『ゼロ・グラビティ』3Dver.上映



『ゼロ・グラビティ』。続いて3Dver.の上映です。ドイツ盤には3Dver.にのみ日本語字幕と日本語吹替が収録されています。劇場では字幕版しか観ていませんでしたので、吹替ver.での再生です。プロジェクター DLA-X9のパラメーターは【画質モード】【カラープロファイル】ともに【3D】モード。ランプモードも【高】で明るさとコントラストがキープされていますし、色温度の設定も8500Kとなり、IMAXの鮮明な3D上映のトーンに近くなります。



実はここ数日間で、ドイツ盤の3Dver.のクオリティは低いのですか?というお問い合わせを何度か頂いています。3Dでの再生はディスクそのもののクオリティよりも、再生する環境で立体感の印象が大きく変わることが多いのですが、少なくともウチで観ている限りではクオリティが低いとは感じられません。劇場で観た、大胆でありながら緻密に設計された立体映像がしっかりと再現されています。奥行き感の表現だけでなく、スクリーンを飛び出して視聴位置へと向かってくる“これぞ立体映画!”といった効果も素晴らしい。ここ最近の優秀な3Dディスクと堂々と肩を並べるクオリティだと思います。



特にこのチャプター2。ライアン・ストーン(サンドラ・ブロック)がスクリーンの奥へ奥へと吸い込まれるようにはぐれてしまうシークエンス。海で泳いでいたらいつの間にか独りで沖に出てしまっていた。仲間の姿も見えない。気が付いたら海の底に足も付かない。誰しも一度は味わったことのある、例えばあの恐怖に似た緊迫感とある種の絶望感を映画館のように体感できるのは3D再生ならではでしょう。漆黒の宇宙空間に漂う、ライアン・ストーン博士の黒い人影をどこまで再現できるか。瞬く星の数もポイント。プロジェクターのランプパワーとコントラスト、重要です。

Gravity [Blu-ray] [Import]Gravity [Blu-ray] [Import]
(2014/02/25)
Gravity

この作品の詳細を見る

本年度アカデミー賞では10部門でノミネートされている本作。さていくつオスカーを獲ることが出来るか。
関連記事

シネスコ

館主:酒井俊之

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

    Amazon 4K ULTRA HD STORE

    アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD ムービー・コレクション
    アベンジャーズ 3ムービー・コレクション

    ローガン・ラッキー
    ローガン・ラッキー

    ミッション:インポッシブル コレクション
    ミッション:インポッシブル コレクション

    レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション
    レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション

    プレデター
    プレデター

    バッドボーイズ
    バッドボーイズ

    ザナドゥ
    ザナドゥ

    ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
    ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書





    シネスコ
    【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


      07 2018
      SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4 5 6 7
      8 9 10 11 12 13 14
      15 16 17 18 19 20 21
      22 23 24 25 26 27 28
      29 30 31 - - - -

      Archive RSS Login