日本映画専門チャンネル “24時間まるごと角川映画”



今年は角川文庫65周年、ということで日本映画専門チャンネルでは周年記念企画として11月から「角川映画劇場 読んでから見るか 見てから読むか」がスタートします。それに先駆けて同チャンネルでは今週末、3日(日)の深夜には“24時間まるごと角川映画”をオンエア。



この企画では『悪霊島』『伊賀忍法帖』『時をかける少女』『探偵物語』『Wの悲劇』『晴れ、ときどき殺人』『湯殿山麓呪い村』『彼のオートバイ、彼女の島』『ぼくらの七日間戦争』の9作品が一挙に登場します。また“角川映画劇場”枠ではありませんが、既に今月からオンエアされている『戦国自衛隊』『野獣死すべし』『化石の荒野』『麻雀放浪記』『幻魔大戦』『友よ、静かに瞑れ』も含めると(11月も続けて放送されます)ちょっとした“角川映画ライブラリー”になりますね。



ここで“角川映画マニア”向けの情報をひとつ。角川映画といえば、冒頭に入る角川春樹事務所の“フェニックスロゴ”がマストアイテムですよね。今月、これまでオンエアチェックした作品を確認してみると、『化石の荒野』『麻雀放浪記』『幻魔大戦』『友よ、静かに瞑れ』はいずれも旧ロゴ有り、『戦国自衛隊』はロゴなし、『野獣死すべし』は新ロゴ(現・角川書店)に差し替え、となっています。なかでも『化石の荒野』は唯一、カラーアニメーション&サウンドロゴ付きのver.になっていますので、これだけでも永久保存版決定。10/30(水)11/8(金)11/15(金)、あと3回チャンスがあります。旧ロゴの“角川春樹事務所”で始まる作品を余分に録っておいて、レコーダーのHDD上で編集、新ロゴと旧ロゴの部分だけを差し替えればOK。さて、“24時間まるごと角川映画”の9作品の角川ロゴはどうなっているのか、楽しみですね。

【日本映画専門チャンネルHDを録るなら!】

日本映画専門チャンネルは送信側のハードウェアになにか変更があったのか、昨年末の頃から従来よりも絵のクオリティがアップしているような印象があり、ウチではこれまで既にライブラリー化した作品もあらためて録り直すようにしています。
関連記事

シネスコ
館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

パナソニック ブルーレイプレーヤー Ultra HDブルーレイ対応 ブラック DMP-UB900
パナソニック DMP-UB900

ブリット 日本語吹替音声追加収録版
ブリット 日本語吹替音声追加収録版

オリエント急行殺人事件 4K ULTRA HD
オリエント急行殺人事件

ブレードランナー 2049 4K ULTRA HD
ブレードランナー 2049

アトミック・ブロンド
アトミック・ブロンド

劇場版 あしたのジョー2 [4K ULTRA HD]
劇場版 あしたのジョー2

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

    【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

      ブルーレイ 50枚パック
      三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル





      シネスコ

      【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


        02 2018
        SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        - - - - 1 2 3
        4 5 6 7 8 9 10
        11 12 13 14 15 16 17
        18 19 20 21 22 23 24
        25 26 27 28 - - -

        Archive RSS Login