スーパーツィーターに激震!走る。その1



冷やかしがてらに手に入れてみたスーパーツィーターでシアターの音が 激変!しました。マジです。



TAKE Tの「BATPURE」。サイズ、外見ともおおよそスーパーツィーターには見えません。かなり前からその存在は知ってはいましたが、てっきり“オカルト系”なのだろうと思って(そもそも安すぎるし)スルーしていました。



ELACなどでも採用されているハイルドライバー型。再生周波数帯域は20kHz~150kHz。可聴領域を越えますので耳には聴こえません。結線は至って簡単で、このままスピーカーのケーブルターミナルに繋げればOKです。



必ずしもキャビネットに入れる必要はなく、裏に両面テープが貼り付けてあり、これで固定せよ(←なんていうところがさらに怪しげ)とのこと。ですので、ウチではひとまずホーンツィーターの上辺部にメンディングテープで仮留めしています。ホーンの下辺部、スピーカーのエンクロージャーの上など他にも位置を探ってみたのですが、耳のやや上あたりになる今のポジションが最もナチュラルに感じられました。とにかく激変!します。これは間違いありません。



どう聴こえるようになるかは音源によって違いはありますが、総じて音がほぐれ、低域の量感がアップしてなおかつ引き締まる。それでいてしなやかに、音の“階層感”と“定位感”が出るようになりました。左右のスピーカー間の音場にはより奥行きが出ます。なかでも最も“化けた”のがレコード。いまはレコード再生が一番美味しい。ハイレゾ対応にちょっと本腰を入れてみるかと考えていた矢先でしたので、これは困ったことになりました。



ハイレゾ音源やレコード、ブルーレイはもちろん、CD、エアチェックした地デジの音楽モノでも印象は変わります。例えば昨年末にNHKで録った「紅白歌合戦」などで確認してみても明らかで、NMB48のユニゾンで歌うボーカルがほぐれて聴こえるようになるのが如実にわかります。スカスカの音源にもスーパーツィーターがこれほど効くとはちょっと意外でした。TAKE Tのスーパーツィーター「BATPURE」はオカルトではありません。お薦めです。


TAKE T スーパーツィーター BATPURE

考えてみれば別冊ステレオサウンド「DigiFi」の付録で付いている、評判の良いスーパーツィーターも同じようにリーズナブルなわけですから、安かろう悪かろうというのは必ずしも当てはまらないということなのでしょう。ウチのアルテックのようにレンジの狭いスピーカーでレコードやハイレゾを聴いている方は試してみる価値、ありです。
関連記事

シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー 4K UHD ムービー・コレクション
アベンジャーズ 3ムービー・コレクション

ローガン・ラッキー
ローガン・ラッキー

ミッション:インポッシブル コレクション
ミッション:インポッシブル コレクション

レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション
レディ・プレイヤー1 プレミアム・エディション

プレデター
プレデター

バッドボーイズ
バッドボーイズ

ザナドゥ
ザナドゥ

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書
ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書

【『スター・ウォーズ」劇場公開40周年記念】

    BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集





    シネスコ
    【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


      07 2018
      SUN MON TUE WED THU FRI SAT
      1 2 3 4 5 6 7
      8 9 10 11 12 13 14
      15 16 17 18 19 20 21
      22 23 24 25 26 27 28
      29 30 31 - - - -

      Archive RSS Login