「時をかける少女」


物語の主な舞台となっているのは春。なんですが、夏になると必ず想い出す、観たくなるのがこの「時をかける少女」(1983)です。ジャケ帯の内側にある映画の広告を見ると“7月16日公開”となっていますから、まさにちょうど今と同じ時期のロードショー公開だったわけですね。



愛の予感のジュブナイル(笑)。ご存知、大林宣彦監督による尾道三部作の2作目です。映画館で初めて観た時にはとにかくエンドクレジットのアイデアにびっくり、併映作品だった「探偵物語」を挟んで、続けてもう一度観てしまったという思い出の作品です。松任谷由実の作詞・作曲、知世ちゃんの唄うB面1曲目の♪「時をかける少女」は当時の大ヒット曲となりました。


劇中の音楽は夫君でもある松任谷正隆が担当。氏の代表作といっても過言ではない、叙情的なとてもいいスコアに仕上がっています。もちろん、劇中に登場する尾道の風景にはどんぴしゃのサントラ盤なんですが、劇場で公開された頃はちょうど京都の大学に通っていた時期でしたので、A面2曲目♪「時の子守唄」5曲目「ふれあい」B面5曲目♪「いつかどこかで・・・」あたりを聴くと、夕暮れ時の上賀茂の古い町並みや夏の鴨川べりの風景が今でも目に浮かびます。

時をかける少女 デジタル・リマスター版 [DVD]時をかける少女 デジタル・リマスター版 [DVD]
(2011/06/24)
原田知世 高柳良一 他

この作品の詳細を見る

その後、同じく大林宣彦監督の新・尾道三部作のうちの一本で「あした」(1995)という作品がありますが、この映画の主題歌♪「あした」を唄っていたのが、これまた原田知世ちゃん。実は当時、ちょっとした縁があって、この曲のミュージックビデオを演出しました。

あした デラックス版 [DVD]あした デラックス版 [DVD]
(2001/07/25)
高橋かおり、林泰文 他

この作品の詳細を見る

長野県の山奥にある、とても綺麗な小さな湖でロケをして、作品が完成したので大林監督にも見て頂こうということになって、レコード会社のスタッフと出向いたのが、なんと「時をかける少女」をリバイバルで上映しているという映画館の楽屋。(その日、監督は舞台挨拶のために映画館に来場されていたのです)大林監督からも「ずいぶん知世ちゃんを色っぽく撮りましたね」というお言葉を頂いたのですが、しかしなによりその時は、楽屋の方にも上映中の「時かけ」の映画の音がずっと漏れ聞こえていたので、大学時代の映画館での記憶がフラッシュバック、それがなんとも奇妙な感じなのでした。この♪「あした」のクリップのなかには、湖に沈んだ古い柱時計をイメージショットとして登場させたりもしているんですが、これはもう完璧に個人的な「時かけ」へのオマージュです。あのビデオ、どこかに残っているのかな・・・。
関連記事

テーマ映画音楽 ジャンル映画
Comments


シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊
GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊

浮草 4Kデジタル復元版
浮草 4Kデジタル復元版

ジュラシック・パーク 4ムービー・コレクション  4K ULTRA HD
ジュラシック・パーク 4ムービー・コレクション

ブラックパンサー
ブラックパンサー

ミッション:インポッシブル
ミッション:インポッシブル

ミッション:インポッシブル コレクション
ミッション:インポッシブル コレクション

レッド・スパロー
レッド・スパロー

ローガン・ラッキー
ローガン・ラッキー

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集





    シネスコ
    【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


      06 2018
      SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      - - - - - 1 2
      3 4 5 6 7 8 9
      10 11 12 13 14 15 16
      17 18 19 20 21 22 23
      24 25 26 27 28 29 30

      Archive RSS Login