『恋のゆくえ ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』 ブルーレイ盤

さて、WOWOWでオンエアされたばかりの『恋のゆくえ ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』。国内盤のブルーレイはいつ出るのか?どのメーカーから出るのか?はたまたリリースそのものがあるのかないのか?さっぱり???ですが、フランス盤とスペイン盤ならば既に手に入れることが出来ます。



こちらはフランス盤です。タイトルは『スージーとベイカー・ボーイズ』。スキャナボ製のクリアケースにブルーレイとDVDを収めた2枚組。ジャケットデザインにはどういうわけか勝手に骸骨マイクが付け足されています。



ブルーレイのリージョンはフリー対応。なのですが…マスターの作成時に使われているのがPALマスター。再生すると映画本編のピッチが速くなってしまいます。ですので、残念ですがこのディスクは“なかったモノ”と考える方が良いと思います。



そしてこちらはスペイン盤。このディスクはリージョンA/B/C対応ですので、実用上はリージョンフリー。マスターのピッチも問題ありません。日本語字幕と日本語吹替えは未収録です。



映像はMPEG2、音声トラックはリニアPCMの48kHz/16bit収録。クオリティ的にはまだ伸びしろはあるものの、今の時点ではこれが最良のスペックとなります。米英盤のリリースにも期待したいところですね。





スペイン版検証その1。フランス版とWOWOW版の印象はさほど変わりませんが、スペイン版は若干クロマが高い。このディスクは総じて暗部側に少々Gが乗り気味で、ミシェル・ファイファーの向って右側、髪の発色にも違いが出ています。スペイン版は目のまわりの影を強く感じますので、パッと見て健康そうな肌に見えるのはフランス版とWOWOW版です。





スペイン版検証その2。ジェフ・ブリッジスの顎の髭剃り痕に注目。より細かくディテールが出ているのはスペイン版です。フランス版やWOWOW版よりも色が乗っていて、特にフェイストーンやバックのグリーンの色味に差が出ます。絵のヌケの良さを感じるのはフランス版とWOWOW版。スペイン版はやや絵が詰まって見えなくもありません。トリミングも違うようです。

Los Fabulosos Baker BoysLos Fabulosos Baker Boys(スペイン版)

恋のゆくえ ファビュラス・ベイカー・ボーイズ

このディスクの詳細を見る

マスターに使われているフィルムは同じでも、スペイン盤は新たなグレーディングで解像度もフォーカス感もこれまでになく向上している。G寄りの画調はプロジェクター側での調整でカバーできますので、上映するにあたってはまったく問題ないでしょう。ウチでは専用のパラメーターをひとつ設けました。これまで見慣れているのはWOWOW版やフランス版のトーンですので、好みに応じてひと手間かけると良いと思います。
関連記事

シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD ムービー・コレクション
アベンジャーズ 3ムービー・コレクション

ローガン・ラッキー
ローガン・ラッキー

ミッション:インポッシブル コレクション
ミッション:インポッシブル コレクション

レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション
レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション

プレデター
プレデター

バッドボーイズ
バッドボーイズ

ザナドゥ
ザナドゥ

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集





    シネスコ
    【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


      07 2018
      SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4 5 6 7
      8 9 10 11 12 13 14
      15 16 17 18 19 20 21
      22 23 24 25 26 27 28
      29 30 31 - - - -

      Archive RSS Login