ハイレゾ試聴リポート VS.CD篇



ハイレゾ試聴リポート。レコード篇に続いて、VS.CD篇。まずはざっくりとファースト・インプレッションです。

●Michael Jackson 『Beat it』

CD (44.1kHz/16bit) ≧ ハイレゾ(Flac 176.4kHz/24bit)


輸入盤のレコードで聴いたE,W&Fと似たような印象で、ハイレゾはCDに較べると大人しいというか上品に聴こえる。よく言えばシルキー。映像に例えると、2KのHDよりも4Kの絵の方が柔らかく見える、あの感覚に近い。CDでもリマスタリングされたver.なので、情報量についてはことさら差があるとは感じられず、安いクラスのCDプレーヤー(ブルーレイレコーダー)に変えても大きな違いはない。マイケルとクインシー・ジョーンズは「これがイメージしていた音」と言うかもしれないが、記憶の中のガッツのある“ビートイット感”はCDの方がいい。ただ、これはもはや好みのレベルと言ってもいいかもしれない。びーれー♪と鼻唄が出るのはCD版。

●ハイ・ファイ・セット 『Boy friend』

レコード (LP) ≦ ハイレゾ(Flac 96kHz/24bit)

CD (44.1kHz/16bit) < ハイレゾ(Flac 96kHz/24bit)


まず先に、ハイレゾとレコードを聴き較べてみた。ほとんど同じ音がする。レコードプレーヤーのクオリティ依存のレベルで、ややハイレゾの方がボーカルの解像度が高いか、といった印象。それに比べるとCDはやや音のエッジがきつめで、シャッキリと音を立てている傾向。CDプレーヤーをレコーダーに変えるとさらにそのトーンが過剰になり、ハイレゾとの音質差は明らかになってくる。おそらく“最近のJ-POP”のCDや配信の圧縮音源は同じような音で纏められているはずなので、ハイレゾとの違いはよりわかりやすいかもしれない。



ハイレゾ VS. レコード篇、VS.CD篇。総括はまだ先に送るとして、追加で他の楽曲もDLしました。つまりはハイレゾに可能性というか、これはいけるな、という手応えを自分なりに感じているのだと思います。単曲で先に「SPARKLE」だけを購入していたE,W&Fの「FACES」はフルアルバムでダウンロード。アルバムを通して聴いてみると、最初とはまた違った印象になって…というレポートはまた次回。
関連記事

シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

【劇場公開最新作 ブルーレイでリリース迫る!】

    マグニフィセント・セブン(初回生産限定)(2枚組)
    マグニフィセント・セブン(初回生産限定)

    【あの人気作がブルーレイでまだまだ登場!】

      恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ
      恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ

      ディーバ
      ディーバ

      タワーリング・インフェルノ 日本語吹替音声追加収録版
      タワーリング・インフェルノ 吹替追加収録版

      【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

        木目調 カップ 340ml スターウォーズ 40th ブラック
        STAR WARS 40TH ロゴ 木目調 カップ

        BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

        【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

          ブルーレイ 50枚パック
          三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル

          Amazon Fire TV Stick (Newモデル)





          【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


            05 2017
            SUN MON TUE WED THU FRI SAT
            - 1 2 3 4 5 6
            7 8 9 10 11 12 13
            14 15 16 17 18 19 20
            21 22 23 24 25 26 27
            28 29 30 31 - - -

            Archive RSS Login