北米盤『TAXI DRIVER MASTERED IN 4K』



北米盤『TAXI DRIVER MASTERED IN 4K』が到着しました。(「mastered in 4K」Blu-ray Disc


ウチのxvYCC非対応(2K)のシステムだといったいどう見えるのか。従来版のディスクとの違いは出るのか。



国内盤『製作35周年記念 HDデジタルリマスター版』と北米盤『MASTERED IN 4K』。いつもの上映環境で比較視聴してみました。ヴィスタサイズの作品ですので、今回はそのままオリジナルアスペクトでの再生です。


■マウスオフ:MASTERED IN 4K版(北米盤)
■マウスオン:製作35周年記念版(国内盤)



■マウスオフ:MASTERED IN 4K版(北米盤)
■マウスオン:製作35周年記念版(国内盤)



■マウスオフ:MASTERED IN 4K版(北米盤)
■マウスオン:製作35周年記念版(国内盤)



■マウスオフ:MASTERED IN 4K版(北米盤)
■マウスオン:製作35周年記念版(国内盤)


どうでしょう?マウスをオン/オフすると、カットによっては多少の差も感じられますが、しかしもうほとんど“見た目は同じ”。コマではなく、動画で見てもその印象は変わりません。玉砕(笑)。ただし『製作35周年記念版(国内盤)』は本編以外にも同じディスク内に特典が数多く収録され、『MASTERED IN 4K版(北米盤)』には本編以外は入っていませんので容量にも余裕があり、明らかにどのカットも『MASTERED IN 4K版(北米盤)』の方が高レートをキープしていました。(しかし見た目上は画質の大きな変化はこれといって見られませんが)



というわけで『TAXI DRIVER MASTERED IN 4K』盤。ウチの上映環境ではその違いは実感出来ませんでした。ただ、サブシステムとして使っているパナソニックのプラズマテレビ VIERA TH-P58VT2 とレコーダーのDIGA DMR-BWT2100の組み合わせだといずれの機器もx.v.Colorには対応していますので、また違った印象になるかもしれません。これは比較視聴第2弾として追ってチェックしてみたいと思います。


■マウスオフ:DLA-X9(シネマモード)
■マウスオン:DLA-X9(フィルムモード)


同じ『TAXI DRIVER MASTERED IN 4K』でも、DLA-X9の【PICTURE MODE=画質モード】を変えるだけでも劇的に絵のトーンが変化する。プロジェクションシステム、まだまだやることはいっぱいあります。

タクシードライバー  製作35周年記念 HDデジタル・リマスター版  ブルーレイ・コレクターズ・エディション  【初回生産限定】 [Blu-ray]タクシードライバー
製作35周年記念 HDデジタル・リマスター版
ブルーレイ・コレクターズ・エディション

(2011/06/22)
ロバート・デ・ニーロ、シビル・シェパード 他

この作品の詳細を見る
関連記事

シネスコ
館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

パナソニック ブルーレイプレーヤー Ultra HDブルーレイ対応 ブラック DMP-UB900
パナソニック DMP-UB900

オリエント急行殺人事件 4K ULTRA HD
オリエント急行殺人事件

ブレードランナー 2049 4K ULTRA HD
ブレードランナー 2049

アトミック・ブロンド
アトミック・ブロンド

劇場版 あしたのジョー2 [4K ULTRA HD]
劇場版 あしたのジョー2

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

    【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

      ブルーレイ 50枚パック
      三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル





      シネスコ

      【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


        02 2018
        SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        - - - - 1 2 3
        4 5 6 7 8 9 10
        11 12 13 14 15 16 17
        18 19 20 21 22 23 24
        25 26 27 28 - - -

        Archive RSS Login