ハイレゾ試聴リポート VS.レコード篇



ハイレゾ試聴リポート。VS.レコード篇。まずはざっくりとファースト・インプレッションです。

松田聖子 『Rock'n Rouge』
レコード(シングル) ≦ ハイレゾ(Flac 96kHz/24bit)

村下孝蔵 『初恋』
レコード(シングル) ≒ ハイレゾ(Flac 96kHz/24bit)

小林旭 『熱き心に』
レコード(シングル) < ハイレゾ(Flac 96kHz/24bit)

ハイ・ファイ・セット 『水色のワゴン』
レコード(LP) ≧ ハイレゾ(Flac 96kHz/24bit)

オフコース 『ワインの匂い』
レコード(LP) < ハイレゾ(Flac 192kHz/24bit)

スペクトラム 『イン・ザ・スペース』
レコード(LP) < ハイレゾ(Flac 96kHz/24bit)

Earth,Wind & Fire 『Sparkle』
レコード(輸入盤LP) > ハイレゾ(Flac 96kHz/24bit)


レコードとハイレゾ音源を同時に走らせ、セレクターで切り替えながら試聴しています。ハイレゾの圧勝はスペクトラム!すべてにおいてこれまでの印象を上回ります。レコードも音がいいのに、と思っていたら、さらにハイレゾの方が良かったのがオフコース。また、CBSソニー時代のレコード(松田聖子、ハイ・ファイ・セット、村下孝蔵)は音がいいのを再確認しました。E,W & Fのハイレゾは意外とソフトで大人しい印象で、これは音の好みではレコード(CBS系)の 圧勝。輸入盤だったからかな?



ハイレゾ音源を再生するのはOPPO BDP-95。(Flac 192kHz/24bitまで対応)ブルーレイディスクプレーヤーとしてだけではなく、ネットワークオーディオプレーヤーとしても活用できます。スマホにOPPO専用のアプリをDLしてオペレーションすれば、プロジェクターからの出画も不要です。



ハイレゾのお試し、第2ステージ。次はCD時代の音源をいくつか試聴してみようと思います。CDのみでのリリース、主に1980年代後半以降で良さげな楽曲を探してみたのですが、今もヘビロで聴いていて、なおかつハイレゾでリリースされているものがまだありません。そこで、リリース当時はレコード、のちにCD化されてからも聴いているアルバムから選ぶことにしました。(ボクらの世代はこういうケースは多いはず)(1)「マイケル・ジャクソン・ヒストリー」(1995)(2)「GOLDEN BEST ハイ・ファイ・セット」(2002)。これはどちらもめっちゃ音がいい。CDでもまったく不満がない。マイケルのベストがもう既に20年モノになっていることに愕然としましたが、さて ハイレゾで聴くとどうなるか。

関連記事

シネスコ
館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

パナソニック ブルーレイプレーヤー Ultra HDブルーレイ対応 ブラック DMP-UB900
パナソニック DMP-UB900

ブリット 日本語吹替音声追加収録版
ブリット 日本語吹替音声追加収録版

オリエント急行殺人事件 4K ULTRA HD
オリエント急行殺人事件

ブレードランナー 2049 4K ULTRA HD
ブレードランナー 2049

アトミック・ブロンド
アトミック・ブロンド

劇場版 あしたのジョー2 [4K ULTRA HD]
劇場版 あしたのジョー2

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

    【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

      ブルーレイ 50枚パック
      三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル





      シネスコ

      【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


        02 2018
        SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        - - - - 1 2 3
        4 5 6 7 8 9 10
        11 12 13 14 15 16 17
        18 19 20 21 22 23 24
        25 26 27 28 - - -

        Archive RSS Login