LEDソードでジオラマ撮影。



バンダイ謹製「浪人 ボバ・フェット」にコトブキヤ製のLEDソードを組み合わせてジオラマで撮影。腰の長刀の鞘もコトブキヤ製だ。

壽屋製モデリングサポートグッズ LEDソード



コトブキヤ製モデリングサポートグッズ LEDソード。これは素晴らしい!



ボディも照らし出す余裕の光量で色も強い。



剣先は2種類同梱されている。先の丸いライトセーバー風。値段以上の出来だ。


管球再生式映画館コトブキヤ
M.S.G モデリングサポートグッズ
LEDソード RED Ver.

この製品の詳細を見る

雨のぱらつく早朝ロケ。



バンダイ謹製「浪人 ボバ・フェット」。煽って撮りたいとなると自ずと地面に這いつくばることになる。手にはスマホを構えている。傍から見るとこれは相当に“変なおぢさん”である。というわけでまだひと気のない、雨のぱらつくなかでの早朝ロケである。

壽屋製モデリングサポートグッズ LEDソード



壽屋製モデリングサポートグッズ LEDソード GREEN Ver. 。今はこんなものが安価で出ているのだな。是非これはボバ侍に組み合わせたい。赤と迷うところだがボディに合わせてグリーン。ちゃんと発光する。

「スリーピー・ホロウ 首なし騎士」BOXセット



ここのところ馬のフィギュアを探していたのだが、マクファーレン・トイズ製の「スリーピー・ホロウ 首なし騎士」BOXセットを発見。 候補は2種類あった。マクファーレントイズ製『スリーピー・ホロウ』版とトイビズ製『ロード・オブ・ザ・リング』版。どちらも黒いボディで似た印象だが、ググるとマクファーレントイズ製のほうが良さげで、ジオラマベースが付いているのも決め手となった。この McFarlane Toys Sleepy Hollow Deluxe Headless Horseman 3 Piece Deluxe Box Set は黒い馬、ジオラマベース、首なし騎士の3点セット。ちょうど中古品も見つけた。これにバンダイ謹製の「浪人 ボバ・フェット」を換装するわけだ。

久しぶりに『ウィロー』。



今夜これからのロードショーは久しぶりに『ウィロー』。いま巷でうわさのロン・ハワード監督作。

『Ghost in the Shell 2.0』



久々に『攻殻機動隊2.0』。絵やアテレコのver.はオリジナル版の方が良いという印象は変わらないものの、圧倒的な音のクオリティ差をあらためて実感する。「2.0」のサウンドミックスはスカイウォーカーサウンド。このクオリティレベルでオリジナル版をレストア&再ミックスしたver.が聴きたい。

管球再生式映画館Ghost in the Shell 2.0

この作品の詳細を見る

バンダイ謹製「浪人 ボバ・フェット」 ロケ。





ジオラマを自作したらどれだけの手間がかかるだろう?秘境でのロケ撮影。

管球再生式映画館名将ムービーリアライゼーション
スター・ウォーズ 浪人 ボバ・フェット

このモデルの詳細を見る

『嵐を呼ぶ男』『銀座の恋の物語』



NHK BSプレミアムで『嵐を呼ぶ男』『銀座の恋の物語』。ともに4Kデジタルリマスター版。このマスターは上映用?BD用?なのだろうか。グレインはやや強調気味の絵。製作時は東洋現像所が使われているのでレストアもイマジカだろう。年度の古い『嵐を呼ぶ男』のほうがシャープで解像度も高い。

『ハン・ソロ』にロン・ハワード。



「突然の贈りもの」



ギタリストの松木恒秀、逝く。大貫妙子の「ミニヨン」から「突然の贈りもの」を聴く。

『ハン・ソロ』 監督降板騒動。

絶賛撮影中の『ハン・ソロ』(仮)から監督が降板するっていうんで朝から大騒ぎだ。“降板”ではなくこれは“更迭”だろう。いろいろ情報が流れているけれど、おそらく脚本のローレンス・カスダンが、かつて旧シリーズで自らが作り上げ、本作でも脚本上でイメージしていたハン・ソロ像になっていない、撮影もいよいよあと一か月となり、プロデューサーのキャスリーン・ケネディに「このままやったらあかんで」と強く進言した、というところなのではないだろうか。普通ならここで「まぁまぁまぁ」とプロデューサーが話を収めるところだが、カスダンはシリーズのご意見番のような存在。(本作では製作総指揮も兼ねている)ラッシュフィルムなどを見てキャスリーン・ケネディも常々思うところがあったのかもしれない。後任の監督は近日中に発表になるという。いま名前が挙がっているのが(公式発ではないが)ロン・ハワード、ジョー・ジョンストン、そしてローレンス・カスダン。生粋のルーカスフィルム人脈だ。個人的にはジョー・ジョンストンかカスダンにやって欲しい。一択なら断然カスダン。どないでっしゃろ?



“浪人 ボバ・フェット”。ロケハン。



ロケハンがてら近所を散策。足元の苔がいい味を出している。



近くの公園の一角に良さげな木の根元を発見。しばらくここを勝手にロケセットとして使わせてもらうことにした。雑草や落葉などはスケールが合わないのでキレイに取り除き、木の根も掘り起こして陰影がつくようにアレンジ。



同梱の刀は脇差のように短い。機動力重視のボバらしさはあるが、コトブキヤ製のウェポンユニット“日本刀”に換装することにする。

管球再生式映画館名将ムービーリアライゼーション
スター・ウォーズ 浪人 ボバ・フェット

このモデルの詳細を見る

シエナ・ウインド・オーケストラの「THE テーマ」。



シエナ・ウインド・オーケストラの「THE テーマ」。「月曜ロードショー」「水曜ロードショー」「金曜ロードショー」「ゴールデン洋画劇場」「日曜洋画劇場」、各映画番組のOP曲&ED曲を収録。なぜか「月曜」のEDだけが未カヴァーだ。惜しい。

管球再生式映画館「THE テーマ」

このアルバムの詳細を見る

日曜日の夜は「日曜洋画劇場」。



というわけで日曜日の夜は「日曜洋画劇場」。神津善行によるオープニングのテーマ曲を収録したレコードを見たことがあるような無いような…記憶は定かではないが、シエナ・ウインド・オーケストラがカバーver.を出している。そしてエンディング曲はコール・ポーターが作曲した♪「ソー・イン・ラブ」。番組で使われているのはモートン・グールド版。刷り込みで今でも憂鬱な気分にさせられるようであれば重症だ。明日の「月曜ロードショー」を楽しみに待とう。

イマージュ10 emotional&relaxing(Blu-spec CD)イマージュ10 emotional&relaxing(Blu-spec CD)
(2010/01/27)
オムニバス

このアルバムの詳細を見る

バンダイ/魂ネイションズ “浪人 ボバ・フェット”。



バンダイ謹製“魂ネイションズ”の「名将 MOVIE REALIZATION」。リリースから2年を経て「浪人 ボバ・フェット」をようやく手に入れることが出来た。既にプレミアがついているがこれは程度の良い中古品。安かった。造型が素晴らしいことを実感。あらかじめウェザリングも施されている。このままでも良いし更に手を加えても良い。甲冑をリペイントするという手もある。



ロケハンがてら近所の公園を散策。ここは“This is 和”のロケーション揃いで撮影にはもってこいだ。ちょっと歩いただけでいくつも撮影スポットが見つかった。『スター・ウォーズ』系のキャラクターを撮影しようとする時、屋外に持ち出すとどうしても映画の世界観とロケーションに違いがあり、撮影場所を選ぶのに苦労させられる。ならばその逆算。“和モノ”なら難なくマッチするだろうと考えたのだ。

管球再生式映画館名将ムービーリアライゼーション
スター・ウォーズ 浪人 ボバ・フェット

このモデルの詳細を見る

まだ下がる!?『攻殻機動隊 25th Anniversary Edition』。



米アンカーベイ版ブルーレイ『攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL 25th Anniversary Edition』。このまま1200円を割りそうな勢い。どこまで下がるのだろう??そろそろ打ち止めのような気もするが…。

管球再生式映画館攻殻機動隊
25th Anniversary Edition

この作品の詳細を見る

土曜の夜は…「夜のスクリーン・ミュージック」



土曜日の「土曜洋画劇場」は…さすがによく憶えていない。金曜日から移行した「ゴールデン洋画劇場」もあるが、土曜の夜と言えばNHK FMの「夜のスクリーン・ミュージック」だ。邦画・洋画を問わず、ずいぶん様々な映画音楽を知ることが出来た。番組のテーマ曲として使われていたのはヘンリー・マンシーニの『ピンク・パンサー』シリーズのオリジナルサントラ盤から「The Greatest Gift」「The Wet Rock」などなど名曲ばかりがずらり。『ピンクの豹』『ピンク・パンサー2』 をカップリングしたSIMPLY VINYLレーベルの2枚組のレコードは180gの重量盤。通常盤と聴き比べてみると明らかに音に厚みがあり情報量も多い。ウチの“無人島”系の一枚だ。ヘンリー・マンシーニ、大好き。

管球再生式映画館『ピンクの豹』&『ピンク・パンサー2』

このアルバムの詳細を見る

今夜は「ゴールデン洋画劇場」&「金曜ロードショー」。



金曜日の夜は「ゴールデン洋画劇場」。オープニング曲は高沢智昌によるオリジナル。さすがにCD化はされておらず、LP「ゴールデン洋画劇場 ベスト・スクリーン・テーマ」にのみ収録。モノラル放送用に録音されているので楽曲もモノラルだ。力強い。中ジャケには前田武彦の解説や人気吹替キャストが紹介されている。



いやいや金曜日は「金曜ロードショー」でしょ、という向きも少なくないだろう。「水曜ロードショー」が金曜日に移行し、1985年のスタート。オープニングテーマは♪「フライデイナイト・ファンタジー」。演奏はピエール・ポルト・オーケストラ。トランペットソロが「水曜ロードショー」時代のニニ・ロッソを彷彿とさせる。

管球再生式映画館フライデーナイト・ファンタジー

このアルバムの詳細を見る

惑星タトゥイーン?ジャクー??



砂漠のセット、完成。出来たはいいが、いざ撮ってみると意外と汎用性がなく、短命に終わりそう。惑星タトゥイーン?ジャクー??どっちでもいいか(笑)。

今夜は「木曜洋画劇場」。なのだが…



今夜は「木曜洋画劇場」。なのだが、個人的にはこれといった思い入れが無い。エンディングテーマに使われているのは『小さな恋のメロディ』のオリジナルサントラ盤から♪「Fのロマンス・テーマ」。演奏はリチャード・ヒューソン・オーケストラ。佳曲である。「木曜洋画劇場」繋がりでは木村奈保子氏がパーソナリティーだったFM大阪の「映画音楽シアター」が思い出深い。番組のテーマ曲は『ナタリーの朝』のオリジナルサントラ盤から♪「フリー」。知るひとぞ知るヘンリー・マンシーニの隠れた名曲だ。最近になってようやく初CD化となった。

管球再生式映画館いつも二人で+ナタリーの朝

このアルバムの詳細を見る

今夜は「水曜ロードショー」。



今夜は「水曜ロードショー」。オープニング&エンディングテーマはニニ・ロッソの♪「水曜日の夜」。番組で使用されている旧録音版と新録版が存在している。番組のイメージを踏襲したジャケットのEP盤はあまり見かけないがベスト盤のLPなどは100円くらいで入手が可能だ。CDでは1984年リリースのベスト盤に収録されている。

管球再生式映画館ニニ・ロッソ/スーパー・ベスト

このアルバムの詳細を見る

惑星タトゥーイン風の・・・砂漠。



惑星タトゥーイン風の砂漠を作っている。廃材をフルに活用して製作費は200万円。部屋のなかでの撮影だけでなく、持ち出してロケセットとしても使えるように細かく濾した砂を木工用ボンドで接着している。完成までもうちょい。

森の中のシャドウ・トルーパー。



バンダイ謹製のプラモデル版「サンド・トルーパー」をベースにガンメタルで塗装、勝手にアレンジしたシャドウ・トルーパー。



『ローグ・ワン』のデス・トルーパーと同じブラック仕様でも、やはりオリジナル版のストーム・トルーパーのデザインの方が完成度は高い。

今夜は「月曜ロードショー」。



今夜は「月曜ロードショー」。お馴染みのオープニングテーマはブロードウェイ版「ピーターパン」(1954年上演版)に登場する♪「Overture」。曲の前半部分と後半部分を編集、番組のオープニング用として使っている。エンディングテーマはレイ・アンソニー・オーケストラ。「Dancing Alone Together」に収録されている、その名も♪「Party's Over」。これで今週も一週間が始まるわけだ。

管球再生式映画館Peter Pan
Original Broadway Cast Recording

このアルバムの詳細を見る

『ラ・ラ・ランド』北米盤が…。



2週間前に比べるとめちゃめちゃ安くなってしまった。もうちょっと我慢すればよかったなぁ。

管球再生式映画館LA LA LAND 北米盤

この作品の詳細を見る

『COME ALONG 3』



今夏『COME ALONG 2』から33年ぶりに“3”がリリースになる、というニュウス。“2”はアルバム「FOR YOU」までのセレクト。「高気圧ガール」「悲しみのJODY」「THE THEME FROM BIG WAVE」「踊ろよ、フィッシュ」あたりのナンバーが“3”には入る。もちろんDJは小林克也。ジャケットデザインは鈴木英人。これ、最強。

管球再生式映画館COME ALONG 3

このアルバムの詳細を見る

ロジャー・ムーア追悼番組で『007/私を愛したスパイ』。



今週末はジェームズ・ボンドことロジャー・ムーア卿の追悼番組。10(土)午後1:00からはWOWOWプライムでムーア=ボンドの、そして007シリーズの代表作でもある『007/私を愛したスパイ』をオンエア。

「GONTITI/スーパーベスト 2001-2006」を聴く。

51Y2ds4rQ6L__SS500_PJStripe-Robin-JP-Large,TopLeft,0,0

ゴンチチ の「GONTITI/スーパーベスト 2001-2006」を聴く。「夏の理由」「midnight cable car」「誰も知らない extra varsion」が心地良い。

今年は『悪魔の手毬唄』製作40周年。



今年は『悪魔の手毬唄』製作40周年。(って誰も騒いでいないが)1977年の劇場公開当時、いわゆる二番館には三度足を運んだ。それぞれ併映作品が異なった。『本陣殺人事件』『吾輩は猫である』『江戸川乱歩の陰獣』。ATG、東宝、松竹の、いま思えば揃いもそろってどれも癖のある作品ばかりだ。特に『陰獣』なんぞはSMの世界。さすがに中学生にはちと早かった。

管球再生式映画館本陣殺人事件
HDニューマスター版

この作品の詳細を見る

シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

パナソニック ブルーレイプレーヤー Ultra HDブルーレイ対応 ブラック DMP-UB900
パナソニック DMP-UB900

E.T. (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)
E.T. (4K ULTRA HD + Blu-rayセット)

ストリート・オブ・ファイヤー
ストリート・オブ・ファイヤー

フルメタル・ジャケット
フルメタル・ジャケット

ミュンヘン
ミュンヘン

ジョーズ ユニバーサル思い出の復刻版
ジョーズ ユニバーサル思い出の復刻版

激突! ユニバーサル思い出の復刻版
激突! ユニバーサル思い出の復刻版

ブルース・ブラザース ユニバーサル思い出の復刻版
ブルース・ブラザース ユニバーサル思い出の復刻版

サブウェイ・パニック -HDリマスター版-
サブウェイ・パニック -HDリマスター版-

アンタッチャブル30周年記念ブルーレイTV吹替初収録特別版
アンタッチャブル30周年記念版

L.A.コンフィデンシャル 製作20周年記念版
L.A.コンフィデンシャル 製作20周年記念版

【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

    ブルーレイ 50枚パック
    三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル

    【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

      BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集





      【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


        06 2017
        SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        - - - - 1 2 3
        4 5 6 7 8 9 10
        11 12 13 14 15 16 17
        18 19 20 21 22 23 24
        25 26 27 28 29 30 -

        Archive RSS Login