アナモフィックレンズホルダー制作記


とりあえずタッパーウェアを使って、試しにアナモフィックレンズをプロジェクターの前に置いてみたら、レンズホルダー台のイメージが掴めた。というわけで、さっそく実際に自作してみることにしました。レンズの横幅は12㎝、高さは10.9㎝で厚みは4㎝。このレンズを角材で四角く囲ってホールドし、プロジェクター台に設置をすることが出来るレンズホルダーが完成すればOKです。



“日曜大工”ならぬ“祝日大工”。近くにあるホームセンターに出掛けて材料を調達してきました。ダミーで使ったタッパーウェアの高さは、4.5㎝。材木売場で見つけた角材は4㎝×4㎝。そのままだと高さが5㎜足りないので、5㎜厚の角材も念のため手に入れておきました。持ち帰ったらすぐに作成に取り掛かれるように、有料でしたがあらかじめカットしてもらっています。組み立てには木工用のアロンアルファを使用。費用は、ぜんぶ合わせると1500円程度です。


瞬間接着剤を使ったので、あっけないほどすぐに出来上がってしまいました。


アナモフィックレンズを嵌めてみたところ。緩くもなく、キツくもなく、スコッと収まっています。


プロジェクターの前に設置してみるとこんな感じになります。今の状態だとタッパーウェアの高さよりも5㎜低いままですが、必要であれば5㎜厚の角材をレンズホルダーの下部に接着すればOKでしょう。



レンズホルダーの内径は、良くも悪くもアナモフィックレンズにぴったりの寸法でしたので、もう気持ち、きつめにホールドしておきたい。くさびとして爪楊枝をカットして上下に挟むと、いい具合に締まりました。


このレンズホルダーをプロジェクター前の置いたり、外したりという動作が簡単に出来るように、プロジェクターの前に写真のような“ガイド”を作って、プロジェクター台に固定しておこうと考えています。あえてスライド式にこだわらなくても、この方法だとすぐにセッティングも可能だし、安定感も悪くない。カッティングして余った角材がありますので、これを流用すれば一石二鳥です。



アナモフィックレンズとプロジェクターに合わせて、仕上げにフラットブラックで塗装します。  (つづく)

いまsekaimonでは このアナモフィックレンズ Panasonic AG-LA7200が 3本 出品されています
関連記事

テーマBlu-ray ジャンル映画
Comments
No title 
ボンドさん、どもです。

ちゃくちゃくと準備が進んでいますね~。
これなら良い感じに着脱が出来そうですね。

カーブドスクリーンへの投影が楽しみですね。
続きを楽しみにしております♪

ではでは。
No title 
ボンドさん、どもです!!

あっという間に、レンズが立ち上がりましたですね~~~~(笑)
爪楊枝で固定とは、面白いです~~~~

色が黒だと、本当に溶け込みそうです。
No title 
ガッツさん  ajisaiさん どもども♪

タッパ―に近い寸法の角材が、思っていたよりもすぐに見つかったのがラッキーでした。あとはプロジェクターのレンズのセンターにぴったりと合う高さに設置できるように微調整を加えれば、OKだと思います。


シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD ムービー・コレクション
アベンジャーズ 3ムービー・コレクション

ローガン・ラッキー
ローガン・ラッキー

ミッション:インポッシブル コレクション
ミッション:インポッシブル コレクション

レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション
レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション

プレデター
プレデター

バッドボーイズ
バッドボーイズ

ザナドゥ
ザナドゥ

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集





    シネスコ
    【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


      07 2018
      SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4 5 6 7
      8 9 10 11 12 13 14
      15 16 17 18 19 20 21
      22 23 24 25 26 27 28
      29 30 31 - - - -

      Archive RSS Login