DVDO EDGE インプレッション(2)


DVDO EDGEのインプレッション、その(2)です。エアチェックしてブルーレイディスクにムーヴした映画をいろいろと再生してみました。エアチェックソースでは、コンディションによって「モスキートNR」を効かせてノイジーさを抑えつつ、「ディテール・エンハンスメント」と「エッジ・エンハンスメント」で絵を整えながら、最後は「カラー・サチュレーション」で味付け。ウチの場合、絵作りの要になる「ディテール・エンハンスメント」は“かなり高め”に設定しています。


BDプレーヤーのDMP-BD80からは1080/60iで出力、EDGEで1080/24pに変換しています。画像は左から、カリッと力強くなった「大地震」。ビビッドな色のニュアンスが秀逸な「マイ・ブルーベリー・ナイツ」。画面の奥までの見通しの良さとグリーン=緑の色の再現力の幅が広い「大いなる遺産」。プロジェクターとプレーヤーを同時に替えてしまったような衝撃と、お買い得感(笑)があります。


続いてこちらは邦画です。画像は左から、まるでビデオで収録したような生々しい光と精細感が感じられる「女王蜂」。プリントしたてのようなコントラストと鮮鋭感たっぷりのトーンで甦った「刺青」。(ちなみにこれは1966年の作品です) そして少々画像ではニュアンスが伝わりにくいかもしれませんが、これもまた画面手前の隊員たちから奥のロケーションまで、ぐっと絵が緻密になった「戦国自衛隊」。LD時代から、これまで邦画のイコライジングには手を焼いてきた経験をお持ちの方も多いと思いますが、かなりお手軽にクオリティの底上げが可能になった、という印象です。

オンエアチェックソースは解像度やコンディションがまちまちなので、映画によって適宜パラメーターを変えたくなるもの。(なのでせめて数パターンのメモリーモードが備わっていて欲しかった)しかし同じイコライジング値であっても、作品を選ばず、いずれも“劇的”と呼べるほどに絵が変わります。スクリーンを凝視しながら、感嘆の声をひとり漏らしつつ時間を過ごす。そんな、映画好きにとってちょっとした贅沢を供してくれるのが、このEDGEなのでしょう。 (つづく)
関連記事

テーマホームシアター ジャンル映画
Comments
タイトル未入力 
今晩は。

EDGEを使った映像が当たり前にになって、以前は
どうだったのか忘れました?
酒井さんのインプレを参考にまた少しいじってみたいと
思います・・・
タイトル未入力 
ジバゴさん どもども♪

まだまだEDGEの絵に馴れていないので、映画を再生するたびにまだまだ発見と驚きがあって楽しんでいます。この緻密な絵を一度体験してしまうと、EDGEなしだと絵が甘く感じてしまいますね。
タイトル未入力 
師匠、毎度( ^ω^)♪

すんばらしい機械なんですね~、これ。
欲しいなぁ~。
戦国自衛隊、まるでニュープリント
みたいですね♪


シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD ムービー・コレクション
アベンジャーズ 3ムービー・コレクション

ローガン・ラッキー
ローガン・ラッキー

ミッション:インポッシブル コレクション
ミッション:インポッシブル コレクション

レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション
レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション

プレデター
プレデター

バッドボーイズ
バッドボーイズ

ザナドゥ
ザナドゥ

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集





    シネスコ
    【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


      07 2018
      SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4 5 6 7
      8 9 10 11 12 13 14
      15 16 17 18 19 20 21
      22 23 24 25 26 27 28
      29 30 31 - - - -

      Archive RSS Login