ハイレゾ試聴リポート VS.CD篇



ハイレゾ試聴リポート。レコード篇に続いて、VS.CD篇。まずはざっくりとファースト・インプレッションです。

●Michael Jackson 『Beat it』

CD (44.1kHz/16bit) ≧ ハイレゾ(Flac 176.4kHz/24bit)


輸入盤のレコードで聴いたE,W&Fと似たような印象で、ハイレゾはCDに較べると大人しいというか上品に聴こえる。よく言えばシルキー。映像に例えると、2KのHDよりも4Kの絵の方が柔らかく見える、あの感覚に近い。CDでもリマスタリングされたver.なので、情報量についてはことさら差があるとは感じられず、安いクラスのCDプレーヤー(ブルーレイレコーダー)に変えても大きな違いはない。マイケルとクインシー・ジョーンズは「これがイメージしていた音」と言うかもしれないが、記憶の中のガッツのある“ビートイット感”はCDの方がいい。ただ、これはもはや好みのレベルと言ってもいいかもしれない。びーれー♪と鼻唄が出るのはCD版。

●ハイ・ファイ・セット 『Boy friend』

レコード (LP) ≦ ハイレゾ(Flac 96kHz/24bit)

CD (44.1kHz/16bit) < ハイレゾ(Flac 96kHz/24bit)


まず先に、ハイレゾとレコードを聴き較べてみた。ほとんど同じ音がする。レコードプレーヤーのクオリティ依存のレベルで、ややハイレゾの方がボーカルの解像度が高いか、といった印象。それに比べるとCDはやや音のエッジがきつめで、シャッキリと音を立てている傾向。CDプレーヤーをレコーダーに変えるとさらにそのトーンが過剰になり、ハイレゾとの音質差は明らかになってくる。おそらく“最近のJ-POP”のCDや配信の圧縮音源は同じような音で纏められているはずなので、ハイレゾとの違いはよりわかりやすいかもしれない。



ハイレゾ VS. レコード篇、VS.CD篇。総括はまだ先に送るとして、追加で他の楽曲もDLしました。つまりはハイレゾに可能性というか、これはいけるな、という手応えを自分なりに感じているのだと思います。単曲で先に「SPARKLE」だけを購入していたE,W&Fの「FACES」はフルアルバムでダウンロード。アルバムを通して聴いてみると、最初とはまた違った印象になって…というレポートはまた次回。
関連記事

シネスコ
館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

パナソニック ブルーレイプレーヤー Ultra HDブルーレイ対応 ブラック DMP-UB900
パナソニック DMP-UB900

オリエント急行殺人事件 4K ULTRA HD
オリエント急行殺人事件

ブレードランナー 2049 4K ULTRA HD
ブレードランナー 2049

アトミック・ブロンド
アトミック・ブロンド

劇場版 あしたのジョー2 [4K ULTRA HD]
劇場版 あしたのジョー2

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

    【録る・観る・残すはいまも基本中の基本。】

      ブルーレイ 50枚パック
      三菱化学メディア 6倍速 25GB 50枚スピンドル





      シネスコ

      【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


        02 2018
        SUN MON TUE WED THU FRI SAT
        - - - - 1 2 3
        4 5 6 7 8 9 10
        11 12 13 14 15 16 17
        18 19 20 21 22 23 24
        25 26 27 28 - - -

        Archive RSS Login