シネスコか?ヴィスタか?

新しく導入することになるスクリーンは、このモデルを考えています。



カリフォルニアに本社を置く新進のメーカー、Elite Screen(エリートスクリーン)製の「リュネット」シリーズです。カーブドスクリーンでも価格が抑えられていて、かなり安い。日本にも代理店がありますので、国内で購入することが出来ます。フレームはブラックベロア素材で表面を加工、反射光が吸収されるようになっています。投射距離から考えると、スクリーンのサイズは90インチクラスになる予定です。




スクリーンのサンプル生地は既に取り寄せて、チェック済み。これは「シネホワイト」と呼ばれる生地で、スクリーンゲインは1.1。スクリーンの裏は余分な光が入ってこないように、黒くコーティングされています。これまで実際に映写をした絵は観たことがないのですが、生地に触れてみても、価格が安いからと言って質が悪いという印象はありません。今、悩みに悩んでいるのはスクリーンのアスペクト比。さて、シネスコ(2.35:1)にするか、それともヴィスタ(16:9)にするか。(エリートスクリーンにはヴィスタサイズもラインナップされているのがミソです)



エアチェックをした洋画では、シネスコサイズの作品でも字幕は黒帯部分に入るというパターンがほとんどですし、ヴィスタサイズはもちろんのこと、ウチではスタンダードサイズの作品を観ることも多い。今のところ、ヴィスタサイズのスクリーンで決めようかと思っていますが・・・どうでしょう?(つづく)
関連記事

テーマAV機器レビュー ジャンル映画
Comments
No title 
ボンドさん、どもです!!

ヤフオク教えていただき、感謝です。今、2万円ちょっとですね。
どれくらい、上がるのか分かりませんが、2万円台ならいいですね。
といいつつ、今、かなり、私の状況がヤバイので、使えませ~~~~ん(涙)
次の機会を待ちます。

で、画角は、悩みそうですね。
ハリウッド映画だけなら、スコープもありでしょうが、と言って、字幕もありますし。
買ったBDなら、プレーヤーで字幕を上げることも出来ますが、WOWOWなどの放送波だったら、それも無理ですし、しかも、4:3ものもあるなら、ビスタサイズでしょうね。

でも、悩んでいる時期も楽しかったりしますね。
それを見ている私も楽しかったりして(笑)
No title 
ボンドさん、どもです。

このスクリーン価格は魅力的ですね。
ぐっとカーブドスクリーンが身近に感じられる価格設定だと思います。

映画好きの皆さんの中には、いずれはカーブドスクリーンを導入したいという方多いのですから、
ボンドさんの出陣が、呼び水になるのではないかと思っています。

ボンドさんは、4:3のスタンダードサイズ作品もよくご覧になってらっしゃいますので、
確かに16:9サイズのスクリーンで良いかもしれませんね。
ただ、アナモを常時ご利用になって16:9の映像を観るとした場合、横方向の解像度が落ちてしまいます。
この点だけご認識いただく必要があるかなと。
私の場合、16:9や4:3の映像を観るときはアナモを外してダイレクトに映写しています。
稀に、アナモを通して、16:9作品を観ることもありますが頻度は低いですね。

カーブドを入れるのであればシネスコサイズの魅力は大きいと思いますよ。(ぼそぼそ)
誌面などで、シネスコカーブド、ビスタカーブドの紹介などあると面白そうですね。
うーん、悩みどころですね。

ではでは。
 
ども(^-^)
個人的にはガッツさんと同じく、アナモ君にはシネスコが一番だと思います。
しかし、私の場合Blu-rayソフトのシネスコ作品以外観ないと決めて今の環境にしているので良いのですが、(たまにビスタもシネスコサイズで観ますが…)なんちゃってアナモ君はシュナイダー様とはフォーカス感が明らかに違うのでアナモ君通して16:9の作品とか観るのは流石に無理があると思います。
だからシネスコ作品以外はレンズを外して観た方が良いと思います。でもまたレンズ調整するの大変なんすけどね(^^;)
No title 

たとえばスクリーンはシネスコサイズにするとして・・・

ヴィスタビジョン(16:9)とスタンダードサイズ(4:3)の作品はアナモレンズを外して観る、
というのがお薦めの上映スタイルという解釈でOKですか?>ガッツさん チラコさん

そういう場合、やっぱり映像ポジションをメモリーすることが出来る
DVDOのiScanVP50proがあった方が良い?メモリー機能のないEDGEやDUOではやはり面倒になります?

以前、ソニーのPJを処分した時に組み合わせていたEDGEも
同じタイミングで処分してしまったので、いずれにせよスケーラーは導入しようと思っています。
恐ろしい… 
世の中には恐ろしい人がいるものだ…(笑)
80インチ(4:3)を、近視聴して喜んでいる私みたいな素人からは、想像もつかない環境です。(スタンダード・サイズの昔の映画は大迫力なんだけど…)
カーブド・スクリーンか…。(シネラマだシネラマ)
新たなボンド・シアターの構築を、楽しみながら拝見させて頂きます。(ああ、羨ましい!!)
No title 
いやいや、ロッカリアさん! ウチも今は近接視聴ですよ。視聴位置からスクリーンまでは3mもありませんし、PJは押し入れに入れますが部屋自体は六畳間です。シネスコサイズのスクリーンにするとOS劇場みたいだし、ヴィスタサイズのスクリーンにすると阪急プラザ劇場のような感じですね(笑)。かぶりつきです。
No title 
シネスコサイズ以外はアナモ外しというのが解像感のある映像を得る上では良いと思います。
ただし、電動式のレンズスライドもしくはスイングを使わないでレンズを外した場合、
毎回シネスコサイズ視聴時はレンズ位置の調整から始めなければならないという落ちにもなりますので要検討事項だと思います。

手動式のレンズスライドやスイングでもストッパーで毎回同じ位置に固定できるのであれば、調整は必要なくなりますので、その辺も考慮が必要かもです。

iScan VP50Proにはメモリー機能がありますので、アスペクト比や映像周波数も記憶できます。
24hzや60hzでWOWOWシネスコサイズ視聴というのもリモコンのボタン操作で呼び出しが可能です。
DUOでは試していないのですが、毎回ポジション指定作業が必要だとしたら映画を見る前に疲れちゃいますよね。

ではでは。

もう寝ます、明日も出勤なので・・・・。(って、もう今日じゃないですか、やばっ)
No title 
ガッツさん 遅い時間にありがとうございます。

画素をすべて有効に使って解像度を優先することよりも、アナモレンズを通して映写した絵がなによりも勝るのでは?と思ったりもしていたんですが、そうではない感じなんですね・・・。

>手動式のレンズスライドやスイングでもストッパーで毎回同じ位置に固定

これを是非とも考えねばなりませんね!
No title 
おはよございます。
私の環境では現在、アナモ君は超固定で絶対外しません(笑)
最初甘い考えで、レンズを移動出来るように、スライドレールを付けて作ったのですが、一度外してまたセットした時にフォーカズを合わせるのは死ぬほど大変で、それをやっていると映画観る時間が無くなってしまうので動かさないことにしました(^^;
私のは疑似天吊りの上、スライドレールを超適当に作ったのでこんな感じなのですが、PJをラックに床置きにして安定したレンズ移動の方法にすれば大丈夫かもしれませんヨ。

スケーラーはGDGEでも良いような気はしますが・・・リモコンにアスペクト比の変更ボタンありますし、メニューから映像周波数も比較的簡単に(?)変更出来るので、そんなに大変な作業でもないと思いますが。

あと、なんちゃってアナモ君LA7200の場合、投射距離は長い方が良いと思います。私は約3.7mで、約100インチ映してますが、真ん中にフォーカス合わせると左右はなだらかに甘くなります。
私のトコは部屋の大きさの都合上この距離が精一杯っす。だから私は思いっ切り近視聴です。これが迫力あって気に入ってるのですが。
要するに、このレンズは焦点が合う範囲が狭いのでなるべくPJからスクリーンまでの距離が長い方がフォーカスが合う範囲が大きくなる筈です(^^)
No title 
ウチは以前と同じスタイルで、床置き設置対応で、視聴位置うしろから、頭上ギリギリの投影スタイルになります。レンズ面からスクリーン中央まではおよそ3.2mくらいになりそうです。シネスコサイズでも96インチ(2244mm×955mm)なら大丈夫ですよね??スケーラーはEDGEでも対応OKなら、今はEDGE GREENですね。
No title 
投射係数:X
投射距離:Y

投射方向の部屋サイズ:A
PJ縦寸法:B
スクリーン固定装置奥行き:C
アナモレンズ縦寸法:D
スクリーン横幅:E

Y = ( A - B - C - D )
X = Y ÷ E

この計算式に当てはめて考えると投射係数は、1.42ほどでしょうか。
なんとかいけると思います。

EDGEでも、シフトとアスペクト調整を都度行えばWOWOWシネスコサイズの上映にも対応できますね。
なので、一度調整したら、再調整時のために数値は書きとめておく必要がありそうですね。
ちなみにWOWOW放送によるシネスコ映画(字幕あり)を意識調整をした場合、画面サイズは若干左右があまります。
詳細は、2年前にシネスコカーブドを扱ったHivi掲載の画像をご覧頂ければわかりやすいかと。
手元に掲載号がないため、すぐには確認できません。
すみません。

アナモ固定、スライド方式導入の判断は難しいですね。
チラコさんの仰るとおり、装置を作成する場合、足場がしっかりしている事が重要です。
ぶっちゃけた話、固定架台を導入し、架台の設置場所をマーキングしておくというのもありだと思います。
前提として、固定架台に取り付けたアナモはしっかりと固定しておく必要があります。
プロジェクターの下に敷くベニヤ板などを2枚購入して、固定架台のストッパーをつくるとか。
設置用段差を自作することができれば、ぴしっと固定できますよね。
架台自体は、地震などの揺れでもびくともしないように万力で固定なんて手もあります。
見た目は見劣りしますが実利優先ならありでしょう。
私の場合は、実利優先でベニヤ板にスライド架台を固定しています。

ではでは。
No title 
ガッツさん 詳細な解説、ありがとうございます。

そこで「投射係数」で質問です。

>投射係数:X ・・・OKです
>投射距離:Y ・・・OKです

>投射方向の部屋サイズ:A ・・・OKです
>PJ縦寸法:B ・・・OKです
>スクリーン固定装置奥行き:C ・・・?
>アナモレンズ縦寸法:D ・・・?
>スクリーン横幅:E ・・・?

C・・・意味がよくわかりません(汗) 壁からスクリーン裏までの距離? 
D・・・レンズの口径ということでOKですか?
E・・・スクリーン幕のみ? フレーム込み? ですか?

>Y = ( A - B - C - D )
>X = Y ÷ E
>この計算式に当てはめて考えると投射係数は、1.42ほどでしょうか。
>なんとかいけると思います。

OKな数値、NGという数値があるのですね??
No title 
お答えします。

C:はい、イメージは合っているかと。
張込式のスクリーンを固定する金具がありますよね。
その寸法ということになります。

D:アナモレンズを上から見た場合のスクリーン方向への寸法になります。

E:スクリーン幕のみになります。

Xを求める式に登場する変数は、スクリーン中央部から、レンズまでの軸線上の距離になります。

OKな数値、NGという数値はあります。
これは、スクリーンの4隅に「ケラレ」が発生してしまう境界の数値と思ってください。
シュナイダーのレンズの場合ですと、1.2以上が許容されています。
実際には、1.4以上は欲しいところです。

No title 
あ、まちがえました。

Yを求めるための変数ですね。
No title 
ガッツさん、ひとつ確認させてくださいね。

>PJ縦寸法:B

この時の「縦」というのは「D」と同じく、「上から見た場合のスクリーン方向への寸法」ですよね?
No title 
そのとおりです。
Yの計算は単純にレンズから、スクリーン中央までの距離を算出しています。
No title 
ありがとうございます。おおよその投射係数もこれで割り出せますし、イメージが掴めてきました!


シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

【あの人気作がブルーレイでまだまだ登場!】

    日本のいちばん長い日
    日本のいちばん長い日

    オレンジロード急行
    オレンジロード急行

    未知との遭遇 40周年アニバーサリー・エディション
    未知との遭遇 40周年アニバーサリー・エディション

    未知との遭遇 40周年アニバーサリー・エディション
    未知との遭遇 40周年アニバーサリー・エディション

    【劇場公開最新作がブルーレイで登場!】

      LOGAN/ローガン
      LOGAN/ローガン

      ゴースト・イン・ザ・シェル
      ゴースト・イン・ザ・シェル + 攻殻機動隊

      ゴースト・イン・ザ・シェル
      ゴースト・イン・ザ・シェル

      ゴースト・イン・ザ・シェル
      ゴースト・イン・ザ・シェル

      メッセージ  4K ULTRA HD+Blu-rayセット
      メッセージ 4K ULTRA HD+BDセット

      メッセージ
      メッセージ

      【あの人気作がブルーレイでまだまだ登場!】

        ブレードランナー
        ブレードランナー ファイナル・カット
        4K ULTRA HD&ブルーレイセット スチールブック

        ブレードランナー
        ブレードランナー ファイナル・カット
        日本語吹替音声追加収録版

        ブレードランナー
        ブレードランナー ファイナル・カット
        4K ULTRA HD&ブルーレイセット

        サブウェイ・パニック -HDリマスター版-
        サブウェイ・パニック -HDリマスター版-

        ジェット・ローラー・コースター -HDリマスター版-
        ジェット・ローラー・コースター -HDリマスター版-

        アンタッチャブル30周年記念ブルーレイTV吹替初収録特別版
        アンタッチャブル30周年記念版

        ドラキュラ  4K ULTRA HD+Blu-rayセット
        ドラキュラ 4K ULTRA HD+BDセット

        冬の華
        冬の華

        昭和残侠伝 血染の唐獅子
        昭和残侠伝 血染の唐獅子

        BROTHER
        BROTHER

        ソナチネ
        ソナチネ

        【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

          ブルーレイ 50枚パック
          三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル

          Amazon Fire TV Stick (Newモデル)

          【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

            BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集





            【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


              08 2017
              SUN MON TUE WED THU FRI SAT
              - - 1 2 3 4 5
              6 7 8 9 10 11 12
              13 14 15 16 17 18 19
              20 21 22 23 24 25 26
              27 28 29 30 31 - -

              Archive RSS Login