気が早いが…カラパナ。

天気が良くなって、少しでも暖かくなるとはやる気持ちが抑えられなくなりませんか。


いくらなんでもまだ3月じゃないかというハナシもありますが、気持ちの良い日はカラパナが聴きたくなります。手持ちのライブラリーのなかにはカラパナのレコードがなかったので、渋谷のレコファンで手に入れてきました。「メニィ・クラシック・モーメンツ」のオリジナルサントラ盤。音楽はカラパナ。来日記念盤とジャケ帯に刷られていますから、おそらく1977年のリリースでしょう。2枚組で¥380なり。


当時、カラパナは“サーフミュージック”と呼ばれていて、日本でも大ブームだったサーフィンシーンのBGMとして欠かせない音楽でした。このアルバムはサーフィンを題材にしたドキュメンタリー映画のサントラ盤で、カラパナのベスト盤のような選曲になっています。波が打ち寄せる音や、DJ風のナレーションも収録。ボク的にはサーフィンの気分を満喫するための音楽というよりも、フュージョンやAORのような感覚でカラパナを聴いていました。



カラパナといえば、映画「波の数だけ抱きしめて」。劇中では♪「ワイキキの熱い砂」♪「虹を追う男」が使われていて、80年代の夏の海の雰囲気を盛り上げています。

Summer of 1982~Kiwi FM プレイリストSummer of 1982~Kiwi FM プレイリスト
(2010/08/04)
オムニバス

このアルバムの詳細を見る

そして先週の土曜日から、NHK-BSプレミアムで80年代洋楽大好きおっちゃん&おねえちゃん向きの特番がどどっと組まれています。なかなか珍しい映像も含まれていたりして、第1夜の「DISCO GROOVE ~永遠のDISCO HITS」では、初めてバリー・マニローの♪「コパカバーナ」のミュージックビデオを見ることができました。続いて今夜から始まる「BS洋楽グラフィティー80's」は、Vo1.1からVol.10まで、全部でなんと10時間のプログラム!これはもう録るしかないでしょう。



「BS洋楽グラフィティー80's」のオンエア予定
テーマAV機器レビュー ジャンル映画

ボンド最新作の邦題決定 「007/スカイフォール」

007シリーズ最新作の日本語タイトルが「007/スカイフォール」となることが正式に発表されました。

≪シリーズ生誕50周年!≫ 
ボンド最新作の邦題決定!!「007/スカイフォール

ダニエル・クレイグ演じるジェームズ・ボンド 待望の第3作目が、この冬スクリーンに帰ってくる!!全世界で愛されている世界最長シリーズ作品である007シリーズ。第23作目となる最新作のタイトルが「Skyfall」(原題)と発表されたのが昨年イギリス ロンドンで11月3日。ついに日本での公開タイトルも「007/スカイフォ-ル」(読み:ダブルオーセブン・スカイフォール/配給:ソニー・ピクチャーズ)となることが正式に発表された。

ジェームズ・ボンド役には2006年の「007/カジノ・ロワイヤル」(原題:Casino Royale)2008年の「007/慰めの報酬」(原題:Quantum of Solace)に続き3度目のダニエル・クレイグ、監督はシリーズ史上初めてオスカー監督がメガホンをとるサム・メンデス監督(「アメリカン・ビューティー」にてオスカー受賞)悪役を演じるのは、こちらもオスカー俳優のハビエル・バルデム。そしてボンドの上司「M」を、お馴染みジュディ・デンチが演じる。ボンドガールを演じるのは仏女優ベレニス・マーロウ、英女優ナオミ・ハリス。そのほか、英俳優レイフ・ファインズ、アルバート・フィニーも出演する。プロデューサーはバーバラ・ブロッコリ、マイケル・G・ウィルソン。

正式発表された概略は簡潔で曖昧にしてあるものの、007の上司でこれまであまりスポットライトを浴びることのなかったM(ジュディ・デンチ)を中心に物語が展開されることが判明。公式発表されたあらすじは以下の通り。

「Mが過去の亡霊に付きまとわれるにつれて、007の忠誠心が試されることになる。

MI6が標的にされるなか、007はその脅威を見つけ、破壊しなくてはならない。

たとえ、その代償がいかに個人的なものであったとしても」


skyfall m

メンデス監督は、 「多くのアクションを含む、歴代ボンド映画のすべての要素を込める」と語った。現在はトルコ・イスタンブールにて快調に撮影中。今回は、ロンドン、スコットランド、上海、などでのロケ撮影が予定されている。

ショーン・コネリー(Sean Connery)が初めてボンドを演じたシリーズ第1作「007/ドクター・ノオ(Dr. No)」から【シリーズ生誕50周年】という記念すべき年に公開される本作「007/スカイフォール」は、10月26日に英国とアイルランドで世界初公開となり、11月9日には米国で公開、日本では12月1日(土)に公開を予定している。

007製作50周年記念版 ブルーレイ BOX 〔初回生産限定〕[2012年秋発売予定(発売日未定)] [Blu-ray]007製作50周年記念版
ブルーレイ BOX
〔初回生産限定〕[2012年秋発売予定] [Blu-ray]

(2099/01/31)
ショーン・コネリー他

このボックスの詳細を見る

祝!邦題決定!ということで、おそらく四月に入ったあたりで、日本の007ファンがびっくり仰天するニュース 第一弾!をこのブログでお伝えすることが出来るようになると思います。
テーマBlu-ray ジャンル映画

OPPO BDP-95 Pochi!

「HiVi」誌上はもちろん、オーディオビジュアル愛好家の間では既に評価も人気も高い、ユニバーサルBDプレーヤー、OPPOのBDP-95。間もなく完成する新シアターに加えることにしました。



今回、プロジェクターには最新機のVPL-VW95ではなく、型落ち(型々落ち?)のVW85を選んだ。エリート製のカーヴドスクリーンもDVDO EDGE GREENも、米国から個人輸入で取り寄せた。ならば、各機の導入で少しづつ余った予算を使って、絵だけではなく音にもこだわったプレーヤーを久々に用意したい。もちろん、このBDP-95も米国のOPPOから直接購入すれば、国内で手に入れるよりもおよそ半額に近い値段になる。というわけで、本日ポチッ!とオーダーを完了。特にこのBDP-95は、マルチよりも2chのアナログ出力に力が入れられているモデル。ウチのシステムにはぴったりなのです。     (つづく)

The Beatles [USB]The Beatles [USB]
(2009/12/08)
The Beatles

このUSBの詳細を見る

これからはこんな音源も聴けるようになる! 先日、HiVi視聴室でポール・マッカートニーの強烈なハイレゾ再生に出くわして、これがもう衝撃的で…というハナシはまた今度。
テーマAV機器レビュー ジャンル映画

アナモフィックレンズホルダー 完成!



アナモフィックレンズホルダー by 勝手に SONY (笑)。ペイントが終わってひとまず完成しました。


塗装に使ったのは工作用の水性ラッカー。ササッと塗れてすぐに乾きます。


SONY VPL-VW85と組み合わせてみました。勝手にSONYロゴが、勝手に効いている。パナソニック製のレンズなんだからロゴが違うじゃないか!というハナシもありますが、まぁいいでしょう(笑)。まだレンズホルダー設置用のガイドレールは固定していませんが、だいたいこんなイメージになるはずです。目測だと、レンズホルダーは5㎜よりももう少し、おそらく8㎜ほど高くすれば、プロジェクターのレンズのセンターと、アナモフィックレンズのセンターが一致するはずです。    (つづく)
テーマAV機器レビュー ジャンル映画

アナモフィックレンズホルダー制作記


とりあえずタッパーウェアを使って、試しにアナモフィックレンズをプロジェクターの前に置いてみたら、レンズホルダー台のイメージが掴めた。というわけで、さっそく実際に自作してみることにしました。レンズの横幅は12㎝、高さは10.9㎝で厚みは4㎝。このレンズを角材で四角く囲ってホールドし、プロジェクター台に設置をすることが出来るレンズホルダーが完成すればOKです。



“日曜大工”ならぬ“祝日大工”。近くにあるホームセンターに出掛けて材料を調達してきました。ダミーで使ったタッパーウェアの高さは、4.5㎝。材木売場で見つけた角材は4㎝×4㎝。そのままだと高さが5㎜足りないので、5㎜厚の角材も念のため手に入れておきました。持ち帰ったらすぐに作成に取り掛かれるように、有料でしたがあらかじめカットしてもらっています。組み立てには木工用のアロンアルファを使用。費用は、ぜんぶ合わせると1500円程度です。


瞬間接着剤を使ったので、あっけないほどすぐに出来上がってしまいました。


アナモフィックレンズを嵌めてみたところ。緩くもなく、キツくもなく、スコッと収まっています。


プロジェクターの前に設置してみるとこんな感じになります。今の状態だとタッパーウェアの高さよりも5㎜低いままですが、必要であれば5㎜厚の角材をレンズホルダーの下部に接着すればOKでしょう。



レンズホルダーの内径は、良くも悪くもアナモフィックレンズにぴったりの寸法でしたので、もう気持ち、きつめにホールドしておきたい。くさびとして爪楊枝をカットして上下に挟むと、いい具合に締まりました。


このレンズホルダーをプロジェクター前の置いたり、外したりという動作が簡単に出来るように、プロジェクターの前に写真のような“ガイド”を作って、プロジェクター台に固定しておこうと考えています。あえてスライド式にこだわらなくても、この方法だとすぐにセッティングも可能だし、安定感も悪くない。カッティングして余った角材がありますので、これを流用すれば一石二鳥です。



アナモフィックレンズとプロジェクターに合わせて、仕上げにフラットブラックで塗装します。  (つづく)

いまsekaimonでは このアナモフィックレンズ Panasonic AG-LA7200が 3本 出品されています
テーマBlu-ray ジャンル映画

アナモフィックレンズ+VW85 イメージ



ウチにあったタッパーを使って、試しにVPL-VW85の前にアナモフィックレンズを置いてみた。


プロジェクター台として使っているのは、TAOC製のオーディオボード。タッパーウェアは、もうどんぴしゃと言ってもいいくらい、横幅も高さも申し分ありません。まるでアナモフィックレンズに寸法を合わせて作ったかのように、プロジェクターのレンズのセンターに嵌まっています。ですが、さすがにレンズ自体の重みでタッパーの底がしなっていて、アナモフィックレンズの平衡がとれませんので、このまま流用というわけにはいきません。硬い木のブロックを組み合わせて、このタッパのようなものを作ればいい感じで収まるかな?
テーマAV機器レビュー ジャンル映画

回想・・・「突っ張りポールでスクリーン」。



スクリーンが無事に届き、さて突っ張りポールを使ってどうやって吊るか・・・と考えながら、またまた月刊「HiVi」のバックナンバーを引っ張り出してきました。これは2005年の1月号です。



オーエスのピュアマットIIプラスで、16:9サイズの100インチ。電動巻き上げ式のスクリーンを使っていた時のシアターです。部屋の両壁に一本のポールを突っ張らせてスクリーンを吊るすよりも、この時のパターンのように、床と天井に2本のポールを突っ張らせて固定する方が良いのではないか?と考え直しました。ポールの代金が×2になってしまいますが、やはり地震が頻繁に起こる今の状況だと、少しでも強度がキープできる方がベターでしょう。

ヒガシ HPシリーズ HPS20-4 突っ張り収納システム 突っ張りポール 天井高H2,200~2,600mm カラー:黒ヒガシ HPシリーズ HPS20-4
突っ張りポール
天井高H2,200-2,600mm カラー:黒



商品詳細を見る

今回は、このポールのブラックタイプにしようと思います。ヒガシHPシリーズは、ホームシアター用途でもよく使われているシリーズで、アタッチメント類も豊富に用意されています。

ヒガシ HPシリーズ HF76 突っ張り収納システム 棚受けホルダー 取付金具色:黒ヒガシ HPシリーズ HF76
棚受けホルダー 取付金具 色:黒


商品詳細を見る

ポールとスクリーンの固定には、この棚受けホルダーを使ってスクリーンのフレームを上下から挟み込むのはどうだろう?と考えています。耐荷重は20kg。見た目にも良さげにまとまりそうな雰囲気です。とにもかくにもまずはスクリーンの設置位置を決めないと、プロジェクターを置く位置も決めることが出来ませんものね。日曜日、いろいろ再検討してみてOKっぽければオーダーしてしまおうかと思います。  (つづく)
テーマAV機器レビュー ジャンル映画

エリートスクリーン、到着。

さぁ お待ちかねのスクリーンが到着しました。荷物を受け取った時の第一印象は、「でかい!」。




まずは品番を確認したら、さっそく梱包を解いて中身のチェック。綺麗なもんです。



フレームが曲がっている!曲がっているんです。それがカーヴドスクリーン。


肝心のスクリーン生地は硬い塩ビ管にきっちりと収納されていて、輸送中に荷崩れも起こさず、まったく問題がありません。あとは、同梱されている図面を見ながら組み立てるだけ。いよいよここからが本番です。


テーマAV機器レビュー ジャンル映画

回想・・・「六畳間シアター」。

彼の地にある輸入代行会社から送られたスクリーンが、東京の空港に到着したようです。となると、さすがに気分も盛り上がってきましたので、そろそろ新シアター構築に向けてのイメージトレーニングの開始。



というわけで、月刊「HiVi」のバックナンバーを引っ張り出してきました。14年前、1998年の4月号。



それまで使っていたソニー製の液晶式プロジェクター(LPH-520J2→VPL-400QJ)から、初の三管式プロジェクター、BARCOのVISON701Sを導入した時のレポートです。プロジェクターのリプレイスに併せて、スクリーンもキクチの巻き上げ式のビーズタイプから、初のスチュワート製をチョイス。スクリーン生地はHD130で、この時はまだ4:3サイズの90インチでした。スクリーンを貼りこんだスナップフレームを、壁に突っ張らせた突っ張りポール(小さな撮影スタジオで使うポールキャット)で吊り下げてあります。今回の新スクリーンもおそらく、この方法でフレームを固定することになる・・・予定です。サウンドシステムは、今にして思えばこの頃はまだまだ可愛いもんですね(笑)。とはいえ、既にDVDプレーヤーにはパイオニアのDV-S9、GBRプロセッサーにビスコムの(懐かし~)VSA9000を使っていました。



そしてそれから・・・3年後。2001年の12月号。



スピーカーが総とっかえになっています。オールウエストレイクオーディオ。AVシステムもこの時はマッキントッシュ製(MSD4+MC7205)ですね。クレルのDACや、電源ケーブルには“蛇”なんかも入っています。病気です(笑)。センターチャンネルに使っていた、ウエストレイクのスタジオモニター用のBBSM-8Fは今はもうディスコンになってしまっていますが、本当にいいスピーカーでした。プロジェクションシステムに変更はないものの、この頃は既に上原さんによるチューニング済みで、DVDプレーヤーはソニーのDVP-S9000ES、RGBデコーダーは三菱のD-2001に変わっています。

Super Hivi Cast [Blu-ray]Super Hivi Cast [Blu-ray]
(2009/05/30)


システムを変えたらこのディスクでチェック!

その後、次から次へと引っ越しをするたびにシステムがごろごろと変わっていきますが、いずれも設置の自由度は高い部屋ばかりでしたので、新シアター構築のための参考にはなりません。オーディオ&ビジュアルの原点となった、ちょっとばかし不自由なこの「六畳間シアター」が出発点になります。
テーマAV機器レビュー ジャンル映画

DVDO EDGE GREEN 到着



米Amazon.comのショップ HiDEF LIFESTYLE 経由で取り寄せていた DVDO EDGE GREEN が到着しました。


日本から注文したのが2月28日で、3月13日の到着。(Shipping Method:Standard Shipping) EDGEの本体価格は$499。Shipping & Handling料金が$80。トータルで$579。国内でかかる通関料が¥200、消費税と地方消費税が¥1100。1ドル83円としても、全部でおよそ¥49,000くらいで収まります。


HiDEF LIFESTYLE 経由なら直接購入できる DVDO EDGE GREEN

アナモフィックレンズ、AG-LA7200とプロジェクターのVPL-VW85をどうやってセッティングするか?スクリーンをどうやって固定するのか?トライしなければならないことはまだまだあるのに、どうもスクリーンが手許にないとヤル気が起きません(笑)。と、そうやって呑気に構えているうちに、いよいよシネスコ&カーヴドスクリーンも輸入代行会社から日本に向けて発送されました。そろそろエンジンを掛けねばなりませんね(汗)。
テーマAV機器レビュー ジャンル映画

「あの胸にもういちど」サントラ盤

「あの胸にもういちど」のサントラ盤のレコードが手に入りました。



イギリスのキャメラマン、ジャック・カーディフが監督を兼ねた1968年の作品。主演は、ミック・ジャガーの恋人ということで有名だったマリアンヌ・フェイスフル。共演はアラン・ドロン。ヌーベルヴァーグ風モンド映画というか、アバンギャルドな珍作といった雰囲気ですが、オリジナル・タイトルの「The Girl On A Motorcycle」の通り、黒い革のライダースーツ姿でバイクに跨るマリアンヌ・フェイスフルがコケティッシュで可愛い。「ルパン三世」の峰不二子のモデルになった、とも言われていますが、どちらも原典は1965年公開の「007/サンダーボール作戦」に登場していたフィオナ@ルチアナ・パルッツィでしょう。


音楽の担当はレス・リード。(って言ってもさほど有名ではない) 疾走感あふれるオーケストラアレンジが気持ちよく、人気のあるサントラ盤でもありますので、オリジナル盤はもちろんのこと、レコード盤にはなかなかお目にはかかれません。今回手に入れたのは、イタリアで1999年にリイシューされた再発版。180グラムの重量版仕様です。渋谷のディスクユニオンで発見。¥1000なり。



このオープニングがとにかく抜群にかっこいい!タイトルワークなんて、ちょっと新鮮なくらい。

Girl on a MotorcycleGirl on a Motorcycle
(2000/01/17)
Les Reed

このアルバムの詳細を見る

テーマ本日のCD・レコード ジャンル音楽

金田一映画史上に残る屈指のクオリティ! 「悪魔の手毬唄」

BS放送では初めてのオンエアとなった、「悪魔の手毬唄」のニューHDマスター版。



データ量で比較してみると、先にオンエアされたCS放送の衛星劇場HD版では3,907MB。対して、今回のBS日本映画専門チャンネル版ではなんと4倍近い15,442MBをキープ。しかもその差がしっかりと絵のクオリティに反映されています。ニューHDマスターのコンディションは良好なものの、CS版ではカメラが動いたり、俳優が動くたびに絵がもたつくのが頻繁に感じられていましたが、BS版にはまったくそういった挙動はありません。絵のクリアさ、そしてコントラストの強さゆえに、同じマスターであるにもかかわらず、消し残されたフイルムのキズやゴミがCS放送時よりも逆に目立ってしまうほどです。しかしなにより、重く、艶のある“黒”の再現力が格段に向上している。これはとにかく素晴らしい。


芸達者な演技陣による、これまでは気づかされることがなかったなにげない演技、隅々まで手を掛けられた美術セット、編集のカッティングのタイミングまでもが如実に表現されるようになりました。いずれはWOWOWやNHK-BSでもオンエアされるのでしょうけれど、おそらくマスターは同じでしょうし、少々データ量が増えることになったとしても、絵の印象はそれほど変わらないはず。また、この先リリースされるであろうブルーレイディスクも、マスターが変わらない限りは今回のオンエアの感動を大きく越えることはないように思います。まさに金田一映画史上に残る、屈指のクオリティです。遂に劇場公開時のフィルムを超える時がやってきた、と言っても決して過言ではないでしょう。

悪魔の手毬唄 オリジナル・サウンドトラック盤(紙ジャケット)悪魔の手毬唄
オリジナル・サウンドトラック盤(紙ジャケット)

(2011/07/06)
オリジナルサントラ

このサントラの詳細を見る

BS放送で金田一耕助シリーズ、始まる。



BS放送での“金田一耕助シリーズ祭り”、先週からスタートしました。


まずはこちら。古谷一行が最初に金田一さんに扮したシリーズ、当時は毎日放送で放送されていた「横溝正史シリーズ」です。ウチでは「I」からは「犬神家の一族」と「本陣殺人事件」、「II」からは「八つ墓村」が保存盤。特に「本陣殺人事件」は密室トリックの克明かつ大胆な映像化が素晴らしく、名作に仕上がっていると思います。

金田一耕助の冒険 特別版金田一耕助の冒険 特別版
(2000/01/07)
茶木みやこ 他

このアルバムの詳細を見る

今ならこのシリーズは、BSスカパー!で無料放送。今週、6日(火)からリピート放送が始まりますのでお忘れなく。茶木みやこの唄うエンディングテーマ、「I」の♪「まぼろしの人」、「II」の♪「あざみの如く棘あれば」がドラマに余韻を感じさせていいんですね。映画版とはまた別の味わいがあります。



そして3月からBS局もスタートした、BS日本映画専門チャンネル。こちらでは、石坂浩二版金田一耕助シリーズが全作オンエアされます。4日までは開局記念の無料放送で、まず最初にエアチェックしたのは第一作目の「犬神家の一族」です。


左の画像は、今回エアチェックしたBS日本映画専門チャンネル版。右の画像は2008年にオンエアされたWOWOW版です。おそらく同じ世代のマスターが使われていると思います。パッと見た印象ではさほど違いがあるようには感じられませんが、データ量をチェックしてみると、WOWOW版の方が大きく、また音声レベルがBS日本映画専門チャンネル版は(同局の他のプログラムに比べても)低い。


「犬神家の一族(1976年版)」のリピート放送は、5日(月)。また、「悪魔の手毬唄」は6日(火)、「獄門島」は7日(水)のオンエアです。続く「女王蜂」「病院坂の首縊りの家」は月末の24日(土)の放送予定。予告編などを見た印象では、先に衛星劇場HDでオンエアされた時のものと同じ世代のマスターだと思います。つまり、「犬神家の一族」と「女王蜂」を除いてはニューマスター版です。BS局ではこれが初放送になります。間違いなくCS版よりもオンエア条件はいいはずですから、この機会に必ずチェックです。


「犬神家の一族」は2006年のリメイク版と、豊川悦司が金田一耕助に扮した「八つ墓村」もオンエア。



さて、このBS日本映画専門チャンネル。先に録画した「犬神家の一族」はWOWOW版と比べてデータ量は低かったのですが、同じく週末にエアチェックした「私をスキーに連れてって」はWOWOW版とほぼ同じ、また「蘇る金狼」はCS局の日本映画専門チャンネルHDで録ったものよりも圧倒的に勝っていました。作品によってばらつきがある、ということなのでしょう。とはいえ、CS時代にエアチェックしてライブラリー化した作品は、これからすべてBS放送で録り直し、ですね。成瀬巳喜男監督作品をはじめ、宮川一夫撮影作品、ATG作品、あやポン@若尾文子主演作品などなど、こりゃ結構な本数になるぞ(汗)。

アナモフィックレンズがやって来た。

アナモフィックレンズが届きました。


取り出して手にしてみると、想像していたよりも大きく、ずっしりと重い。レンズカバーに貼られた黄色いステッカーに「ALAN GORDON ENTERPRISES」とありますが、これはハリウッドにある撮影機材会社で、ここがebayに出品したものですね。このレンズはなんといっても今回のアナモフィック計画のかなめ。輸送中の事故などもなく、無事に到着してひと安心です。


ボディに使い込まれた感じはありますが、プロ用の機材だけあってさすがにレンズはしっかりケアされているし、コンディションもいい。さて、どうやってこのAG-LA7200をソニーVPL-VW85のレンズ部と合うように装着するか。いいアイデア、募集中です。
テーマAV機器レビュー ジャンル映画

スクリーンはシネマスコープで。



ebay経由で手に入れたアナモフィックレンズ、AG-LA7200が成田空港に到着。通関審査を通ったというメールが届きました。ということはもうすぐウチにやってくるではないか。



追ってオーダーしたDVDOのEDGE GREENも、彼の地アメリカから既に発送済み。これはうかうかしていられない、早くスクリーンを決めてしまわねば!というわけで、「HiVi」のバックナンバーを取り出してシネスコ特集をじっくりと再読。


2008年の1月号と2009年の7月号。まさかそんな何年も前のバックナンバーを読むことになるとは思ってもみませんでした。特集記事のなかで、アメリカのホームシアターでシネスコスクリーンが標準となったいきさつについてレポートされています。曰く、これは人の視野角と関わりがあるのだと。「人は上下に対しては視野角は狭いが、左右に対しては広い。(中略)上下の動きには適応性が鈍いのに、左右に対しては許容性がある」。記事の中で堀切サンも指摘しているように、つまりこれは映画館の映写のケースと同じだ。基準はシネマスコープサイズになるわけだ。よし、スクリーンのアスペクトはシネスコに決めた。

テーマAV機器レビュー ジャンル映画
シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

マグニフィセント・セブン(初回生産限定)
マグニフィセント・セブン(初回生産限定)

【劇場公開最新作がブルーレイで続々登場!】

    マグニフィセント・セブン(初回生産限定)
    マグニフィセント・セブン(初回生産限定)

    シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組
    シン・ゴジラ Blu-ray特別版3枚組

    ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEX(初回限定版)
    MovieNEX(初回限定)
    ※初回限定版はブラック・ケース仕様
    ※K-2SOのアウターケース付き

    ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー MovieNEXプラス3D(初回限定版)
    MovieNEX プラス3D(初回限定)
    ※初回限定版はK-2SOのアウターケース付き

    【あの人気作がブルーレイでまだまだ登場!】

      タワーリング・インフェルノ 日本語吹替音声追加収録版
      タワーリング・インフェルノ 吹替追加収録版

      恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ
      恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ

      さらば愛しき女よ
      さらば愛しき女よ

      ディーバ
      ディーバ

      男と女 製作50周年記念 デジタル・リマスター版
      男と女 製作50周年記念 デジタル・リマスター版

      フラッシュ・ゴードン
      フラッシュ・ゴードン

      ズベズダ製プラモデル スター・デストロイヤー
      ズベズダ製プラモデル スター・デストロイヤー

      バンダイ製 タイ・アドバンストx1 & ファイター セット

      バンダイ製 Xウイング・スターファイター

      バンダイ製 AT-ST & スノースピーダー

      バンダイ製 AT-AT スノーウォーカー

      BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

      【『ローグ・ワン』SWシリーズ屈指の傑作!】

        メタコレ スター・ウォーズ ロゴコレクション シルバー
        メタコレ スター・ウォーズ ロゴコレクション シルバー

        【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

          ブルーレイ 50枚パック
          三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル





          【お問い合わせ】


            03 2012
            SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            - - - - 1 2 3
            4 5 6 7 8 9 10
            11 12 13 14 15 16 17
            18 19 20 21 22 23 24
            25 26 27 28 29 30 31

            Archive RSS Login