『2001年宇宙の旅』 シネラマスクリーン考

『2001年宇宙の旅』70mm版特別上映。これからIMAX版の公開や4K UHDのリリースを控えるワーナーにとってはいいPRになっている。フィルムの調達とプロモーションは自社で、上映は劇場で。今回も国立映画アーカイブが頑張れば頑張るほど話題になっている。映画ファンにも喜ばれる。みんなウィンウィンだ。



国立映画アーカイブの配布資料に1968年当時のテアトル東京についての記述がある。(※写真は別。手持ちの資料)これまで諸説あったがシネラマ対応のスクリーンサイズは23m×10m。いっぽう大阪のOS劇場は数年前にオーエスに直接確認をしたところ24m×9.5m。共に現在だとユナイテッドシネマ豊洲No.10(22.6m ×9.7m)クラスとなる。しかしこれはあくまでも大きさの話。国立映画アーカイブの配布資料にもあるようにシネラマスクリーンの肝はその湾曲度だ。146°ある。人間の視界にほぼ近い。これが圧倒的に違う。



『西部開拓史』のブルーレイディスク。オリジナルアスペクト(2.89:1)のシネラマver.。『2001年宇宙の旅』も1968年当時はこのサイズで上映されたわけだ。この初公開時に使用されたシネラマ版の原版は残っているのか?監修のクリストファー・ノーランが探っていないとは考え難い。既に現存しないか、或いは今回は70mm版にこだわって見送ったか。ワーナー(MGM)作品なのだから『西部開拓史』のようにパッケージ限定、スマイルボックスver.でリリースするのもありだろう。見てみたい。
関連記事

シネスコ

館主:酒井俊之

Amazon 4K ULTRA HD STORE

ボヘミアン・ラプソディ
ボヘミアン・ラプソディ(北米盤/日本語対応)

エイリアン 製作40周年記念版
エイリアン 製作40周年記念版

スター・デストロイヤー [ライティングモデル] 初回生産限定版 1/5000スケール プラモデル
スター・デストロイヤー 初回生産限定版
ライティングモデル

スター・デストロイヤー [ライティングモデル] 初回生産限定版 1/5000スケール プラモデル
スター・デストロイヤー スタンダードモデル

BANDAI スター・ウォーズプラモデル特集

4K単体チューナー
ソニー 4K単体チューナー DST-SHV1

4K単体チューナー
パナソニック 4K単体チューナー TU-BUHD100

4K単体チューナー
シャープ 4K単体チューナー 4S-C00AS1




【お問い合わせはTwitterからどうぞ】


    02 2019
    SUN MON TUE WED THU FRI SAT
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 - -

    Archive RSS Login