「エイガのガラクタ ~鬼畜~」






テレビ朝日開局50周年記念番組として、今週末にオンエアされる松本清張の「点と線」。というわけで久しぶりに引っ張り出してきたエイガのガラクタ、「清張・野村シネフェア」と名づけられたリバイバル上映時の半券です。件の「点と線」の映画版は東映作品ゆえにラインナップされていませんが、やはり松本清張の映画といえば松竹映画でしょう。ちなみにこの時に鑑賞したのは「疑惑」と「鬼畜」。映画館は京都の祇園会館、昭和58年のことでした。

鬼畜 鬼畜
岩下志麻、緒形拳 他 (2005/11/26)
松竹ホームビデオ

この作品の詳細を見る

「鬼畜」と言えば、印象的だったのが東京タワーのシークエンス。この東京タワー、例えば「ALWAYS 三丁目の夕日」では、あの時代の持つエネルギーや希望のシンボルとして登場していたのも記憶に新しいですし、またこれからはファンタジックにライトアップされて、一年で最も綺麗に見える季節。日常の生活のなかでもその姿を頻繁に目にする機会がありますが、しかしそのたびに、あの芥川也寸志の手による忘れ難いテーマ音楽と共に、ふと思い出してしまうのがこの「鬼畜」です。あの時、父親に置き去りにされた少女はどうなってしまったのだろう。その後、どんな思いを胸に彼女は大人になったのだろう。東京タワーの灯りを見ると、いまだにそんなことを考えてしまいます。怖さと哀しみを湛えた映画でした。

火曜サスペンス劇場2 鬼畜 日本テレビ開局50周年記念番組 鬼畜
ビートたけし、黒木瞳 他 (2005/01/26)
バップ
この作品の詳細を見る

六本木ヒルズあたりから光り輝く東京タワーを写メで撮っているコたちは、きっとこんな作品があったことは知らないんだろうなぁ。それこそ、こんな時代だからこそもう一度映画でリメイクされてもいいんじゃないか。
関連記事

Comments
キヨハルさん 
松本清張の文庫本を30冊ほど叔母からもらいました。
(ほかの作者の本も150冊くらいもらった!)
お気に入りは『けものみち』です。長編でどろどろしているのが
良いところです。
今夜と明日放送の『点と線』楽しみです。
タイトル未入力 
のりだあ さん どもども♪

「点と線」、テレビの特番にしてはなかなか丁寧な作りになっていて好感が持てました。


シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

プレデター
プレデター

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊
GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊

浮草 4Kデジタル復元版
浮草 4Kデジタル復元版

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

ザナドゥ
ザナドゥ

ジュラシック・パーク 4ムービー・コレクション  4K ULTRA HD
ジュラシック・パーク 4ムービー・コレクション

ブラックパンサー
ブラックパンサー

ミッション:インポッシブル
ミッション:インポッシブル

ミッション:インポッシブル コレクション
ミッション:インポッシブル コレクション

レッド・スパロー
レッド・スパロー

ローガン・ラッキー
ローガン・ラッキー

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集





    シネスコ
    【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


      06 2018
      SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      - - - - - 1 2
      3 4 5 6 7 8 9
      10 11 12 13 14 15 16
      17 18 19 20 21 22 23
      24 25 26 27 28 29 30

      Archive RSS Login