『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』を巡る是非論争



『スター・ウォーズ』シリーズ最新作『最後のジェダイ』を巡って世界中で是非論争が巻き起こっている。ざっくりと分析すると悪い部分もあるが是、良い部分もあるが非、といったところだろう。もちろん大絶賛という声もあるし、いっぽう海外ではこの作品を正史から外せと署名運動まで起こっている。ここまで意見が分かれるのも珍しい。『スター・ウォーズ』を変革しようとする方針には賛成。むしろ変わるべきである。しかし、3部作の2幕目で断行することには反対だ。脚本・演出にも多々疑問を感じている。個人的に本作は「非」だ。なぜ新シリーズとなる“エピソード10”まで待てなかったのか。ディズニー傘下に入って以来、たび重なる監督交代劇もあり、ルーカスフィルムはまだ“新しいスター・ウォーズ”を生み出せていない。製作陣の焦りが見えるようだ。混迷は続いている。
関連記事

シネスコ

館主:酒井俊之

4K単体チューナー
ソニー 4K単体チューナー DST-SHV1

4K単体チューナー
パナソニック 4K単体チューナー TU-BUHD100

4K単体チューナー
シャープ 4K単体チューナー 4S-C00AS1

Amazon 4K ULTRA HD STORE

大いなる遺産
大いなる遺産

BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集





【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


    01 2019
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 31 - -

    Archive RSS Login