角川映画シネマ・コンサート 雑感。



角川映画シネマ・コンサート。たっぷりと堪能した。映画本編の劇伴をベースにしつつも新解釈ありサントラ盤をなぞるナンバーもあり。映画の世界のみならず70年代の大野雄二サウンドが全編に横溢する『人間の証明』がとりわけ(望外に)素晴らしかった。もういちいちストリングスの音がルパン三世だったりTV番組のサントラだったりする。鳥肌モノだ(T_T)。



『犬神家の一族』では本編にはない新スコアも登場。金田一耕助を巡るちょっとユーモラスな楽曲でとても新鮮だった。当時、こういった“わかりやすい劇伴”を市川崑監督は避けたのだろうが、あらためてイメージアルバムのような形で作品化されないものか。今回のイベントは“シネオケ”ではないのだから映画よりもオケや演奏にもっとスポットがあたってもいい。課題難題はあるが後続する企画が登場することを望みたい。
関連記事

シネスコ

館主:酒井俊之

4K単体チューナー
東芝 4K単体チューナー TT-4K100

4K単体チューナー
シャープ 4K単体チューナー 4S-C00AS1

4K単体チューナー
ソニー 4K単体チューナー DST-SHV1

4K単体チューナー
パナソニック 4K単体チューナー TU-BUHD100

Amazon 4K ULTRA HD STORE

アリー/スター誕生
アリー/スター誕生

ボヘミアン・ラプソディ
ボヘミアン・ラプソディ(北米盤/日本語対応)

エイリアン 製作40周年記念版
エイリアン 製作40周年記念版

BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集




【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


    03 2019
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -

    Archive RSS Login