『四月物語』HDリマスター盤

うっかりしていたら、もう桜が咲き始めた!いつの間にか春です。



四月を待っていると、東京では桜がぜんぶ散ってしまいそうなので、ひと足早く『四月物語』のブルーレイディスク。リリースは昨年の9月だったのですが、この季節になるまでレビューをするのを待っていました。


この作品は、DVD時代からのウチのリファレンスディスクの定番です。ブルーレイ化にあたってはリマスタリングされたHDマスターが使われています。リマスターの作業については、BD盤の発売の際に岩井俊二監督にもインタビューでいろいろとお伺いしましたが、カラコレ(カラーコレクション)作業を経て、絵のトーンにはかなり手が加えられています。監督自身はスクリーンへの投射といったケースは想定せず、一般家庭の“常識的なサイズ”の液晶TVでの視聴を前提とした絵作りにした、とコメントされていました。



この作品のスクリーンサイズは、邦画の小さな作品にしては珍しくシネスコ。ですので、アナモフィックレンズを通してそのままシネスコサイズでの上映です。少々フォーカスに甘さもあったDVD版に比べると、分かり易いくらい絵がくっきりとシャープ。全体的にクロマが上げられていますので、緑や桜のほのかなピンク色などもより鮮明です。



絵を引き締めつつ、フィルターワークのフォギーなトーンもキープ。



強調感のない立体感と、自然な奥行き感。撮影にはコダックのフィルムが使われていますので、プロジェクター DLA-X9の【PICTURE MODE=画質モード】は【フィルム】、カラープロファイルモードはコダックフィルム用の【フィルム1】を組み合わせています。



夕焼けを感じさせるアンバー系のトーン。陽の光が優しげで、松たか子の肌の色もいいですね。



DVDのSD映像でも鮮明で美しいシークエンスでしたが、BD盤はさらにSNが向上し、風の爽やかな温度までをも感じさせるかのよう。岩井監督ご自身はあまりサラウンドでの仕上げは好みではないとのことで、このディスクの音声トラックも従来からの5.1chサラウンドに加えて、2.0ch(リニアPCM)のステレオ音声も併せて収録されています。



終盤の雨のシーン。コントラストが強調され、シャープネスも上がっていますので、絵が力強くなっています。黒も締まり、暗部の階調表現なども優秀。通常サイズのTVモニターよりも、思いのほかスクリーン上映の方が相性は良いのではないかな? ウチではこれからもリファレンスディスクとして重宝しそうですが、岩井俊二監督作品がお好きな方にもお薦めのディスクです。観るなら今の季節、限定(笑)。

四月物語 [Blu-ray]四月物語 [Blu-ray]
(2012/09/05)
松たか子、田辺誠一 他

この作品の詳細を見る
関連記事

シネスコ
館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

パナソニック ブルーレイプレーヤー Ultra HDブルーレイ対応 ブラック DMP-UB900
パナソニック DMP-UB900

ブリット 日本語吹替音声追加収録版
ブリット 日本語吹替音声追加収録版

オリエント急行殺人事件 4K ULTRA HD
オリエント急行殺人事件

ブレードランナー 2049 4K ULTRA HD
ブレードランナー 2049

アトミック・ブロンド
アトミック・ブロンド

劇場版 あしたのジョー2 [4K ULTRA HD]
劇場版 あしたのジョー2

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

    【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

      ブルーレイ 50枚パック
      三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル





      シネスコ

      【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


        02 2018
        SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        - - - - 1 2 3
        4 5 6 7 8 9 10
        11 12 13 14 15 16 17
        18 19 20 21 22 23 24
        25 26 27 28 - - -

        Archive RSS Login