THE COLOR OF JAZZ



アマゾン経由で米国のショップにオーダーしていた、ピート・ターナーの写真集が到着しました。


ピート・ターナーは、主にCTIレーベルのアルバムのジャケット写真を手掛けていた、ニューヨーク生まれのキャメラマン。その CTIレーベルを中心に、impulse! や Verve のジャズ・アルバムのジャケットワークなどが収められているのが、この「THE COLOR OF JAZZ」です。ちょうどレコード・ジャケットと同じサイズの大きさになっています。序文を書いているのはクインシー・ジョーンズ、そして後書きはクリード・テイラー。


CTIのレコードは今も少しずつ増えていますが、この写真集が手元にあれば、レコードを聴きながらいつでも好きなジャケットワークを眺めていることが出来る。画像中央、実はそろそろ手に入れておきたいと思っている、ドン・セベスキーの「GIANT BOX」なんて、どんな音が詰め込まれているのかワクワクさせられるジャケットだと思いませんか?右端はミルト・ジャクソン。このアルバムも聴きたくなる!

Cti Records: the Cool RevolutionCti Records: the Cool Revolution
(2010/10/12)
Cti Records: The Cool Revolution

このベスト盤の詳細を見る

もちろんここに並ぶジャケットは、すべてピート・ターナーの作品。どれも素晴らしい。



これは先日も登場したウチのお気に入りの一枚、スタンリー・タレンタインの「SUGAR」。通称、“足ナメ”。

The Color of JazzThe Color of Jazz
(2006/09/05)


この写真集の詳細を見る

写真集の表紙にも使われている、少々ショッキングなこのジャケットは、ジョー・ファレルの「CANNED FUNK」です。大胆なアイデアと、強烈なまでにヴィヴィッドな色遣い。初めて見るジャケットでも「あ!ピート・ターナーだな!」と、すぐに判ってしまうというところが凄い。こういった独創的なジャケットワークに惹かれて、次から次へとレコードを聴きたくなってしまうのも、CTIレーベルならではの楽しみなのです。この「THE COLOR OF JAZZ」、レコードを流しつつ、じっくりと頁を繰って味わえる一冊です。
関連記事

テーマJAZZ ジャンル音楽
Comments


シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD ムービー・コレクション
アベンジャーズ 3ムービー・コレクション

ローガン・ラッキー
ローガン・ラッキー

ミッション:インポッシブル コレクション
ミッション:インポッシブル コレクション

レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション
レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション

プレデター
プレデター

バッドボーイズ
バッドボーイズ

ザナドゥ
ザナドゥ

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集





    シネスコ
    【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


      07 2018
      SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4 5 6 7
      8 9 10 11 12 13 14
      15 16 17 18 19 20 21
      22 23 24 25 26 27 28
      29 30 31 - - - -

      Archive RSS Login