『フラッシュ・ゴードン』&初春のアルテック改造計画(8)

昨年末から続いていたアルテック改造計画。気が付けば2か月ほどかかりましたが、ひとまず落ち着きました。



新サウンドシステムのこけら落としはWOWOWで初オンエアとなった『フラッシュ・ゴードン』。



またまた、またまたエンクロージャーを横倒しにしてウーファーユニットの515-16Gを取り外します。



またまた、またまた603Bの登場。やっぱりウチはこれなのだなぁ。



交換を完了させて、またまた、またまたエンクロージャーのセッティング。



縦使いのホーンユニット、811B。写真ではスクリーンに被っていますが、視聴位置からは問題ありません。



ドライバーとホーンの位置を再調整。木片のブロックをかませてホーンのスロートが視聴位置に向かうように位置と高さを修正し、ドライバーもウーファーユニットの位置に合わせてエンクロージャーの奥側まで下げています。



ホーンの位置はスクリーンのギリギリです。これでようやく完成。サブウーファーも併用した2.1chシステムです。ホーンユニットとウーファーユニットの繋がりも、予想通り603Bの方がいい。なにより、中域の押し出し感がピカいち。フロントの音場の統一感が素晴らしく、前方から音が部屋中を覆い包み込んで広がっている。ネットワークのアッテネーターとサブウーファーのボリュウムはソースによって適宜調整を加えながら対応すればいいでしょう。“古さ”と“新しさ”もこのシステムならまずまずの塩梅でバランスがとれているのではないかなぁ。



劇的にエンクロージャーが大型に変わり、ウーファーも行ったり来たりと何度も交換、そのたびに試聴期間を経て、また途中からはホーン&ドライバーユニットを追加。およそ2か月間はなかなかシステムも気持ちも落ち着かなかったわけですが、これでいよいよ2014年のスタート、といった感じです。



セリフのトーンも男声、女声とも声の響きが気持ちの良いこと(涙)。



WOWOWでの初オンエア後、さっそくディスクに焼いて何度も観ている『フラッシュ・ゴードン』。劇場公開時の前売りの半券とチラシは今でも“映画のガラクタ”として手元に残してあります。この映画を観たのは大阪・梅田の北野劇場。おろらくここもサウンドシステムはアルテックだったのだろうなぁ。

フラッシュ・ゴードン(リミテッド・エディション)フラッシュ・ゴードン(リミテッド・エディション)
(2011/06/22)
クイーン

このアルバムの詳細を見る
関連記事

シネスコ
館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

パナソニック ブルーレイプレーヤー Ultra HDブルーレイ対応 ブラック DMP-UB900
パナソニック DMP-UB900

オリエント急行殺人事件 4K ULTRA HD
オリエント急行殺人事件

ブレードランナー 2049 4K ULTRA HD
ブレードランナー 2049

アトミック・ブロンド
アトミック・ブロンド

劇場版 あしたのジョー2 [4K ULTRA HD]
劇場版 あしたのジョー2

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

    【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

      ブルーレイ 50枚パック
      三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル





      シネスコ

      【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


        02 2018
        SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        - - - - 1 2 3
        4 5 6 7 8 9 10
        11 12 13 14 15 16 17
        18 19 20 21 22 23 24
        25 26 27 28 - - -

        Archive RSS Login