「宇宙空母ギャラクティカ」オリジナルサントラ盤

久しぶりに、懐かしいサントラ盤のレコードを入手しました。



「宇宙空母ギャラクティカ」です。もともとはTVシリーズでしたが、センサラウンド方式で上映された劇場公開版もありましたので、映画のサントラ盤と言っても差支えないでしょう。オールイラストのジャケットアートがいかにも映画っぽい雰囲気。どっしりとしたタイトルロゴ、ワクワクするようなジャケ帯もいい。



1981年、まだまだ「スター・ウォーズ」の興奮冷めやらぬ頃のオンエアでしたし、SFXを担当していたのは他でもない、ジョン・ダイクストラ。ですので、宇宙空間のシーンや戦闘シーンのイメージは、もう“ほとんどスター・ウォーズ”。劇場での“スター・ウォーズ気分”が毎週日曜日の夜に疑似体験できるというわけで、当時はかなり人気も高かったシリーズでした。


音楽の担当はスチュー・フィリップス、そして製作総指揮も兼ねるグレン・A・ラーソン。勇壮なファンファーレが印象的だった♪「メイン・タイトル」はもちろん今でもよく憶えていましたが、すっかり忘れていたのが、B面5曲目の♪「キャロリン惑星のカジノ“イッツ・ラブ、ラブ、ラブ”」。劇中で使われていたシーンはまったく思い出せないものの、ディスコ調にアレンジされたこのボーカル曲も 関光夫さんの映画音楽の番組、「夜のスクリーンミュージック」あたりでエアチェックをした記憶があります。このレコード盤、いつまでたっても店頭では見つけられなかったので、今回はネット経由で購入。¥300なり、でした。

Battlestar GalacticaBattlestar Galactica
(2003/11/18)
Original Soundtrack、Stu Phillips 他

このアルバムの詳細を見る
関連記事

テーマ映画音楽 ジャンル映画
Comments
No title 
このレコードは私も持っています。
メイン・タイトルは歴史劇でも使えそうな曲ですね。

センサラウンドの劇場版を見たときは、凄い迫力でびっくりしました。
バイパー戦闘機の発進シーンや編隊を組んで飛ぶところなど、
ダイクストラのSFXは見せ方がうまいと思います。
でも、予算が限られていたのか使い回しが多かったですね。

数年前にテレビドラマとしてリメイクされましたが、
オリジナルとは違う面白さでDVD40枚を半年ですべて見ました。
実写版ヤマトはこのリメイク版をお手本にしたようです。

お時間がありましたら、是非ごらんください。ハマりますよ!
No title 
そうそう!やたら同じカットが使いまわされているのが気になりましたね。リメイク版はDVDでリリースされた時に数話分はチェックしてみたのですが、挫折してしまいました(笑)。このレコードを聴くと、TVシリーズがオンエアされていた日曜日の気分、「水曜ロードショー」の水曜日の気分、「夜のスクリーンミュージック」の土曜日の気分、ぜんぶ甦ってきます。


シネスコ
館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

パナソニック ブルーレイプレーヤー Ultra HDブルーレイ対応 ブラック DMP-UB900
パナソニック DMP-UB900

ブリット 日本語吹替音声追加収録版
ブリット 日本語吹替音声追加収録版

オリエント急行殺人事件 4K ULTRA HD
オリエント急行殺人事件

ブレードランナー 2049 4K ULTRA HD
ブレードランナー 2049

アトミック・ブロンド
アトミック・ブロンド

劇場版 あしたのジョー2 [4K ULTRA HD]
劇場版 あしたのジョー2

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

    【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

      ブルーレイ 50枚パック
      三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル





      シネスコ

      【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


        02 2018
        SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        - - - - 1 2 3
        4 5 6 7 8 9 10
        11 12 13 14 15 16 17
        18 19 20 21 22 23 24
        25 26 27 28 - - -

        Archive RSS Login