「カプリコン1」

本日は吉祥寺にあるRAREにHiVi哲編集長と共に出撃。なんとここで ずっと探していたレコードを発見!


先日、“ジェリー・ゴールドスミスのアルバムが聴きたいなぁ”と思っていた時には見つからなかった、「カプリコン1」(1977)がポンと置かれていました。¥1050なり。「あ!すぐに決めちゃうんですね!」 横にいた哲編集長が思わず口走るほど、躊躇わずに購入を決意。面白い脚本にダイナミックな演出、そしてさらにストーリーのテンションを高める音楽、まさにそのお手本のような作品、サウンドトラック盤です。でもジャケ帯を見てみると、このレコードって 当時の“ロードショー誌 推薦盤”には選定されていなかったんですね。

Capricorn OneCapricorn One
(2009/08/11)


このアルバムの詳細を見る

その昔、FM放送の映画音楽番組でのリクエスト特集などではお約束のようにいつも流れていた、スリリングでスペクタクル感溢れる♪「メインテーマ」、(後にテレビ朝日系列の「水曜スペシャル 川口浩探検隊シリーズ」のオープニングでもよく使われていました) また、70年代の後期という時代らしく、ディスコラウンジ調にアレンジされた♪「愛のテーマ」なども、いま聴いてもとてもキャッチーな仕上がりになっています。とにもかくにも“This is 劇伴”。力ずくで観客を映画の中にぐいぐい引きずり込んでしまう、数ある作品の中でもゴールドスミスの屈指の傑作、代表作として推す声も多い、映画音楽ファンには人気の高い一枚でしょう。
関連記事

テーマ映画音楽 ジャンル映画
Comments
No title 
懐かしいジャケットですね。
確かキング・レコードの企画番号FMLシリーズの一枚。

「カプリコン1(ワン)」
この曲って、多分一度聴いたら忘れられない曲のひとつですよね!
3/4プラス5/8拍子(?)という変則的なところが持ち味で、故ゴールドスミス御大のセンスに脱帽といったところでしょうか。
No title 
寅屋さん どもども♪

“サントラのキング”に、FMLシリーズなる呼称があるのは初めて知りました。Film Music Libraly…かな。この「カプリコン1」はFML 85ですね。全部で何枚ぐらいあるのでしょうね??
FML 
すいません、もしかしたら私のまわりだけのローカルなものかも知れませんが、30年ほど前にコアなサントラ・コレクターの方が使っておられました。(他に、SR盤、GXH盤など…)

ボンド・シリーズのサントラも「死ぬのは奴らだ」がFML-7で、シャレがきいてました。因みにトップナンバーは「ラスト・タンゴ・イン・パリ」です。
当時キング・レコードは、セブンシーズ、CAM、ユナイト、20世紀FOX、バークレー等などサントラに強いレーベルの宝庫で、毎月シングルを含め数枚がリリースされていました。
No title 
なるほど。そういうことでしたか。キングは確かにベストアルバムなどは他のメーカーとは比べものにならないくらい、OST含有率(笑)が高かったですよね。


シネスコ
館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

パナソニック ブルーレイプレーヤー Ultra HDブルーレイ対応 ブラック DMP-UB900
パナソニック DMP-UB900

オリエント急行殺人事件 4K ULTRA HD
オリエント急行殺人事件

ブレードランナー 2049 4K ULTRA HD
ブレードランナー 2049

アトミック・ブロンド
アトミック・ブロンド

劇場版 あしたのジョー2 [4K ULTRA HD]
劇場版 あしたのジョー2

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

    【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

      ブルーレイ 50枚パック
      三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル





      シネスコ

      【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


        02 2018
        SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        - - - - 1 2 3
        4 5 6 7 8 9 10
        11 12 13 14 15 16 17
        18 19 20 21 22 23 24
        25 26 27 28 - - -

        Archive RSS Login