボクも含めて)家族には内緒でこのアルバムを秘かに聴いていたのでしょうけれど(笑)。やはりレコードだと声や息遣いが生々しく、さらに妄想が掻きたてられます。


そしてこのアルバムは、B面3曲目の♪「今日、恋が」を抜きにしては語れません。作曲は高橋幸宏、編曲は高橋幸宏&坂本龍一。もちろんキーボードは坂本龍一、ドラムスは高橋幸宏。ピアノやエレピを自在に操る、坂本教授のキーボード・プレイが絶品です。高橋幸宏のスキャットもダンディで、いい味わいがある。どこかピエール・バルーやフランシス・レイ風で、この季節の雨に煙る街の風景にぴったりでしょう?美しくもウェットで翳りのあるアレンジ、ちょっとフランス映画のサントラのような、ヨーロピアンテイストに仕上がっています。まるで“6月のテーマ曲”といった趣。(雨の日のドライブミュージックにも良さそう)なにゆえに、スネークマンショーの毒とエロスにまみれたシュールなコントのはざまに、これほどの名曲が差し込まれているのか。前からずっとご紹介したかった、お薦めの一曲です。

死ぬのは嫌だ、恐い、戦争反対!(紙ジャケット仕様)死ぬのは嫌だ、恐い、戦争反対!(紙ジャケット仕様)
(2011/06/22)
スネークマンショー

このアルバムの詳細を見る

テーマ映画音楽 ジャンル映画
シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

マグニフィセント・セブン(初回生産限定)
マグニフィセント・セブン(初回生産限定)

【劇場公開最新作がブルーレイで続々登場!】

    マグニフィセント・セブン(初回生産限定)
    マグニフィセント・セブン(初回生産限定)

    シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組
    シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組

    ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX(初回限定版)
    MovieNEX(初回限定)
    ※初回限定版はブラック・ケース仕様
    ※K-2SOのアウターケース付き

    ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEXプラス3D(初回限定版)
    MovieNEX プラス3D(初回限定)
    ※初回限定版はK-2SOのアウターケース付き

    【あの人気作がブルーレイでまだまだ登場!】

      タワーリング・インフェルノ 日本語吹替音声追加収録版
      タワーリング・インフェルノ 吹替追加収録版

      恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ
      恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ

      さらば愛しき女よ
      さらば愛しき女よ

      ディーバ
      ディーバ

      男と女 製作50周年記念 デジタル・リマスター版
      男と女 製作50周年記念 デジタル・リマスター版

      フラッシュ・ゴードン
      フラッシュ・ゴードン

      ズベズダ製プラモデル スター・デストロイヤー
      ズベズダ製プラモデル スター・デストロイヤー

      バンダイ製 タイ・アドバンストx1 & ファイター セット

      バンダイ製 Xウイング・スターファイター

      バンダイ製 AT-ST & スノースピーダー

      バンダイ製 AT-AT スノーウォーカー

      BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

      【『ローグ・ワン』SWシリーズ屈指の傑作!】

        メタコレ スター・ウォーズ ロゴコレクション シルバー
        メタコレ スター・ウォーズ ロゴコレクション シルバー

        【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

          ブルーレイ 50枚パック
          三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル





          【お問い合わせ】


            06 2011
            SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            - - - 1 2 3 4
            5 6 7 8 9 10 11
            12 13 14 15 16 17 18
            19 20 21 22 23 24 25
            26 27 28 29 30 - -

            Archive RSS Login