エリートスクリーン SIZE UP 計画 (1)



スクリーンが復活して、はや半年余り。その後、ヤマハ製のサブウーファーYST-SW1000を導入してサウンドシステムが2.1chになったりはしたものの、大きく“Audio&Visual”の虫がうずくこともなく、平穏に過ごしてきたウチのホームシネマですが、そろそろ次のステップに進みます。それはずばり「スクリーンのサイズアップ」です。



いま使っているのはエリートスクリーンの「リュネット」シリーズ、2.35:1比率のシネスコサイズのカーヴドスクリーン。そもそもパナソニックのDVカメラ用のアナモフィックレンズAG-LA7200と組みわせたシネスコ&カーブドスクリーンでの上映という、果たしてうまくいくのかいかないのか 少々“賭け”でもあったシステムですので、“もしもの時”のことを考えて、最も安くてミニマムサイズの85インチタイプを選んでいました。(しかし結果は“案ずるより産むが易し”なのでした)



ですので、スクリーン横端と壁との間にもまだ余裕があります。左右それぞれ約18センチ。このスペースはもったいない。スクリーンは部屋の環境が許す限り、デカいほうが嬉しいに決まっている。「ジョーズ」をはじめとして、「インディ・ジョーンズシリーズ」そして「007シリーズ」と、特にここのところシネスコサイズの作品を観る機会が多く、そのたびにぎりぎりまでスクリーンを大きくしたいという思いが日に日に募っていたのでした。もちろん、現在と同じくシネスコサイズ&カーヴドスクリーンしか候補にはありません。



部屋の短手方向の長さは2530mm。おそらく一般的な六畳間のサイズだと思います。



エリートスクリーンの「リュネット」シリーズのラインナップをチェックしてみると、ウチの部屋に入るスクリーンは96インチがギリギリ。次のサイズ、103インチになると僅かながらもスクリーンの横幅が長くなってしまう。あと左右3センチずつなのに!あまりにも惜しいので、ダメもとでエリートスクリーンジャパンに問い合わせてみたところ、なんとかなるのかと思いきや、やはり103インチはダメ、入らないという。となると、96インチサイズを選ぶしかありません。このサイズだと左右5センチずつ、まだ余裕が出来てしまう。あぁもったいない。



ところがエリートスクリーンジャパンのスタッフ曰く、「他にいい方法があります」というのです。(つづく)
関連記事

シネスコ
館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

パナソニック ブルーレイプレーヤー Ultra HDブルーレイ対応 ブラック DMP-UB900
パナソニック DMP-UB900

オリエント急行殺人事件 4K ULTRA HD
オリエント急行殺人事件

ブレードランナー 2049 4K ULTRA HD
ブレードランナー 2049

アトミック・ブロンド
アトミック・ブロンド

劇場版 あしたのジョー2 [4K ULTRA HD]
劇場版 あしたのジョー2

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

    【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

      ブルーレイ 50枚パック
      三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル





      シネスコ

      【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


        02 2018
        SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        - - - - 1 2 3
        4 5 6 7 8 9 10
        11 12 13 14 15 16 17
        18 19 20 21 22 23 24
        25 26 27 28 - - -

        Archive RSS Login