スクリーン映写で fire TV stick

Amazonプライム会員向けの無料映像配信サービス「プライムビデオ」対応のFire TV Stick



先日、プラズマテレビでのパフォーマンスは確認できましたので、今度は試しにプロジェクターに繋いで上映してみました。通常ならばAVセンターを介せば絵も音もOKですが、ウチではAVセンターを使っていませんので、プロジェクターにfire TV stickを直接差し込みます。よって今回は絵のクオリティのみのチェックになります。



スクリーン上映にはクオリティ的には無理があるかも…という予想を裏切り、もうヤバいことになっています。もちろんバッファリングでカクることもなく、再生するうえでのストレスは皆無。イメージで言うと、CSのハイビジョン放送はもうサヨウナラ、絵はBS放送のスターチャンネルクラスのクオリティは充分にキープしていて、これには驚きました。“いずれパッケージのレンタルは駆逐されるのだろうな”という予感どころか、もはや放送さえも危ないレベル。100インチクラスのスクリーン上映も間違いなくイケます。



20世紀フォックス・MGMのシネスコ作品の場合、字幕は画面内表示。これはシネスコスクリーンユーザーには有難いですね。字幕のフォントサイズもどちらかというとブルーレイ盤に近い大きさで見易い。



メジャースタジオ以外のシネスコ作品の場合、字幕の表示スタイルはケース・バイ・ケース。この『トランスポーター』は画面内表示になりますが、一行は画面内、一行は画面外、という作品もあるようです。




パラマウントの作品もシネスコサイズの場合、字幕は画面内表示。








総じて意外なほどSNが良く、抜けが良い絵。(という表現を使うのも久しぶりのような気がする)邦画系の古い作品などは特にその傾向が強く感じられ、作品によってはWOWOWでエアチェックしたディスクの印象さえ超えます。角川映画の『戦国自衛隊』『金田一耕助の冒険』などは、これまで観たなかでは最も高画質・好画質。日活作品や大映作品でも似たような傾向で、これはまた追って検証したいと思います。



一日に一度くらいは作品をチェックしていますが、日に日にラインナップが増えています。クオリティについてはもちろん現段階ではブルーレイディスクの優位性は揺るぎません。しかし“2番手、3番手の作品はもうブルーレイの廉価盤でなくてもいい”、あるいは、“もう映画系の専門チャンネルは不要”と、配信サービスに転向する向きもあるかもしれません。まさに“黒船”の来襲です。


テレビのHDMI端子に挿すだけ! Fire TV Stick (スタンダードリモコン付属)

というわけで、これからはプラズマテレビではなく、プロジェクターによる上映スタイルに変えようと思います。その場合、ウチのようなケースでは映像と音声をどう分けて再生するか。早急に検討しなければなりませんね。
関連記事

シネスコ
館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

パナソニック ブルーレイプレーヤー Ultra HDブルーレイ対応 ブラック DMP-UB900
パナソニック DMP-UB900

オリエント急行殺人事件 4K ULTRA HD
オリエント急行殺人事件

ブレードランナー 2049 4K ULTRA HD
ブレードランナー 2049

アトミック・ブロンド
アトミック・ブロンド

劇場版 あしたのジョー2 [4K ULTRA HD]
劇場版 あしたのジョー2

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

    【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

      ブルーレイ 50枚パック
      三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル





      シネスコ

      【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


        02 2018
        SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        - - - - 1 2 3
        4 5 6 7 8 9 10
        11 12 13 14 15 16 17
        18 19 20 21 22 23 24
        25 26 27 28 - - -

        Archive RSS Login