「青春の殺人者」より



このアルバムも、前からレコード版を手に入れておきたかった作品です。ゴダイゴのデビュー・アルバム、「組曲“新・創世紀”」(1976)。渋谷のレコファンで¥380なり。おそらくイッパン的には人気のあるCMソングだったA面5曲目の♪「僕のサラダガール」がお目当てになるのでしょうけれど、しかし映画ファンにとっては、長谷川和彦監督作品、映画「青春の殺人者」(1976)のサントラ盤も兼ねているという意味で聴き逃せない一枚になっています。

新創世紀新創世紀
(2008/03/19)
GODIEGO

このアルバムの詳細を見る

映画のオープニング、タイトルバックに使われていたのがA面1曲目の♪「想い出を君に託そう」(If you are passing by that way)、エンディングで流れたのが同じくA面4曲目の♪「憩いのひと時」(It's good to be home again)。映画のために書き下ろされた楽曲ではないにもかかわらず、これほど映画のシークエンスにぴたりとはまるというのも珍しい。しかし、強烈な印象を残すこのゴダイゴの曲があったからこそ、「青春の殺人者」は忘れられない一本になったはず。他にもこのアルバムには劇中の挿入歌として登場した♪「イエロー・センター・ライン」♪「マジック・ペインティング」も収録されています。隠れた名盤です。
関連記事

テーマ映画音楽 ジャンル映画
Comments
これ、隠れた名盤です 
個人的にはデビューアルバムにしてゴダイゴの最高傑作だと思います。
一般的には「西遊記」のサウンドトラック盤が有名ですが、私はこらちの方が好きですね。

B面の組曲はTHE WHOの「Tommy」をA面1曲目はGenesisあたりを彷彿させ、中々気合いが入ってますよね。ミッキー吉野さんのアレンジセンスは脱帽です。

ゴールデン・カップスの活動でお茶を濁していないで本格的に何かプロジェクトを立ち上げて再び表舞台に復帰してほしいですね。
タイトル未入力 
ちゃん68さん どもども♪

続けてのコメント、ありがとうございます。「最高傑作」と言い切ってしまうところがいいですね!(笑)。そうそう、B面も邦楽くさくなく、それまでにない洋楽っぽいテイストで楽しめるアルバムになっていると思います。タケカワユキヒデの英語もいかにもそれっぽかったですけど、やっぱりミッキー吉野のセンスですかねぇ。吉祥寺のディスクユニオンリポート、お待ちしていますね(笑)。


シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD ムービー・コレクション
アベンジャーズ 3ムービー・コレクション

ローガン・ラッキー
ローガン・ラッキー

ミッション:インポッシブル コレクション
ミッション:インポッシブル コレクション

レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション
レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション

プレデター
プレデター

バッドボーイズ
バッドボーイズ

ザナドゥ
ザナドゥ

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集





    シネスコ
    【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


      07 2018
      SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4 5 6 7
      8 9 10 11 12 13 14
      15 16 17 18 19 20 21
      22 23 24 25 26 27 28
      29 30 31 - - - -

      Archive RSS Login