年の瀬のレコードライフ。

とにもかくにも今年はレコードをよく聴きました。中古レコードショップにも足繁く通ったし、レコードもせっせと買った。時間をかけながらちょっとづつ揃えていこう、なんて初めは考えていたのに、気がつけばレコード再生システムが20年ぶりに復活した4月から数えると、中古レコードばかり、一気に500枚に手が届こうかというライブラリーになりました。でもさすがにこれだけ集まると、70年代、80年代を中心に、昔から好きだったアルバム、CDではなくレコードで聴きたいアルバムはかなりフォローすることが出来たハズ。



乗り換えて乗り換えて、レコードプレーヤーも既に4代目。写真はいま現在愛用中のプレーヤー、TechnicsのSL-1200 Limited。ブラック&ゴールドのカラーリングと、バックの障子との組み合わせがなかなかいいな(笑)。カートリッジはSHUREのM44-7、フォノイコライザーは同じくSHUREのM64でセッティングしています。先日聴いたナガオカよりも、やはりSHUREの音の方が好みに合うらしい。プリメイン・モノラルアンプのALTEC 344A×2とフォノイコのM64は117Vに昇圧して駆動していますが、こうすると俄然、ベースラインが弾むし、跳ねる。


引っ越しを機に、ちょっと厚め 高さ6cmのオーディオ・ベースを導入。これで足元を固めています。


デオダートのアルバムと言えば、先週は稀少版の「ジェントル・レイン」が手に入って喜んでいたのですが、それが呼び水になったのか、これもまためちゃめちゃ稀少版、1972年にリリースされた「オス・カテドラーチコス 73」のオリジナル版が手に入りました。¥2980なり。今年買った中古盤のなかでは一番高いレコードなんですが、しかし普通ならこんなリーズナブルな値段では絶対に手に入りません。ただ、実際に針を落として聴いてみると、9月に池袋の中古市で見つけた2002年の「「Skyscrapers」名義のレコードの方が音のクオリティは高い。なんでもかんでもオリジナル版の方が良い、というわけではなさそう。


そしてほぼ同じタイミングで手に入れることが出来た、こちらもデオダートのアルバム「DONATO DEODATO」(1973)。¥1500なり。ジョアン・ドナートの未完成だった音源を使って、デオダートが仕上げたという一枚。これはもう中域がブリブリでやたらと生々しく、グルーヴィーでノリの良い好盤です。「マイ・フェイバリット・レコード 2010」(というのを今年から始めようと思う)にもランキングされるのは間違いなし。冬に聴いてもホットで熱い。

ドナート/デオダートドナート/デオダート
(1999/09/22)
ジョアン・ドナート

このアルバムの詳細を見る
関連記事

テーマDJ/CLUB ジャンル音楽
Comments


シネスコ
館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

パナソニック ブルーレイプレーヤー Ultra HDブルーレイ対応 ブラック DMP-UB900
パナソニック DMP-UB900

オリエント急行殺人事件 4K ULTRA HD
オリエント急行殺人事件

ブレードランナー 2049 4K ULTRA HD
ブレードランナー 2049

アトミック・ブロンド
アトミック・ブロンド

劇場版 あしたのジョー2 [4K ULTRA HD]
劇場版 あしたのジョー2

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

    【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

      ブルーレイ 50枚パック
      三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル





      シネスコ

      【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


        02 2018
        SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        - - - - 1 2 3
        4 5 6 7 8 9 10
        11 12 13 14 15 16 17
        18 19 20 21 22 23 24
        25 26 27 28 - - -

        Archive RSS Login