JVC DLA-X75R 導入記 その2 『スター・ウォーズ』

見慣れた映画だと4Kアップコンバートの威力はやはりわかりやすい。これまでのような2K機→2K機のリプレイスとはまったく別モノと考えなければなりません。観たことのない『スター・ウォーズ』に正直なところ戸惑っています。












(当然のことながら)質感の表現力と、“黒”と“白”の印象が大きく変わった。ベイダー卿のヘルメットはもちろんのこと、目を惹かれるのはスターデストロイヤーの機体やストーム・トルゥーパーの白いボディ。これまではあまり気になることがなかったはずなんですが、やたらと“ミルキー”なトーンに感心させられます。3POやR2の汚れ、ベン・ケノービの顔のシワやライトを反射する顔のテカり具合の表現など、これもまた初めての体験。



メニュー画面の構成はX9とまったく同じで扱いやすい。【画質モード】はJVC機ではお馴染みの【フィルム】。【カラープロファイル】モードはX9には搭載されていなかった、テクニカラー作品向けにチューニングされた【フィルム3】。



ただし、いま現在のデフォルトの状態だ色が乗り過ぎる印象ですので、ひとまず【カラー】ボリュウムをかなり下げています。2Kから4Kへアップコンバートする【4Kプロファイル】にはもっともベーシックな【フィルム】を選択。他にもモードが用意されていますので、ここはソースのコンディションによって吟味する必要があると思います。また、MPC(Multiple Pixel Control)によって4K画質の鮮鋭感や滑らかさ、コントラストをコントロールすることが出来ますので、併せて活用したいところです。とにかくX9に較べると、より細かく絵を追い込むことができるようになっています。逆に言うと、これまで以上にやるべきことが増えた。こりゃなかなかなか手強いマシンです。



アナモフィックモードが切り替えられるダイレクトボタンが無くなってしまった!
関連記事

シネスコ

館主:酒井俊之

【劇場公開最新作がブルーレイで登場!】

    ラ・ラ・ランド コレクターズ・エディション
    ラ・ラ・ランド コレクターズ・エディション

    ラ・ラ・ランド 4K ULTRA HD+Blu-rayセット
    ラ・ラ・ランド 4K ULTRA HD+BDセット

    ラ・ラ・ランド コレクターズ・エディション スチールブック
    ラ・ラ・ランド スチールブック

    ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション
    ラ・ラ・ランド スタンダード・エディション

    キングコング:髑髏島の巨神 スチールブック仕様 3D&2Dブルーレイセット
    キングコング: 髑髏島の巨神 スチールブック

    キングコング:髑髏島の巨神 4K ULTRA HD&3D&2Dブルーレイセット
    キングコング:髑髏島の巨神 4K ULTRA HDセット

    キングコング:髑髏島の巨神 ブルーレイ&DVDセット
    キングコング:髑髏島の巨神 BD&DVDセット

    Amazon 4K ULTRA HD STORE

    【あの人気作がブルーレイでまだまだ登場!】

      キングコング
      キングコング

      オルカ
      オルカ

      タワーリング・インフェルノ 日本語吹替音声追加収録版
      タワーリング・インフェルノ 吹替追加収録版

      【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

        木目調 カップ 340ml スターウォーズ 40th ブラック
        STAR WARS 40TH ロゴ 木目調 カップ

        BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

        【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

          ブルーレイ 50枚パック
          三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル

          Amazon Fire TV Stick (Newモデル)





          【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


            05 2017
            SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            - 1 2 3 4 5 6
            7 8 9 10 11 12 13
            14 15 16 17 18 19 20
            21 22 23 24 25 26 27
            28 29 30 31 - - -

            Archive RSS Login