~デイブ・グルーシン~


久しぶりの“エイガのガラクタ”の登場です。本日はGRPレーベルの“G”こと、デイブ・グルーシンのアルバム。


米国版のブルーレイディスクがリリースされたばかりの「コンドル」のサントラ盤です。1975年のアルバムですが、追って登場することになる、大野雄二らが手掛けた角川映画作品群あたりとのテイストにも通じるサウンドになっています。当時のフュージョン(まだその頃は“クロスオーバー”だったか)ばかりでなく、その後の邦画・TV番組のサントラへも強く影響を与えた一枚と言えるでしょう。ウチでもヘビロ度の高い作品です。


グルーシンといえば、やはり代表作である「恋のゆくえ ファビュラス・ベイカー・ボーイズ」(1989)、そして「恋におちて」に登場していた♪「マウンテン・ダンス」を収録した「マウンテン・ダンス」(1979)も外せない一枚。他にも♪「黄昏」や♪「天国から来たチャンピオン」なども今もって忘れがたいナンバーですし、「トッツィー」の主題歌、スティーヴン・ビショップが唄う♪「君に想いを」(1982)なんていうのも当時はよく聴いていました。



アルテック A7にはホーンからのボリュームを調整することが出来るアッテネーターがついているのですが、こういった70年代の作品などは通常よりも低めに設定してみると、あの頃に聴いていたモノラル・ラジカセのスピーカーから流れてくるような、ちょっとナローなトーンを再現することが出来るので重宝しています。このアッテネーターはソースが音楽でも映画でも、意外と巧みに“時代”を演出してくれるので侮れません。

CinemagicCinemagic
(1990/10/25)
Dave Grusin

このアルバムの詳細を見る

というわけでここのところ、季節も季節だし、ちょっとフュージョン系が旬です♪
関連記事

テーマ映画音楽 ジャンル映画
Comments
ベイティにゃ怒ってマス。 
『天国から来たチャンピオン』のサントラをリリースしなかったウォーレン・ベイティにゃ
未だ怒りを憶える。

グルーシン、『黄昏』好きですね。あとは、トニー・ビル監督『マイ・ボディガード』の
グルーシンの音楽も好きです、映画は他愛ない子供たちのケンカなのですが、日本じゃDVD
未発売、米国盤を取り寄せたらマット・ディロン写真がジャケットにデカデカと、彼が主役
じゃないンだけど。『コンドル』もいいですね、持ってます、そのCD。
タイトル未入力 
テネンバウムスさん どもども♪

そっちの「マイ・ボディガード」はずっと未見のままなんですよ。うぅ…聴いてみたい…。どうってことのないハナシで恐縮なんですが、テネンバウムスさんは“ベイティ”派なんですね。ボクはいまだに“ビューティー”なんですよ(笑)。
ビーティー派でしたか(笑) 
『ザ・ファーム 法律事務所』もグルーシンでしたね。サスペンスを盛り上げる音楽が
素敵でした。


シネスコ
館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

パナソニック ブルーレイプレーヤー Ultra HDブルーレイ対応 ブラック DMP-UB900
パナソニック DMP-UB900

オリエント急行殺人事件 4K ULTRA HD
オリエント急行殺人事件

ブレードランナー 2049 4K ULTRA HD
ブレードランナー 2049

アトミック・ブロンド
アトミック・ブロンド

劇場版 あしたのジョー2 [4K ULTRA HD]
劇場版 あしたのジョー2

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

    【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

      ブルーレイ 50枚パック
      三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル





      シネスコ

      【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


        02 2018
        SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        - - - - 1 2 3
        4 5 6 7 8 9 10
        11 12 13 14 15 16 17
        18 19 20 21 22 23 24
        25 26 27 28 - - -

        Archive RSS Login