師走のアルテック改造計画 (1)



突然ですが、ウチのアルテックのスピーカーをホーンシステム化しようと秘かに画策しています。かつて引っ越しのために手放さざるを得なかったA7よなんとか再び、というわけです。現在は614(レプリカ)のエンクロージャーに、まさしくヴィンテージ、1948年製の古い603Bを換装したフルレンジシステムですが、もう既に、これまでアルテック愛好家の方が使っていらっしゃったエンクロージャーで、816のレプリカモデルが手に入っています。フロントロードのショートホーンとマルチダクトのバスレフを持つこの816に、603Bを組み入れるとどんなサウンドに化けるのか。



ところが悩ましいことに、この816には同じくアルテックの515-16Gが初めから据え付けられているのです。515-16Gは1984年に発表されたフェライトタイプのウーファーユニット。アルテックにしては“最近”のウーファーで、“古き良きアルテックの音とは違う”と揶揄されたりもしますが、最後期にはA7システムにも組み合わされていた強力なモデルです。ウチでどう鳴るのか、想像もつかない。というか、考えたことすらありませんでした。

ALTEC(アルテック) [Top-Sounding Vintage Loudspeakers and Amplifiers] (別冊ステレオサウンド)ALTEC(アルテック) 別冊ステレオサウンド
(2006/02/27)

この本の詳細を見る

当初の計画通り、603Bをウーファーとして転用するシステムを目指すか、せっかくの縁なのでこの515-16Gを核とする新しいシステムにトライしてみるか、思案をしだすとおちおち眠っても居られない今日この頃。眠れない間にも、とにもかくにもまずはウチの環境で515-16Gウーファーをズンズン動かしてやらなければならない。603Bとの比較はそれから。というわけで、めちゃめちゃ久しぶりにマイケル・ジャクソンのCDを引っ張り出し、♪『ビリー・ジーン」と♪『BAD』をひたすら24時間リピート再生しながら絶賛エージング中です。

HistoryHistory
(1995/06/20)
Michael Jackson

このアルバムの詳細を見る

さて、ウチのサウンドシステムはいったいこれからどうなるのだろうか?? (つづく)
関連記事

シネスコ

館主:酒井俊之

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

    Amazon 4K ULTRA HD STORE

    アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD ムービー・コレクション
    アベンジャーズ 3ムービー・コレクション

    ローガン・ラッキー
    ローガン・ラッキー

    ミッション:インポッシブル コレクション
    ミッション:インポッシブル コレクション

    レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション
    レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション

    プレデター
    プレデター

    バッドボーイズ
    バッドボーイズ

    ザナドゥ
    ザナドゥ

    ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
    ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書





    シネスコ
    【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


      07 2018
      SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4 5 6 7
      8 9 10 11 12 13 14
      15 16 17 18 19 20 21
      22 23 24 25 26 27 28
      29 30 31 - - - -

      Archive RSS Login