「スター・ウォーズ セレブレーション アナハイム」の戦利品



さて、「スター・ウォーズ セレブレーション アナハイム」から持ち帰った戦利品です。



セレブレーション限定販売の記念Tシャツです。さまざまなデザインのものが用意されていましたが、手に入れたのはこの3枚。左から、日本ではお馴染みの『帝国の逆襲』日本版ポスターデザインver.(「シリーズ」がなぜか「シリース」になってしまっている)、真ん中はハリウッド・チャイニーズシアターの“ウォーク・オブ・フェイム”をもじって“ウォーカー・オブ・フェイム”のコピーがあしらわれたハリウッドのお土産Tシャツのパロディ版。そして右側が一番人気の『フォースの覚醒』ティーザーver.。買ってすぐにこのTシャツを着ているひとは会場内でも本当に多かった。いずれのシャツも袖口や首の内側部分にセレブレーションのロゴがデザインされています。各Tシャツのお値段はTAX込みで$27也。たっぷり2時間並んでゲットしました。



4日間の開催期間で、たぶん3日目の夕方にはすべて売り切れていたのではないかと思います。



こちらは特に限定Tシャツというわけではありませんが、ダース・ベイダーデザインのTシャツ×3。



そしてこちらはお宝級の3グッズ。左端はセレブレーション初日、『フォースの覚醒』のティーザートレーラーの第二弾が発表されたキックオフイベントのあとに会場外で配布されていたミニポスターです。ロゴを使ったデザインでは珍しく、大胆にパースがつけられています。右上はメディア用のパス。期間中はずっとこれを首から下げて会場を廻っていました。そして右下はルーカスフィルムの“カンティーナ”ブースでメディア関係者にのみ配られていたカードゲーム。これ、「サバック」というギャンブルの一種で、このゲームで大勝ちしたハン・ソロ船長がランド・カルリジアンからミレニアム・ファルコン号を巻き上げる、という設定になっているんですね。遊び方は…わかりません(笑)。



キックオフイベントのあとにポスターを手に記念撮影。



今回のセレブレーションでは家庭用ゲーム「バトルフロント」も初めてお披露目となりました。



時間が無くて残念ながらプレイすることは出来なかったのですが、エレクトロニック・アーツのブースでXwingとTIEファイターが峡谷でドッグファイトを繰り広げるモードを実際にチェックしてみたところ、相当に劇中のデザインやアクションを踏襲していて、『スター・ウォーズ』ファンならハマること間違いなしの仕上がりになっています。



これは是非ともスクリーンサイズで遊び倒したい。



今秋、ウチではこのゲームのためにおそらくプレイステーション4を導入することになると思います。

Star Warsバトルフロント (2015年11月発売予定) (「Battle of Jakku」先行アクセスコード 同梱)Star Warsバトルフロント (2015年11月発売予定)
(「Battle of Jakku」先行アクセスコード 同梱)

(2099/01/01)
PlayStation 4

商品詳細を見る
関連記事

シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD ムービー・コレクション
アベンジャーズ 3ムービー・コレクション

ローガン・ラッキー
ローガン・ラッキー

ミッション:インポッシブル コレクション
ミッション:インポッシブル コレクション

レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション
レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション

プレデター
プレデター

バッドボーイズ
バッドボーイズ

ザナドゥ
ザナドゥ

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集





    シネスコ
    【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


      07 2018
      SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4 5 6 7
      8 9 10 11 12 13 14
      15 16 17 18 19 20 21
      22 23 24 25 26 27 28
      29 30 31 - - - -

      Archive RSS Login